メインメニューを開く

ドゥエイン・ラドウィックDuane Ludwig1978年8月4日 - )は、アメリカ合衆国男性キックボクサー、元総合格闘家コロラド州デンバー出身。グラッジ・トレーニング・センター所属。元ISKAムエタイ世界ライトミドル級王者。元TKO世界ライト級王者。

ドゥエイン・ラドウィック
Duane Ludwig 2011.jpg
基本情報
本名 ドゥエイン・ポール・ラドウィッグ
(Duane Paul Ludwig)
通称 バン (Bang)
コロラドの速射砲
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1978-08-04) 1978年8月4日(40歳)
出身地 コロラド州デンバー
所属 3-Dマーシャルアーツ
→ハイ・アルティチュード
→グラッジ・トレーニング・センター
身長 178cm
体重 72kg
リーチ 180cm
階級 ライト級ウェルター級
バックボーン ムエタイ
テーマ曲 Galvanize
ケミカル・ブラザーズ
テンプレートを表示

K-1などの打撃系格闘技と、総合格闘技のどちらもこなすオールマイティーな選手。

目次

来歴編集

15歳でムエタイを始め、キックボクシングでは48戦43勝(9KO)の戦績を持つ。

2002年5月11日、K-1 WORLD MAX 2002 〜世界一決定戦〜の1回戦で魔裟斗と対戦し、0-3の判定負け。

2003年1月25日、UCC世界ライト級王座決定戦でジェンス・パルヴァーと対戦し、右ストレートでKO勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2003年4月25日、UFC初参戦となったUFC 42須藤元気と対戦し、3-0の判定勝ち。

2003年7月5日、K-1 WORLD MAX 2003 〜世界一決定トーナメント〜に出場。1回戦で武田幸三に2R左フックでKO勝ちするも、準決勝でアルバート・クラウスに3R左フックでKO負け。

2004年4月7日、K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜の1回戦でジョン・ウェイン・パーと対戦し、0-3の判定負け。

2004年5月22日、K-1 ROMANEXBJ・ペンと対戦し、肩固めで一本負け。

2005年7月20日、K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜のスーパーファイトでラモン・デッカーと対戦。1Rに1度ずつダウンを奪われ、0-3の判定負け。

2006年1月16日、Ultimate Fight Night 3ジョナサン・グレと対戦し、1R11秒でTKO勝ち。しかし、「11秒という時間はタイムキーパーの計測ミスであり、実際にはレフェリーが割って入ったのは6秒の時点。本来はラドウィックこそUFC史上最短KO記録の持ち主である」という見解がファンの間で広がり、記録の修正を求める署名運動が幾度か行われた。UFC解説者のジョー・ローガンも、UFC中継にて事あるごとに「真の最短KO記録保持者はラドウィックであるべきだ」とコメント。そして2011年のクリスマスイブにUFC代表のダナ・ホワイトがラドウィックに電話で、UFCがラドウィックを最短KO記録の持ち主と認定したことを伝えた。ネバダ州アスレチック・コミッションの公式記録においては依然としてこの試合の終了時間は11秒のままであるが、UFCはこのラドウィック対グレ戦こそ2006年時点での最短KO試合であるとしている。

2008年3月5日、戦極旗揚げ戦戦極 〜第一陣〜五味隆典と対戦。1Rに左フックでダウンを奪われ、顔面からの出血によるドクターストップでTKO負け[2]

UFC復帰編集

2010年1月2日、4年ぶりのUFC参戦となったUFC 108ジム・ミラーと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け[3]。3月21日のUFC on Versus: Vera vs. Jonesではダレン・エルキンスと対戦したが、1ラウンド開始間もなく左足首を大きく捻って骨折したため、TKO負けとなった[4]

2010年11月13日、UFC 122でニック・オシピチェックと対戦し、1Rにパンチでダウンを奪われるも2-1の判定勝ちを収めた[5]

2012年12月、現役格闘家を引退し、チーム・アルファメールのコーチに就任した。(現在は離脱し、自身のジムを運営している)

