メインメニューを開く

トールマン・TG183は、ロリー・バーンジョン・ジェントリーが設計したF1マシンである。1982年イタリアグランプリから1984年サンマリノグランプリまで投入された。

トールマン・TG183 / TG183B
Toleman TG183B at Goodwood 2010.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター イギリスの旗 トールマン
デザイナー 南アフリカ共和国の旗 ロリー・バーン
先代 トールマン・TG181C
後継 トールマン・TG184
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング ダンパー
エンジン ハート 415T L4T, 1.5リッター, 580馬力, 直列4気筒, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FGB, 5速, MT
重量 570kg
燃料 アジップ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム トールマングループ・モータースポーツ
キャンディ・トールマン・モータースポーツ
ドライバー イギリスの旗 デレック・ワーウィック
イタリアの旗 ブルーノ・ジャコメリ
ブラジルの旗 アイルトン・セナ
ベネズエラの旗 ジョニー・チェコット
初戦 イタリアの旗 1982年イタリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
21000
テンプレートを表示

概要編集

TG181の後継車として開発され、カーボンファイバーモノコックから出来ている。シャシー及びエンジンの信頼性が上昇、前年より競争力を増し、最終戦ラスベガスグランプリではデレック・ワーウィックが予選10番手をマークしている(決勝はリタイア)。

1983年から全車フラットボトム規定に変わり、前年型をレギュレーションに合わせたトールマン・TG183Bを投入。フロントノーズにスポーツカーノーズというのを出来ていて、床下に完全なベンチュリーシステムとなっていて、巨大なダウンフォースを発生し、リアウィングにアスペクトレシオの大きなフォワードウィングと通常のリアウィングがフラットボトムでのダウンフォース削減分を補う[1]という特徴を持ち、ワーウィックが第12戦オランダグランプリから4戦連続入賞し、コンストラクターズ9位を記録した。

1984年は第4戦サンマリノグランプリまで投入し、同年にデビューしたアイルトン・セナが第2戦南アフリカグランプリ・第3戦ベルギーグランプリで2戦連続6位入賞を果たし、第5戦フランスグランプリ以降から新車・TG184を投入した。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1982 TG183                                 0 NC
35   デレック・ワーウィック Ret Ret
36   テオ・ファビ Ret DNQ
1983 TG183B                               10 9位
35   デレック・ワーウィック 8 Ret Ret Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret Ret 4 6 5 4
36   ブルーノ・ジャコメリ Ret Ret 13 Ret DNQ 8 9 Ret Ret Ret Ret 13 7 6 Ret
1984 TG183B                                 16 7位
19   アイルトン・セナ Ret 6 6 DNQ
20   ジョニー・チェコット Ret Ret Ret NC
  • DNQは予選不通過、NCは周回数不足。

脚注編集

  1. ^ 『AUTOSPORT 2009 5/7&14号』三栄書房、2009年、p.68。