ドクター・オクトパス

マーベル・コミックに登場するスパイダーマンの宿敵

ドクター・オクトパス(Doctor Octopus , Dr.Octopus)とは、マーベル・コミックの出版するアメコミに登場する人物である。スパイダーマンの代表的な宿敵の一人。ドック・オック(ドク・オック、ドック・オク)(Doc Ock)、オクトパス博士(『アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン』のみ)の愛称がある。

ドクター・オクトパス
出版の情報
出版者マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 第3号(1963年7月)
クリエイタースタン・リー
スティーヴ・ディッコ
作中の情報
フルネームオットー・ギュンター・オクタビアス(Otto Gunther Octavius)
所属チームシニスター・シックス
マスターズ・オブ・イーヴル
著名な別名キャロライン・トレイナー(Carolyn Trainer)
能力技術者・発明家としての才能
秀逸な知力
4本の触手型金属アームの操作

名前の由来は、手足と金属アームを合わせて8本の手足があるから。日本語に直訳すると「タコ博士」である。

初代編集

原作漫画編集

本名はオットー・ギュンター・オクタビアス(Otto Gunther Octavius)。

サングラスをかけた物理学の天才的な頭脳の持ち主。4本のアダマンチウム合金製触手型金属アームのついたコルセットを開発し、危険物を取り扱う実験をしていたが、その最中爆発事故を起こして金属アームのついたコルセットを一生外せない体になってしまった。それにより、制御盤を使わなくても金属アームを手足のように自在に動かせるようになったが、自らが異形の存在になったことを悲観し、その力を使って悪事を行う犯罪者へと成り下がった。

1974年発行のアメイジング スパイダーマン第130号~第131号のエピソードでは、ピーターの母親代わりであるメイおばさんと婚約。このエピソードは、スパイダーマンの生みの親であるスタン・リーが映画『スパイダーマン2』のDVDについている映像特典のインタビュー中で「ピーターはドック・オックの正体を知っていて、ドック・オックはピーターの正体を知らない。あれは最高だった」と語っているほどのお気に入りのエピソード。
  • 1994年発行のスペタキュラースパイダーマン第221号で猛毒に侵され死の危機に瀕していたスパイダーマンを治療して命を救い、同時にスパイダーマンの正体を知るが、直後にケイン(ピーターのDNAから作られたクローンヴィラン)に殺されてしまった。
  • その後、数年間の間登場が無かったが1997年発行のアメイジング スパイダーマン第426号で、悪の忍者組織ザ・ハンド(デアデビルの宿敵的な悪の組織)の秘術でスパイダーマンの正体などの一部の記憶を失った状態で復活をはたした。
  • ドック・オックをだまして技術を盗んだ詐欺師が、カーライルを名乗って活動したりしたが、カーライルがスパイダーマンによって敗れた直後に返り討ちにして技術を奪い返した。
  • また、グリーンゴブリン(ノーマン・オズボーン)三代目ヴェノムスコーピオン)によって組織された悪のヒーローチームシニスター・トゥエルブ(邪悪なる12人)や、JJJ(ピーターの雇い主である新聞社の編集長)がかけた懸賞金に目がくらんだS.H.I.E.L.D.に追われていたスパイダーマンを助ける等の活躍を見せ、完全なる悪役とはいえない存在になりつつある。
  • 後にピーターの身体を乗っ取り、ピーターのふりをしながら「スーペリア・スパイダーマン」としてヒーロー活動を行う一方、宇宙開発・軍事などの技術開発を行う「パーカー・エンタープライズ」を設立・CEOとなる。しかし、街中にスパイダーボットを配置する、ヴィランを徹底的に痛め付けるといった、合理的だが強引なやり方が彼に反発したグリーンゴブリンに街を支配されかけるという事態を招き、一旦ピーターに身体を返す。この時期に恋人だったアナ・マリア・マルコーニは、後で「ピーターの身体を乗っ取ったオットー」だったと知ってしまったが、自身の身体を取り戻したピーターとの交流は続く。
  • スパイダーバース』では、過去の時間軸から来たスーペリア・スパイダーマンとして登場する。現在の時間軸から来たスパイダーマン達と接触する内に自身の運命を知ってしまうが、元の時間軸に戻った衝撃でその記憶を失った[1]
  • ピーターに肉体を返して死亡したとされていたが、実際は意識をデータ化してミニロボットに移植することで生き延びていた。そして、ジャッカルの作ったピーターとかつての自分のDNAが混ざったクローン体に改めて意識を移し、エリオット・トリバーの偽名を使ってホライゾン大学にて教鞭を取っている。
  • ヒーロー活動も諦めたわけではなく、4本の金属アームを装着したスーペリア・スパイダーマンのスーツによく似たデザインのスーツを身に着け、「スーペリア・オクトパス」を名乗って活動を開始する。また、スパイダーバースの続編に当たる『スパイダーゲドン』はこの時期のオットーだが、一時的にスーペリア・スパイダーマン・スーツに戻っている。
  • ヒドラによる「シークレット・エンパイア」事件の際は同じく自身の意識をデータ化しているアーニム・ゾラに見付かり、ヒドラ側アベンジャーズの指揮官を務めた。パーカー・エンタープライズは自分の功績によるものとして、法的に会社のシステムを取り戻そうと狙うが、ピーターが当時の新発明と会社のシステムを破壊するワームを使い、更にオットー以外の社員達の協力もあって、結果としてパーカー・エンタープライズは存続不能になり[2]解体された[3]。あくまで招致されての参加であり、シークレット・エンパイア解決後は離反している。
  • 原作、アニメ、ゲーム、実写映画版で、スパイダーマンと戦う際には、いずれにおいても、無力な女性を自身の4本のアームで捕らえて人質に取るという卑怯な戦法が多い。

