メインメニューを開く

ドイツツーリングカー選手権

DTM (AV-CRED).jpg

ドイツツーリングカー選手権Deutsche Tourenwagen Masters、略称:DTM)は自動車レースの1カテゴリー。市販車をベースにしたツーリングカーで争われるドイツ独自のレース。

ドイツツーリングカー選手権
カテゴリ ツーリングカー
国・地域 ドイツ
開始年 2000年
コンストラクター アウディ, メルセデス・ベンツ, BMW
タイヤ
サプライヤー
ハンコックタイヤ
最終
ドライバーズ
チャンピオン
イギリスの旗 ゲイリー・パフェット
最終
チーム
チャンピオン
メルセデスAMG・モータースポーツ・ペトロナス
最終
マニュファクチャラーズ
チャンピオン
メルセデス・ベンツ
公式サイト www.dtm.com
Motorsport current event.svg 現在のシーズン

目次

歴史編集

第1期(1984年~1996年)編集

Deutsche Tourenwagen Meisterschaft(DTM 第1期)1984年から1995年までドイツ国内で開催された選手権。ドイツには欧州の主要な自動車メーカーが集積していることもあって、毎年のようにドイツの自動車メーカー同士による激闘が繰り広げられ、そこに他国の自動車メーカーが殴り込みをかけてくる欧州きっての熾烈なタイトル争いが繰り広げられるツーリングカー選手権として知られる。 当初はグループA規定に沿った市販車をベースとした改造範囲の狭いレギュレーションの中で行われていたが、1993年シーズンからFIAのクラス1規定(2.5L)に基づきベースマシンの大幅な改造が許されるようになった。4WD化はもちろんのことABSトラクションコントロールなど、ハイテクデバイスを満載したマシンの迫力や、独自のウェイトハンディキャップ制を導入するなどの要素がシリーズを盛り上げ、よりF1に近いツーリングカー選手権としてドイツ国内は元より欧州を中心に世界中で絶大な人気を誇った。

その絶大な人気ぶりから、1995年にはFIAの梃入れでDTMに倣った国際ツーリングカー選手権(International Touringcar Championship 通称ITC)が新設され、DTMと平行して行われるようになる。1996年シーズンよりDTMはITCと統合し、引き続きメルセデスアルファロメオオペルの3メーカーがワークスチームとして参戦した。しかし、かつてのシルエットフォーミュラプロトタイプ並に先鋭化した結果、あまりのコスト急騰からメーカーの撤退が相次ぎ、同年限りで選手権は廃止となった。

第2期(2000年~)編集

 
2007年シリーズ 第2戦 オッシャースレーベン 2007年4月
 
2008年シリーズ 第1戦 ホッケンハイムリンク 2008年4月

3年の休止期間を経て、2000年より再開。過去の行き過ぎた失敗に基づいて、第1期のようなワークスチーム同士による過度なコスト高騰競争に陥らないようにレギュレーションを改め、一方で大会を盛り上げるための様々な要素を取り入れ、名称も新たにDeutsche Tourenwagen Masters(DTM)とし、メーカー間の協力の元復活した。

2001年シーズンからそれまでの2レース制を廃止し、予選レース、決勝レース制に変更し、独自のシリーズとして発展に努めている。

2005年シーズンにはドイツ国内のほか、ベルギートルコオランダチェコの国外のサーキットも転戦した。新たなルール変更としてウェイトハンデ制があり、1レース勝利すると勝利した車両のメーカーのその年度版の全車に対して10kgのハンデがつくようになった。

2006年シーズンはオペルの撤退以外にも、予選方式が昨年までのスーパーポールから、F1に準じたノックアウト方式へと変更された。

概要編集

以下は第2期の概要について述べる。第1期については旧ドイツツーリングカー選手権を参照のこと。

マシン編集

旧DTMに対し、コスト高騰を防ぐためさまざまな制限やイコールコンディション化がされた。エンジンはレース専用設計のエンジン(2018年までは自然吸気の4L V型8気筒、2019年からは2L 直列4気筒 + ターボ)をシーズン開幕前に刻印された3基のみが利用可能、リストリクター(φ28mm×2個)の装着が義務づけられ出力が制限されている。ギアボックスは事前に承認を受けたヒューランド製かXトラック製のどちらかのみが使え、駆動輪はリアのみ(4WDは禁止)、ABS・トラクションコントロールなどの電子デバイスの使用も禁止されている。

