トージョー・ヤマモト

トージョー・ヤマモトTojo Yamamoto、本名:Harold "Harry" Watanabe1927年1月6日 - 1992年2月19日)は、アメリカ合衆国プロレスラーハワイ州マウイ島出身の日系アメリカ人

トージョー・ヤマモト
プロフィール
リングネーム トージョー・ヤマモト
P・Y・チャン
T・Y・チャン
本名 ハロルド・ワタナベ
(ハリー・ワタナベ)
ニックネーム 神風軍師
身長 172cm - 175cm
体重 103kg - 110kg
誕生日 (1927-01-06) 1927年1月6日
死亡日 (1992-02-19) 1992年2月19日(65歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハワイ州の旗 ハワイ州
マウイ郡カアナパリ
デビュー 1953年[1]
引退 1991年[1]
テンプレートを表示

アメリカでは晩年までテネシー州メンフィス地区(NWAミッドアメリカ / CWA / USWA)を主戦場に[2]マネージャートレーナーとしても活躍した[1]

来歴編集

第二次世界大戦後、アメリカ軍MPとして日本に駐留[3]。退役後の1953年P・Y・チャンP.Y. Chung)のリングネームハワイにてデビュー[4]1955年7月には全日本プロレス協会に来日、山口利夫に挑戦した[4]

その後、旧日本軍陸軍大将東條英機海軍大将:山本五十六からリングネームを拝借して、トージョー・ヤマモトTojo Yamamoto)と改名[3]法被竹刀、膝下までのロングタイツ(通称「田吾作タイツ」)に高下駄を履き、グレート東郷スタイルの日系人ヒールとなって南部エリアで活動する。1961年11月16日、NWAフロリダ地区で日本人レスラーのタロー・ミヤケこと三宅多留次と組み、エディ・グラハム&ディック・スタインボーンからUSタッグ王座を奪取した[5]

1963年より、ニック・グラスの主宰するテネシー州メンフィスのNWAミッドアメリカ地区に定着。1966年10月には海外武者修行中だった上田馬之助(プロフェッサー・イトー)をパートナーに[6]、同地区認定のNWA世界タッグ王座を獲得している[7]。以降も1960年代後半から1970年代全般にかけて、試合スタイルが荒っぽいことから「無法地帯」と呼ばれた[8]テネシーで活躍。ジャッキー・ファーゴマリオ・ミラノリップ・タイラージェリー・ローラービル・ダンディージプシー・ジョーモンゴリアン・ストンパージミー・バリアントジョー・ルダックソニー・キングなどを相手に流血の喧嘩試合を繰り広げた。

1980年代に入り、ジェリー・ジャレットとジェリー・ローラーのCWAがニック・グラスのプロモーションを吸収してからは、同団体にてヒールのマネージャーも兼任。全日本プロレスからアメリカ武者修行に来ていた若手時代の大仁田厚(ミスター・オーニタ)と渕正信(マサ・フチ)も1981年に担当し、彼らにAWA南部タッグ王座を奪取させ[9]ロックンロール・エクスプレスオースチン・アイドルココ・ウェアエディ・ギルバートらとの抗争を指揮した[10]

以降もCWAおよび後継団体のUSWAにて活動を続け、晩年の1989年には、かつての自身のリングネームを冠した日系人ギミックのP・Y・チューハイや、新日本プロレスの若手だった橋本真也(ショーグン・マサムネ)と笹崎伸司(サムライ・シンジ)のマネージャーも務めた[11]

1991年に腎臓病と糖尿病を患い引退[2]1992年2月19日、テネシー州ナッシュビルの自宅にてピストル自殺した[4][2]。64歳没。

生前はトレーナーとして選手の育成も手掛け、古くはジェリー・ジャレットをコーチしたほか、トミー・リッチボビー・イートンジェフ・ジャレットシッド・ビシャスなどがヤマモトの指導のもとデビューしている。

得意技編集

獲得タイトル編集

NWAミッドアメリカ / コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / タロー・ミヤケ)[5]
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:4回(w / ミスター・カミカゼ×3、ジェリー・ジャレット)[19]
インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング

脚注編集

  1. ^ a b c Tojo Yamamoto”. Cagematch.net. 2016年4月20日閲覧。
  2. ^ a b c Tojo Yamamoto”. Online World of Wrestling. 2010年8月22日閲覧。
  3. ^ a b トージョー・ヤマモトさんのトール・テール!”. Hatena Diary. 2016年4月20日閲覧。
  4. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P274(1996年、日本スポーツ出版社
  5. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月22日閲覧。
  6. ^ Tojo Yamamoto & Professor Ito”. Memphis Wrestling History. 2010年8月22日閲覧。
  7. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月22日閲覧。
  8. ^ 『THE WRESTLER BEST 100』P216-217(1981年、日本スポーツ出版社)
  9. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月22日閲覧。
  10. ^ The USWA matches fought by Tojo Yamamoto in 1981”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  11. ^ The USWA matches fought by Tojo Yamamoto in 1989”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  12. ^ NWA Southern Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  13. ^ NWA Mid-America Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  14. ^ NWA Mid-America Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  15. ^ NWA Mid-America Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  16. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  17. ^ NWA United States Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  18. ^ CWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  19. ^ NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年4月20日閲覧。
  20. ^ ICW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。

外部リンク編集