メインメニューを開く

トーシンブリザードは、日本競走馬である。

トーシンブリザード
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1998年5月15日(21歳)
死没 -
抹消日 2005年11月24日
デュラブ
ユーワトップレディ
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 村中一英
馬主 稲垣博信・和泉栄一
調教師 佐藤賢二船橋
競走成績
生涯成績 30戦9勝(うち中央競馬3戦0勝)
獲得賞金 4億1521万円
テンプレートを表示

戦歴編集

2000年9月11日船橋競馬場でデビュー。快勝するが、当時は同じ世代にラムタラの産駒でデビューから2戦圧勝のロイヤルエンデバー(川崎競馬)がいたため決して目立つ存在ではなかった。しかし、2戦目の山茶花特別でロイヤルエンデバーと対戦しこれに勝利する。

3戦目に統一GIIの全日本3歳優駿へ出走したが7番人気という低評価であった。しかし、このレースでもロイヤルエンデバー、マイネルジャパン(函館3歳ステークス優勝馬)、ムガムチュウ(後のダービーグランプリ優勝馬)を下し優勝した。

年が明けて3歳(この年から馬齢の表記が変更)となり、1番人気で南関東三冠の前哨戦京浜盃に出走。大井競馬場では圧倒的不利とも思われる位置取りから、直線で次元の違う末脚を見せロイヤルエンデバーをハナ差かわす。

その評判通り、危なげなく羽田盃東京王冠賞東京ダービーの南関東三冠レースを制覇。史上初の「無敗の南関東三冠馬」となる。この後、統一GIジャパンダートダービーをも単勝1.0倍の人気を集め勝利し、四冠馬となった。なお、東京王冠賞は2001年を持って廃止となったため、この路線の四冠馬はトーシンブリザードが最初で最後である。

なお、ジャパンダートダービー制覇の際「東京の、真夏の夜に、ブリザード圧勝!!」と実況された(実況担当は及川暁である)。

あまりの強さに「アグネスタキオンジャングルポケットとどちらが強いのか」「ハイセイコーの再来」とまで言われ南関競馬ファンの期待を一身に背負ったトーシンブリザードであるが、ジャパンダートダービー数日後に骨折が判明する。骨折がなければ秋に中央競馬セントライト記念に挑戦する予定だったが、休養に入ることとなった。

骨折休養後、馬主が和泉栄一に変更され半年のブランクを得て出走したレースは南関東最高峰のレース、統一GIの東京大賞典であった。長期休養明けのみならず、ノボトゥルーウイングアローなどの中央勢、更にはトーホウエンペラーなどの強力な地方勢など相手が揃い、トーシンブリザードには厳しいレースであったが、この馬に期待を寄せているファンもおり、人気はウイングアローに次ぐ2番人気であった。その人気に応え、トーシンブリザードはトーホウエンペラーとリージェントブラフに続いて3着で入線した。初の敗戦ではあったが、他の実力馬と遜色ない力を見せた。

年が明け、4歳となったトーシンブリザードは中央の統一GIフェブラリーステークスに出走する。初めての中央参戦、更にはアグネスデジタル・ノボトゥルー・トゥザヴィクトリーなどの強豪人気馬揃いという事もあり、4番人気であった。だが、ここでもトーシンブリザードはアグネスデジタルの2着に入った。

この後、久々の地元船橋のレースとなる統一GIIダイオライト記念に出走したが、5着に敗れる。次走の1600m統一GIIかしわ記念で勝利、続く大井最高峰レースである統一GI帝王賞に出走する。1番人気に推されたが、このレースでは8着と惨敗してしまう。その後骨折が判明、1年半の休養を経て復帰するも、蹄も悪くしており、すでにその能力は失われていた。勝てないレースが続くが、引退することなく7歳まで走り続ける。勝利を挙げることはできなかったが、かしわ記念や浦和記念で好走した。

2005年JBCスプリントを最後に引退。引退レースに騎乗したのはデビュー当初に厩務員として調教を担当していた石崎駿であった。そして、11月23日に船橋競馬場で引退式を行った。その後種牡馬として新冠町白馬スタリオンステーションにて繋養されていたが、2008年12月に種牡馬を引退、北海道新ひだか町の荒木育成牧場で功労馬として余生を送っている。初年度産駒で2頭が血統登録されている[1]。2年目の産駒1頭も含め3頭すべてが和泉栄一の所有で佐藤賢二厩舎に所属、初年度産駒の1頭バトルファイターがJRAとの条件交流戦を勝つなどそこそこの活躍を見せている。