車体は、2004年から2011年のシーズンでは4ドアに限定。2012年からは大幅に更新され、全参加車輛共通のカーボンモノコックと鋼管フレームの組み合わせに、さらに衝突時に潰れるための要素(crash elements)を取り付けたものに、各メーカーの市販車のエクステリアを付けた外板を付けた、といったような車輛[1]となっており、実態はツーリングカーというより、フロントエンジンといった点以外は純レーシングカーないしは現状のストックカー(鋼管フレームといった違いはあるが)に似てきている(主として安全のためではあるが)。

タイヤは基本的にワンメイクで、2010年まではダンロップが供給していたが[2]、2011年よりハンコックタイヤに変更になった(契約は2013年まで)[3]。DTM(ドイツツーリングカー選手権)は、ハンコックタイヤ(ハンコック)とのタイヤ供給契約を2016年まで延長したことを発表した。[4]

参戦メーカー編集

2000年のシリーズ発足当初からメルセデス、オペル、アウディというドイツを代表する3メーカーが参戦し(当初はザクスピードが開発したボルボS80をベースに製作されたマシンが参戦予定でテストが進められていたが参戦に至らず)、激戦を繰り広げていた(ただし正確にはアウディのワークス参戦は2004年から。それ以前はプライベーターのチーム・アプトが、TTクーペに無限エンジンを搭載し参戦していた)。2005年よりMGローバーが新たに参戦する予定だったが、シーズン開幕直前に起こった同社の経営破綻により結局参戦を取りやめている。またオペルも2005年限りで撤退し、2006年から2011年までの6年間はメルセデス、アウディの2メーカーによる参戦が続いていた。

1994年シーズンを最後にDTMから撤退したかつての雄BMWは、2007年に発表したスポーツカーBMW M3 セダンがDTMのレギュレーションに合致していた事から(2011年シーズンまで参加車両は4ドアセダンに限定されていた)、このM3 セダンを駆ってDTMへ復帰するのではないかと噂されていた。しかし、度々参戦を噂されながらもなかなか参戦に踏み切らないまま、DTMのレギュレーションがGrand-AMSUPER GTと歩調を合わせる方向で変更され、2012年シーズンよりDTMの参加車両が再び2ドアクーペに統一されることになった。これによりBMWはM3 セダンではなくM3 クーペ(レース用車両E92型M3 DTM)を駆って2012年シーズンからDTMに参戦することになった[5]

2012年シーズン以降のDTMは、メルセデス、BMW、アウディ(フォルクスワーゲングループ)といったドイツを代表する自動車メーカーが久方ぶりに揃い踏みした選手権となり、2012年はBMWが復帰初年度にしてドライバー、チーム、マニュファクチャラーの三冠を達成した。

メーカー間の競争の激しさが政治性の強さにも繋がっている。ダニエル・ジュンカデラはメルセデスが予めチャンピオンにする一人を決めておき、残りはデータ取りやサポートに徹している内情を暴露した[6]。またBMWのマーティン・トムツェックも、DTMから離れる理由として「あまりに政治的になりすぎた」ことを述べている[7]

2018年限りでメルセデスが撤退するものの[8]、2019年からスイスのRモータースポーツがアストンマーティン・ヴァンテージで新たにDTMに参戦することになり[9]、3メーカー体制が維持される見通しである。

参戦車種 編集

 
2012年シリーズ エントリーモデル

メルセデス・ベンツ(2000年~)

アウディ(2000年~)

オペル(2000年~2005年)

BMW(2012年~)

ドライバー編集

ドイツを中心に選手権が行われるためドイツ人ドライバーが多く参加しており、中でもベルント・シュナイダー(2008年限りで引退)は過去4回(第1期も含めると過去5回)シリーズチャンピオンを獲得するなどの圧倒的な強さから「ミスターDTM」の異名を取っていた。またトップカテゴリーとしては珍しく女性ドライバー(バニーナ・イクススージー・ヴォルフの2名)が参加している。

