トレド王国Taifa de Toledo、あるいはReino de Toledo)は、トレド首都としたタイファ後ウマイヤ朝が崩壊して成立した。主な王朝はズンヌーン朝1085年カスティーリャ王国により長期の包囲にあい、征服された。その後カスティーリャ王国アルフォンソ6世5月26日に入城した。

1037年頃のトレド王国の版図

ズンヌーン朝の君主アル・マアムーン(英語版)は図書館建設、重要な古典書物を収集し学者に研究にあたらせ、学術の発展に力を入れた。アルフォンソ6世はかつてズンヌーン朝治下のトレドに亡命していたこともあり、その際先進的なイスラーム文化に触れたと考えられる。アルフォンソ6世はムスリム、ユダヤ教徒の先進性を認めており、カスティーリャ王国治下のトレドも初期の頃は文化的多様性を保っていたと考えられる。[1][2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 芝修身 (2016). 『古都トレド 異教徒・異民族共存の街』. 昭和堂 
  2. ^ 余部福三 (1992). 『アラブとしてのスペイン』. 第三書館