メインメニューを開く

トンマッコルへようこそ

トンマッコルへようこそ』は、2005年公開の韓国映画

トンマッコルへようこそ
웰컴 투 동막골
監督 パク・クァンヒョン
脚本 チャン・ジン
製作 チャン・ジン
出演者 チョン・ジェヨン
シン・ハギュン
カン・ヘジョン
音楽 久石譲
配給 日活
公開 大韓民国の旗 2005年8月4日
日本の旗 2006年10月28日
上映時間 132分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
トンマッコルへようこそ
各種表記
ハングル 웰컴 투 동막골
漢字
発音 ウェルコム トゥ トンマッコル
英題 Welcome to Dongmakgol
テンプレートを表示

目次

概要編集

同名の舞台の映画化した作品。パク・クァンヒョン監督の長編映画第一作でありながら、韓国では800万人を動員し、2005年の最多観客動員数を記録した。劇中音楽を久石譲が担当している。

朝鮮戦争を舞台に、南北朝鮮軍兵士や国連軍のアメリカ人兵士が山奥の平和な村で友情を育んでいく物語。その内容から、韓国国内では「親北反米」との声も沸き起こり、賛否両論となった。監督自身は反戦映画を作ったつもりと述べている[1]

村人ヨイルを演じたカン・ヘジョンは第43回大鐘賞・助演女優賞を受賞した。

ストーリー編集

舞台は朝鮮戦争が激しさを増していた1950年11月。太白山脈の奥地にトンマッコルという小さい村があった。トンマッコルとは「子供のように純粋な村」という意味。そこの村人は戦争が起きてることなど露知らず平穏に暮らしていた。

そんなある日、村に3組の不思議な客がやってきた。空から飛行機と共に落ちてきたアメリカ軍兵士。ヘルメットを被った韓国軍兵士たち。そして韓国と対立している人民軍兵士たち。最初は敵対していた韓国軍兵士と人民軍兵士だったが、村に親しんでいくうちにいつしか互いの敵対心が消えていくようになる。しかし戦争の脅威はこの村をも蝕んでいこうとする。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

人民軍兵士編集

韓国軍兵士編集

アメリカ人編集

村人編集

スタッフ編集

舞台編集

2016年5月4日~8日にかけてZeppブルーシアター六本木にて上演された。脚本はチャン・ジン、演出は東憲司(劇団桟敷童子)、翻訳は洪明花。制作はナッポスユナイテッド。[2]

出演編集

  • チソン - 畑中智行(演劇集団キャラメルボックス)
  • ヨンヒ - 筒井俊作(演劇集団キャラメルボックス)
  • テッキ - 神永圭佑
  • ヒョンチョル - 平田裕一郎
  • サンサン - 永嶋柊吾
  • イヨン - 木村玲衣(演劇集団キャラメルボックス)
  • トング - 大手忍(劇団桟敷童子)
  • 村長 - 原口健太郎(劇団桟敷童子)
  • 村長夫人 - もりちえ(劇団桟敷童子)
  • 村長の母 - 鈴木めぐみ(劇団桟敷童子)
  • ウルシク - 外山博美(劇団桟敷童子)
  • ダルス - 稲葉能敬(劇団桟敷童子)
  • ダルス妻 - 川原洋子(劇団桟敷童子)
  • トング母 - 洪明花
  • キム先生 - 深津紀暁(劇団桟敷童子)
  • スミス - イアン・マーティン
  • 中隊長/村人 - 永島敬三(柿喰う客)
  • 部下/村人 - 関根翔太(演劇集団キャラメルボックス)
  • 作家 - 山崎彬(悪い芝居)

脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』 2008年1月29日・朝刊 「歴史は生きている・第8章-朝鮮戦争とベトナム戦争㊦」
  2. ^ 舞台「トンマッコルへようこそ」”. ナッポスユナイテッド. 2016年2月2日閲覧。

外部リンク編集