メインメニューを開く

トロイアの女』(: Τρῳάδες, Trōiades, トローイアデス: Troades)は、古代ギリシアエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。

トロイア戦争終結直後、陥落したトロイアの女たちが

といった具合に、ギリシア兵士側に妾・奴隷として分配されていく様が描かれる。

紀元前415年大ディオニューシア祭にて、

  • 『アレクサンドロス』
  • 『パラメーデース』
  • 『トロアーデス』
  • 『シーシュポス』(サテュロス劇)

という組み合わせで上演され、二等になっている[1]

構成編集

日本語訳編集

  • 『ギリシア悲劇全集Ⅲ エウリピデス篇Ⅰ』 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集Ⅳ エウリーピデース編〔Ⅱ〕』 鼎出版会、1978年
  • 『ギリシア悲劇Ⅲ エウリピデス(上)』 ちくま文庫、1986年
  • 『ギリシア悲劇全集7』 岩波書店、1991年
  • 『トロイアの女たち』 論創社、2012年[2]

翻案編集

脚注・出典編集

  1. ^ 『全集7』 岩波 p.431
  2. ^ 文学座アトリエでの公演(2010年9月7日~20日)、及び東京芸術劇場カメリ劇場(在テルアビブ)共同制作公演(東京藝術劇場:2012年12月11日~20日、カメリ劇場:2012年12月29日~2013年1月5日)の上演台本として使用された。