ドゥドゥクアルメニア語: ԴուդուկIPA: [duˈduk])またはツィラナポグԾիրանափող)とは、アルメニア民族楽器である。ダブルリード(複簧)で発音する木管楽器である。

ドゥドゥク
別称:ツィラナポグ
各言語での名称
duduk, tsiranapogh
Duduk
duduk, doudouk, doudouki, doudoug, dadouk
duduk
杜讀管
ドゥドゥク
分類

木管楽器ダブルリード属

音域
Duduk range.svg
関連楽器
演奏者

Djivan Gasparyan

ドゥドゥクとその音楽
Kids Playing duduk.jpg
アルメニア
種類舞台芸術(音楽)
参照92
地域欧州・北米
登録史
登録年2008 (第3回)
一覧代表
Unesco Cultural Heritage logo.svg
Melody performed with a duduk by SERGO.TEL.

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

材料は主にアンズが使用される。「ツィラナポグ」は「アンズの吹奏楽器」の意味。胴には、表に8個、裏に2個の合計10個のフィンガーホールが設けられており、うち1個は調律を行うために設けられ、演奏時には使用しない。演奏者は本体の上端に挿し込まれたのダブルリードを咥えて呼気を与え、両手の9本の指を音孔にあてがい吹奏する。

主にアルメニアの聖歌の演奏に用いられる。