主戦騎手だった石崎隆之は「数多くの名馬に乗せてもらったが、これほど賢い馬はほかにいなかった」と語っている。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 (人気) 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2000.09.21 船橋 新馬 10 0(2人) 01着 秋田実 53 ダ1000m(良) 1:00.8(37.7) -0.5 (ゴールドワン)
0000.11.10 川崎 山茶花特別 8 0(2人) 01着 石崎隆之 54 ダ1500m(良) 1:12.1(38.9) -0.2 (ロイヤルエンデバー)
0000.12.13 川崎 全日本3歳優駿 GII 13 0(7人) 01着 石崎隆之 54 ダ1600m(良) 1:42.6(38.7) -0.0 (ロイヤルエンデバー)
2001.02.15 大井 京浜盃 南関G2 14 0(1人) 01着 石崎隆之 55 ダ1700m(良) 1:47.4(36.5) -0.5 (ロイヤルエンデバー)
0000.04.16 大井 羽田盃 南関G1 14 0(1人) 01着 石崎隆之 56 ダ1600m(良) 1:38.5(37.1) -0.4 (フレアリングマズル)
0000.05.10 大井 東京王冠賞 南関G1 11 0(1人) 01着 石崎隆之 56 ダ1800m(重) 1:52.5(37.1) -0.4 (フレアリングマズル)
0000.06.07 大井 東京ダービー 南関G1 16 0(1人) 01着 石崎隆之 56 ダ2000m(不) 2:07.5(39.6) -0.9 (ゴッドラヴァー)
0000.07.12 大井 ジャパンダートダービー GI 11 0(1人) 01着 石崎隆之 56 ダ2000m(良) 2:05.8(37.8) -0.3 (メイショウアーム)
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI 16 0(2人) 03着 石崎隆之 55 ダ2000m(良) 2:05.7(39.0) -0.5 トーホウエンペラー
2002.02.17 東京 フェブラリーS GI 16 0(4人) 02着 石崎隆之 57 ダ1600m(良) 1:35.3(35.6) -0.2 アグネスデジタル
0000.03.27 船橋 ダイオライト記念 GII 13 0(1人) 05着 石崎隆之 56 ダ2400m(不) 2:32.3(38.0) -1.6 インテリパワー
0000.05.08 船橋 かしわ記念 GII 12 0(1人) 01着 石崎隆之 58 ダ1600m(不) 1:36.5(37.0) -0.1 (インテリパワー)
0000.06.19 大井 帝王賞 GI 15 0(1人) 08着 石崎隆之 57 ダ2000m(稍) 2:05.2(38.9) -1.5 カネツフルーヴ
2003.12.10 船橋 京成盃グランドマイラーズ 南関G3 10 0(3人) 03着 内田博幸 57 ダ1600m(良) 1:41.1(40.8) -1.5 エスプリシーズ
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI 16 0(6人) 12着 石崎隆之 57 ダ2000m(良) 2:07.6(40.9) -3.9 スターキングマン
2004.01.31 東京 根岸S GIII 15 0(5人) 14着 石崎隆之 59 ダ1400m(良) 1:26.9(39.9) -2.9 シャドウスケイプ
0000.02.22 東京 フェブラリーS GI 16 (13人) 12着 石崎隆之 57 ダ1600m(良) 1:37.8(36.3) -1.0 アドマイヤドン
0000.03.17 大井 東京シティ盃 南関G3 16 0(2人) 03着 石崎隆之 58 ダ1400m(良) 1:25.3(36.9) -0.7 ブラウンシャトレー
0000.04.08 大井 マイルグランプリ 南関G1 16 0(2人) 02着 山田信大 57 ダ1600m(良) 1:39.9(38.8) -0.2 ブラウンシャトレー
0000.05.05 高崎 群馬記念 GIII 12 0(5人) 06着 山田信大 59 ダ1500m(不) (00.0) -1.5 ストロングブラッド
0000.05.26 船橋 かしわ記念 GII 10 0(6人) 02着 的場文男 56 ダ1600m(良) 1:40.0(38.3) -0.3 ナイキアディライト
0000.09.23 船橋 日本テレビ盃 GII 10 0(5人) 04着 佐藤隆 58 ダ1800m(不) 1:50.8(36.7) -1.1 ナイキアディライト
0000.11.03 大井 JBCクラシック GI 13 0(8人) 08着 佐藤隆 57 ダ2000m(稍) 2:05.0(39.5) -2.6 アドマイヤドン
0000.12.01 浦和 浦和記念 GII 11 0(3人) 03着 内田博幸 58 ダ2000m(良) 2:07.8(38.3) -0.7 モエレトレジャー
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI 14 0(8人) 05着 今野忠成 57 ダ2000m(重) 2:03.6(37.3) -1.0 アジュディミツオー
2005.01.26 川崎 川崎記念 GI 12 0(5人) 08着 今野忠成 57 ダ2100m(重) 2:17.2(42.1) -3.0 タイムパラドックス
0000.05.18 浦和 さきたま杯 GIII 11 0(8人) 03着 石崎隆之 59 ダ1400m(良) 1:25.9(37.3) -0.4 ニホンピロサート
0000.06.29 大井 帝王賞 GI 13 0(7人) 08着 石崎駿 57 ダ2000m(重) 2:05.9(40.5) -2.4 タイムパラドックス
0000.09.23 船橋 日本テレビ盃 GII 12 0(6人) 07着 石崎駿 58 ダ1800m(良) 1:56.2(40.9) -4.4 サカラート
0000.11.03 名古屋 JBCスプリント GI 12 0(7人) 07着 石崎駿 57 ダ1400m(良) 1:27.0(38.1) -1.7 ブルーコンコルド

血統表編集

トーシンブリザード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

*デュラブ
Doulab
1982 栗毛
父の父
Topsider
1974 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Drumtop Round Table
Zonah
父の母
Passerine
1977 栗毛
Dr.Fager Rough'n Tumble
Aspidistra
Pashamin My Babu
Tir an Oir

ユーワトップレディ
1992 鹿毛
*ブレイヴェストローマン
Bravest Roman
1972 鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
Roman Song Roman
Quiz Song
母の母
ヒミノトップレディ
1984 黒鹿毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
ラッシーノニ *ダラノーア
マリシテン
母系(F-No.) 6号族(FN:6-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Nasrullah5×4×5=12.50%、Nearco5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ トーシンブリザード 5代血統表2017年9月5日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com トーシンブリザード 5代血統表2017年9月5日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ トーシンブリザード 5代血統表2017年9月5日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com トーシンブリザード 5代血統表2017年9月5日閲覧。
  • 母の半兄にステイヤーズステークス2着のシュアリーウィン、母の半弟にアンタレスステークス2着のジェーニオがいる。

脚注編集

外部リンク編集