株式会社トワーニは 、1998年平成10年)7月に東芝ワーナー・ブラザース映画日本テレビ放送網が出資して設立した映画製作会社である。ヒット作に恵まれず、興行収入の不振により2004年9月に倒産した。

概要編集

社名のトワーニは出資3社の頭文字である、東芝の「と」、ワーナー・ブラザース映画の「わ」、日本テレビの「に」、に加えて永遠に発展する期待から「と」のアクロニムから付けられた。

最後の作品となった『キューティーハニー』は、会社設立以来最大の製作費を投入し、友情出演した倖田來未の出世作になるなどの衆目を集めるも、興行収入は目標の半分にも満たず4億円台に留まり、倒産を決定づけた。

トワーニの倒産後も、ワーナー・ブラザース映画は邦画の配給業を継続し、トワーニと同様に日本テレビと組んだ『デスノート』シリーズが大ヒットとなるなど、多くの作品を配給している。

製作映画編集