ドイツ帝国大学声明

声明

ドイツ帝国大学声明 (ドイツ語:Erklärung der Hochschullehrer des Deutschen Reiches)とは、第一次世界大戦中の1914年10月16日ドイツ帝国内の大学人がドイツ帝国の勝利を願って出された声明。当時のドイツの大学ほぼ全教員にあたる3000人が署名した。2週前の1914年10月4日に出された93人のマニフェストに続くものであった。文章は神学者Reinhold Seebergによって書かれた。

声明では、世界大戦は「ドイツ文化の防衛戦争」であるとし、ヨーロッパ文化全体を救済するために自由なドイツ人とドイツ軍国主義が勝利しなければならないとされた[1]

これに対してイギリスの大学人による返答『ドイツ大学人への返答』が10月21日ニューヨーク・タイムズに掲載された[2][3]

主な署名者編集

署名者は当時のドイツの大学人ほぼ全員であるが、署名者リストは原文に掲載されている[4]

ベルリン大学
ボン大学
ゲッティンゲン大学
ブラウンシュヴァイク工科大学
ハレ大学
ハイデルベルク大学
イエナ大学
マールブルク大学
フランクフルト大学
ケーニヒスベルク大学
ロストック大学
ライプツィヒ大学
アーヘン工科大学
  • August von Brandis,画家[5]

脚注編集

  1. ^ NYTimes Current History,p.187-189
  2. ^ Reply to the German Professors,The New York Times.21. Oktober 1914.
  3. ^ Steffen Bruendel: Volksgemeinschaft oder Volksstaat. Die „Ideen von 1914“ und die Neuordnung Deutschlands im Ersten Weltkrieg. Akademie Verlag, Berlin 2003, ISBN 3-05-003745-8.
  4. ^ Erklärung der Hochschullehrer des Deutschen Reiches.
  5. ^ Harald Müller: Wissenskulturen: Bedingungen wissenschaftlicher Innovation, S. 160

参考文献編集

関連項目編集