ドイツ民主共和国大統領

ドイツ民主共和国の国家元首

ドイツ民主共和国大統領 (ドイツみんしゅきょうわこくだいとうりょう、ドイツ語: Präsident der Republik[1])は、1949年10月11日から1960年10月11日まで存在したドイツ民主共和国国家元首の役職。

東ドイツの旗ドイツ民主共和国
大統領
Präsident der Republik
State arms of German Democratic Republic.svg
Flag of the President of East Germany (1955–1960).svg
共和国大統領旗
呼称閣下
官邸シェーンハウゼン城ドイツ語版
任命人民議会
創設1949年10月11日
初代ヴィルヘルム・ピーク
最後ヴィルヘルム・ピーク
廃止1960年9月12日
継承国家評議会議長
通称共和国大統領

概要編集

「共和国大統領」はドイツ民主共和国建国から1960年まで使用された国家元首の名称である。唯一の現職者はSEDヴィルヘルム・ピーク(在任:1949年 - 1960年)である。1960年9月7日の彼の死後まもなく、SED書記長最高指導者ヴァルター・ウルブリヒトによる憲法改正で大統領制が廃止され、「国家評議会の形成に関する法律」により、大統領の代わりに国家評議会議長国家元首の名称となった[2]。その後「ドイツ民主共和国大統領」の名称は復活することはなかった。

憲法第101条によると、大統領は人民議会[3]共和国参議院ドイツ語版の合同会議により選出され、任期は4年間とされた。35歳に達した投票資格のある人なら誰でも選出できたのである。任期が終了する前に、大統領は人民議会と共和国参議院の3分の2の過半数の共同決定により解職される可能性もあった。また、大統領の死亡、または職務不能の場合、次の大統領が決まるまで、人民議会の議長が代行を務めることになっている。

「ドイツ民主共和国大統領」はドイツ連邦共和国連邦大統領よりもさらに弱い立場にあった。共和国大統領は国家元首として法の下で代表を務め、外国との条約を締結し、恩赦の権利を行使した。 また、共和国大統領は人民議会で可決された法律に署名する責任を負った。しかし、東ドイツソビエト連邦同様に、ドイツ社会主義統一党書記長が権力を握っていた[4]

ベルリンの壁崩壊後の1990年4月5日、事実上初めての民主的な自由選挙によって選ばれた人民議会が憲法改正を行い、国家評議会制度が廃止された。その際には大統領制の復活も検討されたが、既に東ドイツの解体がほぼ決定的であったため、新たな正式な国家元首の選出を行うことはせずに憲法に第75a条を挿入し「共和国大統領の地位、任務及び権限に関する法律が議決されるまで、及び共和国大統領の選挙までは、ドイツ民主共和国人民議会の幹部会が国家評議会の権限を行使し、人民議会の議長が国家評議会議長の権限を行使する[5]」とされ、人民議会議長が東ドイツの消滅まで暫定国家元首を務めた。

歴代共和国大統領編集

大統領 所属政党 在任期間 備考
- ヨハネス・ディークマンドイツ語版
Johannes Dieckmann
(大統領代行)
  ドイツ自由民主党
(LDPD)
1949年10月7日
- 1949年10月11日
人民議会議長
1 ヴィルヘルム・ピーク
Wilhelm Pieck
  ドイツ社会主義統一党
(SED)
1949年10月11日
- 1960年9月7日
在任中に死去
- ヨハネス・ディークマン
Johannes Dieckmann
(大統領代行)
  ドイツ自由民主党
(LDPD)
1960年9月7日
- 1960年9月12日
人民議会議長

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Die Verfassung der Deutschen Demokratischen Republik vom 7. Oktober 1949
  2. ^ 東ドイツ最後の国家評議会議長マンフレート・ゲルラッハが辞任した後は人民議会議長のザビーネ・ベルクマン=ポールが国家元首となった。
  3. ^ 東ドイツの立法府
  4. ^ ピークが大統領の時代はヴァルター・ウルブリヒトが実権を握っていた。
  5. ^ 『ドイツ憲法集【第6版】』翻訳:高田敏、初宿正典(2010年 信山社)P201

関連項目編集