メインメニューを開く

トワイライト・アヴェニュー』(Twilight Avenue)は、スターダストレビュー(以下スタレビ)の曲である。作詞は竜真知子、作曲は根本要。よく『トワイライト・アベニュー』と表記されることがあるが、『トワイライト・アヴェニュー』が正しい。

トワイライト・アヴェニュー
スターダストレビューシングル
初出アルバム『TO YOU 〜夢伝説〜
B面 ダンスはいかが?
リリース
ジャンル J-POPAOR
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 竜真知子(作詞)
根本要(作曲)
スターダストレビュー シングル 年表
ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス
(1982年)
トワイライト・アヴェニュー
(1983年)
夢伝説
(1984年)
テンプレートを表示

目次

概要編集

シングル版は1983年10月26日発売(カップリング曲は『ダンスはいかが?』)。

アルバム版は「TO YOU - 夢伝説」の6曲目、「Best Wishes」のDisk1の4曲目、「SUPER DONUTS」の12曲目、「HOT MENU」のRed、11曲目にそれぞれ入っている。また、このうちの「SUPER DONUTS」と「HOT MENU」に入っている『トワイライト・アヴェニュー』はアカペラバージョンになっており、初期に比べスローテンポなバラード調に仕上がっている。

解説編集

通算4枚目のシングルであるが、それまでに出したシングル3作、アルバム2作がいずれも商業的に大失敗に終わったことから、それまでの作品とは詞・曲とも大きく方向転換を図っている。[1]そのことは作詞をプロの作詞家である竜真知子に依頼したことにも表れている。これまで、彼らのオリジナル作品の作詞はメンバー(主に根本と林紀勝)と手島昭[2]きないのりこだけ[3]で行われていたが、この曲で初めて、外部に作詞を依頼した。

当初この曲は元々自分たちで歌う予定はなく、アイドルの人に唄ってもらいたかったと後に根本要は語っている。[4]

後年、根本が長年パーソナリティを務めたラジオ番組『MBSヤングタウン』の根本担当回において、エンディングテーマとして使用されていた。

スタレビ25周年企画、「スタレビをまだ知らない人のためにスタレビ好きが選ぶ25曲」のアンケートには、1位という結果となった。また、TBS系のドラマ恋する日曜日』では、「見つめていたい 〜トワイライトアヴェニュー〜」として、本曲を元にした短編のドラマが製作された。

収録曲編集

  • (A面)トワイライト・アヴェニュー

 作詞:竜真知子/作曲:根本要/編曲:スターダスト・レビュー

  • (B面)ダンスはいかが?

 作詞:根本要、手島昭/作曲:根本要/編曲:スターダスト・レビュー

カヴァーしたアーティスト編集

  • 金月真美(1999年) - シングル「トワイライト・アヴェニュー」に収録
  • つんく(2006年) - アルバム「V3〜青春カバー〜」に収録
  • HAN-KUN(2006年) - コンピレーションアルバム「DANCEHALL PREMIER presents PREMIER LOVERS 2」に収録
  • K(2009年) - ミニアルバム「Merry Christmas」に収録
  • Spinna B-ILL(2015年) - アルバム「ROMANTIK NOISE」に収録

脚注編集

  1. ^ 当時、根本と共に作曲の中心だった三谷泰弘は、この曲を作るにあたって「方向転換を強いられ苦悩していた」と語っている。(アルバム"Best Wishes"のライナーノートより)
  2. ^ デビュー前に寺田正美より前にドラムを担当していた人物
  3. ^ STARDUST REVUEに収録されている「今年の夏こそは」以外(同曲は井上徳雄が作詞作曲)
  4. ^ ラジオでは根本が「松田聖子さんを意識して作った」と公言しているが、1999年金月真美が自身のシングル曲としてカバーした折に、根本は当時自身が持っていた番組内で金月をゲストに招いた際、「これで当初の目的は果たせた」とコメントしている。また、2003年9月に北海道岩見沢で行った小田和正とのジョイントコンサートでも「早見優ちゃんもこの曲が好きだと言っていた」とMCで述べている。