ジャン・アレジ(2002年~2006年)、ハインツ=ハラルド・フレンツェン(2004年~2006年)、ミカ・ハッキネン(2005年~2007年)、ラルフ・シューマッハ(2008年~2012年)、デビッド・クルサード(2010年~2012年)といった元F1ドライバーも、F1引退後に参戦している。ちなみに前述のベルント・シュナイダーも元F1ドライバーである。F1からの転向が多いのに対し、2010年チャンピオンのポール・ディ・レスタや2015年チャンピオンのパスカル・ウェーレインのようにF1に転向する者もいる。

日本からは2003年金石勝智がシーズンフル参戦を果たしているが、マシンがメルセデスの前年型だったことなども影響してか成績は振るわなかった。

将来計画編集

第1期DTMが国際シリーズ化とそれに伴う参戦コスト高騰などによりシリーズ消滅に至ったという経緯から、従来第2期DTMは一応国際シリーズではあるもののあくまで「ドイツがメインの国際選手権」という独自のスタンスを保持してきたが、2010年代に入り主催者側ではこのスタンスを崩すような新たな施策をいくつも発表している。

まず2010年10月には、2012年から北米大陸でNASCAR及びグランダム・シリーズの主催者と共同でDTMのレギュレーションを使用したシリーズを開催すると発表した[10]。同レースは基本的にNASCARやグランダム・シリーズのサポートレースとして開催される予定とされたが、実際にはシリーズ発足には至っておらず、2015年のシリーズ発足を目指していた[11]

さらにDTMでは、日本のSUPER GTを主催するGTアソシエイション(GTA)とも技術規定の統一に向けた話し合いを行い、2012年10月16日に2014年からSUPER GT・GT500クラスの技術規定を2012年のDTMの車両規定と基本的に同一の物にすることで契約を締結したことが発表された[12]。これにより共通のモノコックやパーツを使用することでコストダウンが図れるようになるほか、両シリーズへの日本・ドイツの各メーカーの参戦が可能となり、将来的には両シリーズの交流戦も可能となる。当面エンジン(DTMは4L V8・NAなのに対し、2014年以降のSUPER GTは2L 直4・ターボ)、タイヤ(DTMはワンメイクだがSUPER GTはマルチメイク)など、一部規定が異なる部分も残されるが、2017年に規定を「Class1」の名で完全統合する予定とされていた[13][14]。その後、2019年シーズンよりDTMもエンジンをSUPER GTと同一の2L 直4・ターボとすることを正式に発表されたことに加え、2017年10月13日・14日のDTMドイツツーリングカー選手権最終戦ホッケンハイムではGT500車両が、同年11月11日・12日のSUPER GT最終戦もてぎではDTM車両がデモ走行を行った。

