トロイア戦記』(: τὰ μεθ᾿ Ὅμηρον, : tà meth᾿ Hómēron, : Posthomerica, 直訳すると「ホメーロス以後」)は、古代ギリシア詩人スミュルナのコイントス(クイントゥス)による長編叙事詩。全14巻。ホメーロスの『イーリアス』の続編に当たる。ホメーロスの叙事詩を模倣し、トロイア戦争の終局を描いたものである。

日本語訳編集

関連項目編集