トーマス・クック航空

トーマス・クック航空 (Thomas Cook Airlines) は、イギリストーマス・クック・グループ系列の航空会社。2019年に倒産した。

トーマス・クック航空
Thomas Cook Airlines
IATA
MT
ICAO
TCX
コールサイン
THOMAS COOK
設立 2003年
ハブ空港 マンチェスター空港など10箇所の空港
親会社 トーマス・クック・グループ
保有機材数 34機
就航地 82都市
本拠地 イギリスの旗 イギリスイングランド マンチェスター
代表者 ピーター・ファンハウザー英語版
外部リンク https://www.thomascookairlines.com/
テンプレートを表示

概要編集

本社所在地はマンチェスターマンチェスター空港ロンドン・ガトウィック空港を主要拠点とし、バーミンガム空港ブリストル空港カーディフ空港ニューカッスル空港イースト・ミッドランズ空港グラスゴー国際空港ベルファスト国際空港ロンドン・スタンステッド空港を合わせ、イギリス国内の10の空港を拠点としている。 2013年の乗客数は600万人を超え、これはイギリス国内で6番目の規模である。

経営破綻編集

親会社のトーマス・クック・グループが2019年9月23日に破産申請を行ったことにより、トーマス・クック航空は同日をもって全ての運航を停止した[1][2][3][4]。これによって、多くの旅行客に影響が出ている。

就航都市編集

アフリカ編集

カリブ海編集

北アメリカ編集

アジア編集

ヨーロッパ編集

保有機材編集

トーマス・クック航空 保有機材[5]
機材 運航機数
エアバスA320-200 2
エアバスA321-200 31
エアバスA330-200 8
ボーイング757-200 0(退役)
ボーイング757-300 0(退役)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 英旅行大手トーマス・クックが破産申請|テレ東NEWS:テレビ東京” (日本語). テレビ東京. 2019年9月24日閲覧。
  2. ^ “英旅行大手トーマス・クック、破産申請 旅行者15万人の帰国作戦が開始” (英語). (2019年9月23日). https://www.bbc.com/japanese/49792020 2019年9月24日閲覧。 
  3. ^ 旅行者60万人影響、足止めも 英トーマス・ク…(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年9月24日閲覧。
  4. ^ “破産の英トーマス・クック利用客、第一陣が帰国 空港は混乱” (英語). (2019年9月24日). https://www.bbc.com/japanese/49806872 2019年9月24日閲覧。 
  5. ^ トーマスクック・エアラインズ”. FlyTeam(フライチーム). 2019年9月24日閲覧。

外部リンク編集