メインメニューを開く

トーマス・栗原(-くりはら、本名喜三郎、-きさぶろう、1885年1月24日 - 1926年9月8日)は、ハリウッドで活躍した日本人俳優であり、帰国してわずか1年数か月で30本の作品を残した無声映画時代の日本の映画監督である。栗原 トーマスとも。

Thomas Kurihara
トーマス・栗原
本名 栗原 喜三郎 くりはら きさぶろう
別名義 栗原 トーマス くりはら トーマス
生年月日 (1885-01-24) 1885年1月24日
没年月日 (1926-09-08) 1926年9月8日(41歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県中郡秦野町(現在の同県秦野市
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優映画監督
ジャンル サイレント映画
活動期間 1912年 - 1926年

目次

来歴・人物編集

1885年(明治18年)1月24日神奈川県中郡秦野町(現在の同県秦野市)に、材木商の子として生まれる。

父の事業の失敗を見て、単身渡米。1912年(明治45年)、27歳のときに映画俳優養成所に入り、エキストラとして映画出演後、トマス・H・インスが設立したアジア系俳優に特化した「オリエンタル・プロダクション」に入る。早川雪洲青木鶴子木野五郎らと東洋を題材とした映画に多数出演する。特に、桜島噴火を扱った『火の海』の予言者は当たり役となった。

日本での映画製作を志し、1918年(大正7年)、帰国する。1920年(大正9年)4月、35歳のとき、知人の浅野良三浅野財閥創始者の子息)が横浜山下町に設立した、「撮影所」をもつ映画会社・大正活動写真(のちの大正活映)に、撮影所長兼監督として入社する。その第1回作品『アマチュア倶楽部』の監督を務め、同作は同年11月19日に公開になる。1922年(大正11年)の初頭に「大活」が製作を中止するまでの1年あまりで、劇映画、ドキュメンタリー含めて、30本もの作品を監督した。彼の教えを受けたものは数多く、監督の内田吐夢井上金太郎二川文太郎、俳優の岡田時彦江川宇礼雄葉山三千子渡辺篤らがいる。「大活」で初めて映画界に入り、のちに映画監督になった者も、最初のキャリアは、栗原同様、「俳優」から始めたのだった。

その後、生来の持病が悪化し、1926年(大正15年)9月8日、死去した。満41歳没。

フィルモグラフィ編集

栗原のほとんどのフィルモグラフィは「大活」のそれと一致する。大正活映#フィルモグラフィに栗原の「大活」時代のそれが網羅されているので参照のこと。

関連事項編集

外部リンク編集