チャンピオン編集

シーズン シリーズ名 チャンピオン 2位 3位 マニファクチャーズタイトル
1984-
1996
Deutsche Tourenwagen
Meisterschaft/
International Touring Car
Championship
旧ドイツツーリングカー選手権を参照
1997-
1999
開催されず
2000 Deutsche Tourenwagen Masters   ベルント・シュナイダー   マヌエル・ロイター   クラウス・ルドヴィック   オペル
2001 Deutsche Tourenwagen Masters   ベルント・シュナイダー   ウーヴェ・アルツェン   ピーター・ダンブレック   メルセデス・ベンツ
2002 Deutsche Tourenwagen Masters   ローラン・アイエロ   ベルント・シュナイダー   マティアス・エクストローム   アウディ
2003 Deutsche Tourenwagen Masters   ベルント・シュナイダー   クリスチャン・アルバース   マルセル・フェスラー   メルセデス・ベンツ
2004 Deutsche Tourenwagen Masters   マティアス・エクストローム   ゲイリー・パフェット   クリスチャン・アルバース   アウディ
2005 Deutsche Tourenwagen Masters   ゲイリー・パフェット   マティアス・エクストローム   トム・クリステンセン   メルセデス・ベンツ
2006 Deutsche Tourenwagen Masters   ベルント・シュナイダー   ブルーノ・スペングラー   トム・クリステンセン   メルセデス・ベンツ
2007 Deutsche Tourenwagen Masters   マティアス・エクストローム   ブルーノ・スペングラー   マルティン・トムツェック   アウディ
2008 Deutsche Tourenwagen Masters   ティモ・シャイダー   ポール・ディ・レスタ   マティアス・エクストローム   アウディ
2009 Deutsche Tourenwagen Masters   ティモ・シャイダー   ゲイリー・パフェット   ポール・ディ・レスタ   メルセデス・ベンツ
2010 Deutsche Tourenwagen Masters   ポール・ディ・レスタ   ゲイリー・パフェット   ブルーノ・スペングラー   メルセデス・ベンツ
2011 Deutsche Tourenwagen Masters   マーティン・トムツェク   マティアス・エクストローム   ブルーノ・スペングラー   アウディ
2012 Deutsche Tourenwagen Masters   ブルーノ・スペングラー   ゲイリー・パフェット   ジェイミー・グリーン   BMW
2013 Deutsche Tourenwagen Masters   マイク・ロッケンフェラー   アウグスト・ファルフス   ブルーノ・スペングラー   BMW
2014 Deutsche Tourenwagen Masters   マルコ・ヴィットマン   マティアス・エクストローム   マイク・ロッケンフェラー   アウディ
2015 Deutsche Tourenwagen Masters   パスカル・ウェーレイン   ジェイミー・グリーン   マティアス・エクストローム   BMW
2016 Deutsche Tourenwagen Masters   マルコ・ヴィットマン   エドアルド・モルタラ   ジェイミー・グリーン   アウディ
2017 Deutsche Tourenwagen Masters   レネ・ラスト   マティアス・エクストローム   ジェイミー・グリーン   アウディ
2018 Deutsche Tourenwagen Masters   ゲイリー・パフェット   レネ・ラスト   ポール・ディ・レスタ   メルセデス・ベンツ

主なシリーズ参戦ドライバー編集

ドライバー 参戦年 主な成績 F1参戦歴
 ジョニー・チェコット 2002 2002年22位 1983-1984(セオドールトールマン
 ステファノ・モデナ 2000 2000年15位 1987-1992(ブラバムユーロブルンティレルジョーダン
 ベルント・シュナイダー 2000-2008 2000年チャンピオン、2001年チャンピオン、2002年2位、2003年チャンピオン、2004年6位、2005年4位、2006年チャンピオン、2007年6位、2008年6位 1988-1990(ザクスピードアロウズ
 ヨアヒム・ヴィンケルホック 2000-2003 2000年5位、2001年16位、2002年13位、2003年15位 1989(AGS
 ジャン・アレジ 2002-2006 2002年5位、2003年5位、2004年7位、2005年7位、2006年9位 1989-2001(ティレル、フェラーリベネトンザウバープロスト、ジョーダン)
 エマニュエル・ピロ 2004 2004年11位 1989-1991(ベネトン、スクーデリア・イタリア
 J.J.レート 2002 2002年21位 1989-1994(オニクス、スクーデリア・イタリア、ザウバー、ベネトン)
 ミカ・ハッキネン 2005-2007 2005年5位、2006年6位、2007年8位 1991-2001(ロータスマクラーレン
 アレッサンドロ・ザナルディ 2018 2018年NC 1991-1994, 1999(ジョーダン、ミナルディ、ロータス、ウィリアムズ
 カール・ヴェンドリンガー 2002-2003 2002年14位、2003年16位 1991-1995(レイトンハウスマーチ、ザウバー)
 ペドロ・ラミー 2000-2001 2000年13位、2001年17位 1993-1996(ロータス、ミナルディ)
 ハインツ=ハラルド・フレンツェン 2004-2006 2004年14位、2005年8位、2006年7位、 1994-1996(ザウバー、ウィリアムズ、ジョーダン、プロスト、アロウズ)
 デビッド・クルサード 2010-2012 2010年16位、2011年16位、2012年15位 1994-2008(ウィリアムズ、マクラーレン、レッドブル
 ラルフ・シューマッハ 2008-2012 2008年14位、2009年11位、2010年14位、2011年8位、2012年17位 1997-2007(ジョーダン、ウィリアムズ、トヨタ
 アラン・マクニッシュ 2005 2005年10位 2002(トヨタ)
 ニコラス・キエーサ 2006 2006年23位 2003(ミナルディ)
 ティモ・グロック 2013- 2013年9位、2014年16位、2015年15位、2016年10位、2017年7位、2018年5位 2004, 2008-2012(ジョーダン、トヨタ、ヴァージンマルシャ
 クリスチャン・アルバース 2001-2004, 2008 2001年14位、2002年12位、2003年2位、2004年3位、2008年17位 2005-2007(ミナルディ、ミッドランドスパイカー
 マルクス・ヴィンケルホック 2004, 2007-2010 2004年19位、2007年19位、2008年11位、2009年10位、2010年12位 2007(スパイカー)
 ヴィタリー・ペトロフ 2014 2014年23位 2010-2012(ルノーケータハム
 ポール・ディ・レスタ 2007-2010, 2014- 2007年5位、2008年2位、2009年3位、2010年チャンピオン、2014年15位、2015年8位、2016年5位、2017年11位、2018年3位 2011-2013, 2017(フォース・インディア、ウィリアムズ)
 ロベルト・メリ 2012-2013 2012年NC、2013年15位 2015(マルシャ)
 パスカル・ウェーレイン 2013-2015, 2018- 2013年22位、2014年8位、2015年チャンピオン、2018年8位 2016-2017(マノー、ザウバー)
 エステバン・オコン 2016 2016年26位 2016-2018(マノー、フォース・インディア、レーシング・ポイント
 アントニオ・ジョヴィナッツィ 2015 2015年25位 2017, 2019-(ザウバー)

