トーマス・マッジ

トーマス・マッジ

トーマス・マッジThomas Mudge1715年[1] - 1794年[2])はイギリスの時計師である。

ジョージ・グラハムに師事し[3]、各種の発明をした。特に重要とされるのはレバー脱進機の発明で、電気的な時計が実用化されるまで標準的な脱進機であり続け、現在での機械式時計の脱進機はほとんどがレバー式を採用している。ジョン・ハリソンクロノメーターH4を見た上で自分が製造したレバー脱進機の時計を「H4と充分競合できる」と評し、実際これは的確な評価であったが、しかしなぜか経度法で莫大な懸賞金がかけられていたクロノメーターには使用せず、その後はジョン・ハリソンの足跡に追従し[4]、従来方式のクロノメーターを改良する方法に没頭した[5]。このためレバー式脱進機は1830年頃まで一般化されなかった[6]

略歴編集

脚注編集

  1. ^ 『時計年表』p.58。
  2. ^ 『時計年表』p.74。
  3. ^ 『時計年表』p.68。
  4. ^ 『図説時計大鑑』p.296。
  5. ^ 『図説時計大鑑』p.287。
  6. ^ 『図説時計大鑑』p.285。
  7. ^ 『時計年表』p.60。
  8. ^ 『時計年表』p.64。
  9. ^ 『図説時計大鑑』p.ix。
  10. ^ 『時計年表』p.65。
  11. ^ 『時計年表』p.66。
  12. ^ 『図説時計大鑑』p.285。
  13. ^ 『時計年表』p.66。
  14. ^ 『時計年表』p.71。
  15. ^ 『時計年表』p.71。
  16. ^ 『時計年表』p.71。

参考文献編集

  • 『時計年表』浅井 忠
  • 『時計史年表』河合企画室
  • G.H.バイリー、C.クラトン、C.A.イルバート著、大西平三訳『図説時計大鑑』雄山閣出版