ドイツ系アメリカ人協会

ドイツ系アメリカ人協会: German-American BundGerman-American Federation: Amerikadeutscher-Bund)は、アメリカ合衆国におけるゲルマン主義によるナチズムの団体。

ドイツ系アメリカ人協会
German-American Bund
German American Bund.png
設立 1936年
設立者 フリッツ・クーン
解散 1941年
法的地位 合法
目的 親ナチ
反ユダヤ主義
本部 ニュージャージー州
ニューヨーク州
所在地 アメリカ
会員数
ドイツ系アメリカ人
会長 フリッツ・クーン
関連組織 国家社会主義ドイツ労働者党
テンプレートを表示
ニューヨークをパレードする同盟員(1939年

概要編集

1936年4月ドイツ系アメリカ人ゲルマン系ドイツ人移民)で、フォード社の技術者だったフリッツ・クーンらによって右翼団体として結成された。

建前はナチス政権と無関係を装ったが、裏腹では結成直後からゲルマンを頂点とする親ナチ・反ユダヤの態度を隠そうとせず、ニュージャージー州ニューヨーク州ドイツ系コミュニティーを拠点とした。

クーンが以前に属した「新生ドイツの友」が、ドイツ外務省の命で解散させられたため、その後身である「ドイツ系アメリカ人協会」は、ナチス・ドイツ政府の支持を仰ぐなど密接に関わっている。アメリカ共産党アシュケナジム系ユダヤ人団体、ニューディーラーとしばしば敵対を繰り返していた。

当初、アメリカ政府は、この問題に不介入姿勢をとっていたが、1941年以降クーンら指導部が逮捕され、組織は壊滅。クーンらは1945年に釈放されて、ドイツに強制送還された。

外部リンク編集