その他編集

  • 2018年1月31日フォーミュラ1では2018年よりグリッド・ガールの廃止を決めた。廃止理由は、露出度の高い衣装などが現代の社会規範に共鳴しないためといった理由であるため、DTM運営側もグリッド・ガールの存廃の検討を行ったが、2018年度は露出度を減らす前提で継続することとなった[15]

参照編集

  1. ^ http://www.fourtitude.com/news/publish/Motorsport_News/article_7604.shtml
  2. ^ DTM、今季限りでダンロップタイヤとの契約を終える - オートスポーツ・2010年11月20日
  3. ^ ドイツDTMにワンメイクタイヤ供給決定! - ハンコックタイヤ・2011年2月28日
  4. ^ ハンコック、DTMへのタイヤ供給契約を2016年まで延長
  5. ^ BMW M3に DTMレーサー…第1号車を公開 - response.jp・2012年2月3日
  6. ^ 金丸悠ヨーロッパ悠々レーシングライフ第6回Part2
  7. ^ [1]
  8. ^ DTMに衝撃! メルセデスが2018年限りでの活動終了を正式発表。FEにスイッチ - オートスポーツ・2017年7月25日
  9. ^ DTM:Rモータースポーツが2019年からアストンマーチンでの参戦を正式表明 - オートスポーツ・2018年10月12日
  10. ^ DTM、グランダム&NASCARと協力し北米DTM開催を正式発表 - as-web.jp・2010年10月17日
  11. ^ DTM、グランダムと合意。北米でDTMレース開催へ - オートスポーツ・2013年3月27日
  12. ^ スーパーGT、DTMとの車両規則統一に向け契約締結、AUTO SPORTS、2012年10月16日
  13. ^ SGT、DTM、北米DTM、17年に規則完全統合へ - オートスポーツ・2013年7月13日
  14. ^ 第3回ステアリングコミッティ:日米欧の新規定名「Class1」合意。DTMも直4ターボに - SUPER GT 公式サイト・2014年9月30日
  15. ^ DTMのグリッドガールは今後も継続。今季は露出減のコスチュームか”. AUTO SPORT (2018年3月16日). 2018年3月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集