トーマス・デン

オーストラリアのサッカー選手

トーマス・デン英語: Thomas Jok Deng1997年3月20日 - )は、ケニアナイロビ出身、オーストラリアおよび南スーダン国籍のプロサッカー選手。オーストラリア代表浦和レッズ所属。ポジションはセンターバック、右サイドバック

トーマス・デン Football pictogram.svg
名前
愛称 トミー[1]
ラテン文字 Thomas Deng
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
南スーダンの旗 南スーダン
生年月日 (1997-03-20) 1997年3月20日(24歳)
出身地  ケニア ナイロビ
身長 182cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
ポジション DF(CB/RB)
背番号 20
利き足 右足
ユース
2011-2013 オーストラリアの旗 ウェスタン・イーグルス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013 オーストラリアの旗 ウェスタン・イーグルス 15 (2)
2014 オーストラリアの旗 グリーン・ガリー 13 (0)
2015-2020 オーストラリアの旗 メルボルン・ヴィクトリー 71 (2)
2015-2016 オーストラリアの旗 メルボルン・V NPL 10 (0)
2016-2017 オランダの旗 ヨングPSV(loan) 5 (0)
2020- 日本の旗 浦和レッズ 19 (1)
代表歴2
2015-2016  オーストラリア U-20 10 (0)
2016-  オーストラリア U-23 11 (1)
2018-  オーストラリア 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年1月30日現在。
2. 2020年1月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

オーストラリア時代編集

アデレードのサッカークラブに所属して本格的にサッカーを開始。14歳でメルボルンに転居して地元のサッカークラブに所属した後、しばらくしてAリーグメルボルン・ビクトリーのユースに加入。ユース時代にはトップチームへの練習参加も経験し、1年後に昇格、18歳でメルボルン・ビクトリーとプロ契約を結ぶ[2]

2015年、メルボルン・ビクトリーFCでAリーグデビューを果たす。プロ1年目より13試合に出場し[2]、同年にFFAカップを獲得。

翌2016-17シーズンは期限付き移籍によりオランダPSVアイントホーフェンリザーブチームヨングPSVに加入し、ルート・ファン・ニステルローイの指導を受けステーフェン・ベルフワインらとプレー。出場機会を優先し、1シーズン限りでメルボルン・ビクトリーに復帰する[2]

復帰1年目となる2017-18シーズンにはAリーグのタイトルを獲得[2]。翌2018-2019シーズンは本田圭佑とともにプレーして本田から「まだ若いけれど、オーストラリアで最高の才能を持つ選手の1人」と評され[3]、2019年のAFCチャンピオンズリーグにも出場する[2]

浦和レッズ時代編集

2020年1月に開催されたAFC U-23選手権2020にオーストラリア代表の主将として参加し、そこでのプレーからセンターバックとサイドバックでプレーできるユーティリティ性にジャンプ力やスピードなど高い身体能力、さらに主将としてのピッチ内外での振る舞いや言動が評価された事によって、1月28日浦和レッドダイヤモンズへの加入が発表された[4][5]。キャンプ入りが遅かったことに加えて新型コロナウイルス感染症の流行に伴うリーグ中断が重なったため、加入後半年近く出番がなかったが、7月4日のJ1・横浜F・マリノス戦でようやく移籍後初出場を果たした[6]。8月23日、J1・ヴィッセル神戸戦で移籍後初ゴールとなる豪快なボレーシュートを決め、このゴールは8月の月間ベストゴールにも選ばれた[7]

2021年シーズンは負傷のため出遅れ、5月19日のルヴァンカップ横浜FC戦で戦線に復帰した[8]

代表経歴編集

代表は一貫してオーストラリア代表として出場。

U-20代表としてはAFC U-19選手権2016に出場した。

U-23代表としてはAFC U-23選手権2016AFC U-23選手権2018AFC U-23選手権2020の三回に出場した。

U-24代表としては東京オリンピックのメンバーに選出された。

A代表としては2018年10月15日に行われたクウェート代表との親善試合に出場し代表初キャップ、この試合では同じ南スーダン難民の幼馴染であるアワー・メイビルもともに初キャップとなった[9][10]

人物編集

ナイロビ(ケニア)で南スーダン難民の子供として南スーダン出身の両親の間に生まれ、道端でストリートサッカーを始める。その後6歳の時に、医師である父を仕事の都合でナイロビに残して母、3人の兄、姉の家族とともにアデレードオーストラリア)に移住[2]、オーストラリア国籍を取得する。

兄のピーター・デン南スーダン代表のサッカー選手[11]

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2015-16 メルボルン・V Aリーグ 13 0 - 0 0 13 0
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
2016-17 ヨングPSV エールステ 5 0 0 0 0 0 5 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2017-18 メルボルン・V 14 Aリーグ 21 2 - 0 0 21 2
2018-19 26 0 - 2 0 28 0
2019-20 6 0 - 1 0 7 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2020 浦和 20 J1 19 1 0 0 - 19 1
2021
通算 オーストラリア Aリーグ 66 2 - 0 0 69 2
オランダ エールステ 5 0 0 0 0 0 5 0
日本 J1 19 1 0 0 0 0 19 1
総通算 90 3 0 0 3 0 93 3
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 メルボルン・V 0 0
2018 14 5 0
2019 5 0
通算 AFC 10 0

その他の公式戦

  • 2017-18
    • Aリーグファイナル 3試合0得点
  • 2018-19
    • Aリーグファイナル 2試合0得点

タイトル編集

個人編集

  • J1リーグ月間ベストゴール:1回(2020年8月)

参考文献編集

  1. ^ 浦和新加入DFデン、初挑戦の日本で“即戦力”宣言 「安定感やリーダーシップを発揮したい」” (2020年2月7日). 2020年7月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 父を残し、6歳で海外へ移住。トーマス デンを知るための"3つ"の転機。” (2020年3月22日). 2020年7月6日閲覧。
  3. ^ 本田圭佑は豪州に何を残したのか。メルボルン・Vの同僚たちが語った『ケイスケ』のリアル” (2019年5月20日). 2020年7月6日閲覧。
  4. ^ 「実際にチームを目で見て…」 浦和SDが明かした豪州代表DFデンの獲得理由とは?” (2020年1月30日). 2020年1月31日閲覧。
  5. ^ トーマス デン選手、メルボルン・ビクトリーから完全移籍加入のお知らせ”. 浦和レッドダイヤモンズ (2020年1月28日). 2020年1月31日閲覧。
  6. ^ Jデビュー戦で王者完封に貢献…浦和DFデン「シャットアウトできたのは大きい」”. ゲキサカ (2020年7月5日). 2021年6月12日閲覧。
  7. ^ 8月度J1月間ベストゴールは浦和DFトーマス・デン! 得点後のパフォーマンスでも観客の度肝抜く”. ゲキサカ (2020年9月12日). 2021年6月12日閲覧。
  8. ^ 【浦和-横浜FC】トーマス・デン今季初出場、武田英寿も復帰。三浦知良もベンチ入り”. サカノワ (2021年5月19日). 2021年6月12日閲覧。
  9. ^ “'A dream come true': refugees Deng and Mabil make Socceroos debuts together”. The Guardian. (2018年10月16日). https://www.theguardian.com/football/2018/oct/16/a-dream-come-true-refugees-deng-and-mabil-make-socceroos-debuts 2020年1月31日閲覧。 
  10. ^ 豪州代表に新たな歴史 アフリカ出身の幼馴染二人が歓喜のデビュー劇「超現実的」” (2018年10月17日). 2020年7月6日閲覧。
  11. ^ Peter Deng”. 2020年1月31日閲覧。

外部リンク編集