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
35 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 10 6 5 0 0 0
14 7 6 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× チェ・ミルズ 1R 2:28 TKO(左膝の負傷) UFC on Fuel TV 5: Struve vs. Miocic 2012年9月29日
× ダン・ハーディー 1R 3:51 KO(グラウンドの肘打ち) UFC 146: dos Santos vs. Mir 2012年5月26日
× ジョシュ・ニアー 1R 3:04 ギロチンチョーク UFC on FX 1: Guillard vs. Miller 2012年1月20日
アミール・サダロー 5分3R終了 判定3-0 UFC Live: Hardy vs. Lytle 2011年8月14日
ニック・オシピチェック 5分3R終了 判定2-1 UFC 122: Marquardt vs. Okami 2010年11月13日
× ダレン・エルキンス 1R 0:44 TKO(左足首の負傷) UFC on Versus: Vera vs. Jones 2010年3月21日
× ジム・ミラー 1R 2:31 腕ひしぎ十字固め UFC 108: Evans vs. Silva 2010年1月2日
ライアン・ロバーツ 1R 2:05 ギブアップ(パンチ連打) Ring of Fire 36: Demolition 2009年12月4日
× ライル・ビアボーム 1R 4:27 ブルドッグチョーク Strikeforce Challengers 2 2009年6月19日
イーブス・エドワーズ 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Destruction 2008年11月21日
サム・モーガン 1R 2:01 TKO(膝蹴り→パウンド) Strikeforce: Payback 2008年10月3日
× 五味隆典 1R 2:28 TKO(ドクターストップ) 戦極 〜第一陣〜 2008年3月5日
マリオ・ステイペル 1R 1:50 KO(パンチ) Ring of Fire 30: Domination 2007年9月15日
× ポール・デイリー 2R 0:42 TKO(パウンド) Strikeforce: Shamrock vs. Baroni 2007年6月22日
熊澤伸哉 2R 4:32 肩固め Ring of Fire 28: Evolution 2007年2月16日
トニー・フリックランド 2R 3:37 TKO(膝蹴り) Strikeforce: Triple Threat 2006年12月8日
× ジョシュ・トムソン 2R 4:36 フロントチョーク Strikeforce: Tank vs. Buentello 2006年10月7日
× タイソン・グリフィン 1R 3:57 TKO(パウンド) Strikeforce: Revenge 2006年6月9日
ジェイソン・パラチオス 1R 4:56 腕ひしぎ十字固め International Freestyle Fighting 1 2006年5月6日
原田敏克 1R 1:44 KO(パンチ連打) Ring of Fire 21: Full Blast 2006年2月11日
ジョナサン・グレ 1R 0:11 TKO(右ストレート) Ultimate Fight Night 3 2006年1月16日
× サム・モーガン 1R 0:52 KO(パンチ連打) Ring of Fire 16: No Limit 2005年4月9日
× BJ・ペン 1R 1:45 肩固め ROMANEX 格闘技世界一決定戦 2004年5月22日
須藤元気 5分3R終了 判定3-0 UFC 42: Sudden Impact 2003年4月25日
ジェンス・パルヴァー 1R 1:13 KO(右ストレート) UCC 12: Adrenaline
【UCC世界ライト級王座決定戦】
2003年1月25日
トーマス・デニー 1R 4:18 ギブアップ(膝蹴り) Shogun 1 2001年12月15日
レッセン・メッサー 1R TKO(パンチ連打) Gladiator Challenge 5: Rumble in the Rockies 2001年8月19日
チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 2R 2:38 ギブアップ(疲労) KOTC 10: Critical Mass 2001年8月4日
シーザー・モレノ 1R 3:58 KO(パンチ連打) Gladiator Challenge 4: Collision at Colusa 2000年6月24日
× エリック・ペイン 1R 0:35 チョークスリーパー Ring of Fire 2: Trial By Fire
【ROFライト級タイトルマッチ】
2001年2月10日
× ケリー・デュランティ 5分3R終了 判定0-3 KOTC 6: Road Warriors 2000年11月29日
シャド・スミス 1R 3:08 TKO(タオル投入) KOTC 4: Gladiators 2000年6月24日
ジェイソン・マックスウェル 5分2R終了 判定0-3 KOTC 3: Knockout Nightmare 2000年4月15日
アール・リトルページ 1R ギブアップ(パンチ連打) Aspen Slammer 2000年2月25日
デビッド・イバラ 1R 4:15 KO(ハイキック) KOTC 2: Desert Storm 2000年2月5日

キックボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
フェルナンド・カレロス 3R終了 判定0-0 K-1 WORLD GP 2006 in LAS VEGAS II 2006年8月12日
× レミー・ボンネル 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2005 in LAS VEGAS II 2005年8月13日
× ラモン・デッカー 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【スーパーファイト】
2005年7月20日
× フジ・チャルムサック 1R 1:15 KO(膝蹴り) 新日本キックボクシング協会「TITANS 1st」 2004年11月6日
ウィリアム・ディンダー 3R+延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界王者対抗戦〜 2004年10月13日
セルカン・イルマッツ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント〜
【リザーブファイト】
2004年7月7日
× ジョン・ウェイン・パー 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【1回戦】
2004年4月7日
マライペット・サシプラパー 5R終了 判定3-0 Ring of Fire 11: Bring it On
【ISKAムエタイ世界ライトミドル級王者決定戦】
2004年1月10日
松本哉朗 2R 2:12 TKO(タオル投入) K-1 WORLD MAX 2003 〜世界王者対抗戦〜 2003年11月18日
× アルバート・クラウス 3R 1:33 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2003 〜世界一決定トーナメント〜
【準決勝】
2003年7月5日
武田幸三 2R 0:46 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2003 〜世界一決定トーナメント〜
【1回戦】
2003年7月5日
× 魔裟斗 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2002 〜世界一決定戦〜
【1回戦】
2002年5月11日
オーレ・ローセン 延長R終了 判定 K-1 WORLD MAX U.S.A. 2002
【決勝】
2002年3月15日
メルビン・マーリー 2R TKO K-1 WORLD MAX U.S.A. 2002
【1回戦】
2002年3月15日
× アレックス・ゴング 判定 K-1 WORLD GP 2001 世界地区予選U.S.A.大会 2001年5月5日

獲得タイトル編集

表彰編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集