ドイツ学術交流会

ドイツ学術交流会Der Deutsche Akademische Austauschdienst、略称:DAAD)は、ドイツ連邦共和国大学が共同で設置している機関で、大学間における国際交流を促進する役割を担っており、国内外の研究者、大学教員、芸術家、学生を対象にした多様なプログラムやプロジェクトを実施している。特に、DAAD奨学金は、世界中から、優秀な若手研究者、芸術家をドイツに招聘する奨学金制度として名高い。

ボンにあるドイツ学術交流会本部

連邦の公的拠出金を財源基盤として運営され、主として外務省、 さらに教育・科学・研究技術省、経済協力省から拠出されている。本部はボンにあり、在外事務所は 2020年現在、北京カイロハノイジャカルタロンドンメキシコシティモスクワナイロビニューデリーニューヨークパリリオデジャネイロ東京ワルシャワボゴタブリュッセルアンマンチュニスの18都市に設置されている。


東京事務所は、日独の大学間における学術交流、および日本企業との協力提携の促進を重要な目的として、1978年4月に開設された。初代のウルリヒ・リンス所長、ディルク・シュトゥッケンシュミット所長[1]、ゲオルク・ノイマン所長、イレーネ・ヤンゼン所長、ホルガー・フィンケン所長、ウルズラ・トイカ所長そして2017年3月着任のドロテア・マーンケ所長のもと、各専門分野を代表する日本の大学や研究機関などと常に密接な連携活動を精力的に行っている。東京事務所では、ドイツ留学に関する情報の紹介、ドイツに留学する方のためのDAAD奨学金の募集、ドイツから日本へ留学しているDAAD奨学生のサポート、日本の大学で講師として活躍するドイツ語を母語とする先生方への情報提供なども行っている。また、元DAAD奨学生が設立した「DAAD友の会」も積極的な活動をしている[2]

日本人元奨学生編集

歴史学

教育学

美術

音楽

神学

法学

医学

天文学

文学

語学

哲学

体育学

鉄道工学

参考文献編集

  • Dierk Stuckenschmidt (Hrsg.), DAAD: 50 Jahre - 30 Jahre Austausch mit Japan. Erinnerungen japanischer Wissenschaftler und Künstler an ihre Studienzeit in Deutschland. ドイツ学術交流会(DAAD)Tokyo 1985. Die Autoren: Kaii Higashiyama, Noboru Kamiya, Ryozo Yoshii, Tsutomu Kuwaki, Seiei Shinohara, Hisashi Yoshida, Kokichi Shono, Naoshi Fukushima, Yoshiro Takizawa, Etsuro Maekawa, Sakae Hamakawa, Susumu Imamura, Michio Matsuhashi und Sumiko Inouchi-Zeller.
  • Deutscher Akademischer Austauschdienst, Außenstelle Tokyo (Hrsg.), Echos(エヒョーズ). 30 Jahre DAAD Außenstelle Tokyo o.J. (2008) 日独の元奨学生・DAAD派遣教員等185名の寄稿。ドイツ語の寄稿には日本語の要約・引用、日本語の寄稿にはドイツ語の要約・引用つき。貴重な留学体験記集。
  • ペーター・ヒンターエーダー(編集責任)『Deutschland ドイッチュラント』 NO.3 6/95, Societäts-Verlag 1995, S. 32-33.

脚注編集

  1. ^ Dierk Stuckenschmidt, Als Brückenbauer hatte ich oft die herrlichsten Ausblicke.Rostinger Hof-Verlag, Königswinter 2003 (ISBN 3-8330-0211-5; Herstellung: Books on Demand GmbH 2003)は、副題 Mein Leben in Deutschland, Frankreich und England, in den USA und Japan, und schließlich im neuen Europa. Erinnerungen – zugleich eine Hommage an den DAAD が示すとおり、著者の自分史であり、同時にDAADへのオマージュである。天性の外交的センスをいかして国際交流事業を見事に推進してきた氏は、陶芸・旅行・写真・音楽等、趣味も豊かで、公私にわたる交際の記録も読んでいて楽しい。- DAAD友の会Echo19(2003年10月)、1-3頁参照。
  2. ^ 元留学生等の寄稿が多数掲載されるEchoが毎年発行されている。

関連項目編集

外部リンク編集