メインメニューを開く

トンデミーナTONDEMINA)は、2004年7月10日に登場した、富士急ハイランドアトラクションの一つ(絶叫マシン)である。

なお、同年7月9日にオープンしたナガシマスパーランドの“ジャイアントフリスビー”は、同型のマシンである。

概要編集

50人乗りの円盤が回転しながらスイングするという日本初の絶叫マシン。座席は外向きで足がぶらぶらの状態で乗り込み、「大空へトンデミ~ナ~」というアナウンスでスタート。円盤がゆっくり回転しながらアームが徐々に振れ始める。最終的に地上43m、最大傾斜120度に達し、乗客は景色が逆さまになったように感じる。最高到達点から振り下ろされた時の速度は102km/hに到達する。

その他編集

  • トンデミーナという名前は富士急行の社長が命名。海外の同型の絶叫マシンを見て、円盤部分がピザのように見えたことからイタリアらしい名前が良いということで名付けられた。そのため、円盤部分をピザに見立て、裏にはピザの絵が描かれている。
  • トンデミーナのアームが画面中央で動かず、景色だけが動いて見えるというTVCMが放映された。バックで流れている曲は、ショパンの子守唄である。
  • トンデミーナのスタッフのコスチュームは他のスタッフと異なり、「飛ッ」と書かれた赤いキャップとトンデミーナのロゴの入ったTシャツ(冬場はブルゾン)を着用している。
  • アトラクションの側にはスポンサーであるピザーラがあり、長いソーセージの乗ったピザ「トンデミーナ」を食べることができる。なお、このピザもこのアトラクション登場後かつてピザーラのデリバリーのメニューに少しの間存在していた。
  • かつて「冬の絶叫祭り」というイベントでは、アトラクション内に巨大ルーレットが登場した。乗車中にスタッフがルーレットを回し、乗車後に矢印の止まった番号と同じ座席番号に乗車していた人は粗品を貰えるという「トンデミーナルーレット」というイベントを行っていた。
  • 入り口から時計回りに120度ほど進んだところの座席は、傾斜が90度を超えると最上点でいつも真下を向くことになる。
  • 2006年12月頃から点検に入り営業を休止していたが、2007年5月13日に営業を再開した。
  • 鉄道むすめトミーテック)の登場キャラクター・大月みーなは本アトラクションと富士急行線大月駅にちなんで命名された。

スペック編集

  • アームの長さ:25m
  • 最高到達点:地上43m
  • 最大振幅:240度(片側120度)
  • 最高速度:102km/h
  • 回転速度:13km/h
  • 円盤の直径:8.5m
  • 乗車定員:最大50名
  • 料金:1,500円
  • 乗車規定:身長137~195cm 年齢65歳未満
  • 製造メーカー:HUSS Park Attractions GmbH(

関連項目編集