映画編集

2004年公開の映画『スパイダーマン2』で、メインヴィラン(悪役)として登場。役を演じたのは、アルフレッド・モリーナ。吹き替えでは銀河万丈が声を担当。
原作と同じく天才物理学者で、ピーターの親友であるハリーが代表をつとめるオズボーン社の援助を得て、核融合による新エネルギーの研究をしていたが、公開実験中に原作同様爆発事故を起こしてアームが取り外せない体になった。
本作での金属アームは原作の円筒状の凹凸の少ない金属アームではなく、より機械的な凹凸のある機械アームとしてデザインをリニューアルされた。このアーム自体が自我を持っており、首筋にある制御チップでその自我を押さえつけていた。しかし爆発事故でチップが壊れてしまい、ドック・オック自身がアームからの自我の影響を受け、失敗した実験をもう一度成功させる狂気に取り付かれてしまう。その為の資金や素材を集める為に銀行強盗やMJの誘拐等の犯罪行為を行う悲劇の人物としての側面が強調されて描かれていた。
4本のアームは、自動車を簡単に投げ飛ばせるパワーがあるだけではなく、繊細な作業も可能としている。
最終的には、ピーターの説得により自我を取り戻し、暴走する実験装置を水中に沈め自らも海の底へと沈んでいった。
2021年公開の映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にも登場する。演者および日本語吹き替えは『スパイダーマン2』からの続投となる[4]。なお、本作がドクター・オクトパスのMCU初登場となる。

アニメ編集

本作ではシリーズを通じて容姿が変わっており、第3シーズン(シーズン3)まではを伸ばしていたが、第4シーズン(シーズン4)の第79話「ヒドラの攻撃パート1」でスウォームを利用した結果、スキンヘッドに近い髪型になったが、第93話、第94話、第95話(第91話、第92話、第93話)「カーネイジの脅威 パート1-3」で、モービウスの仕返しとして、DNAを改変したシンビオートに取りつかれて、カーネイジと分離した結果、元の容姿に戻った。その後、第101話(第100話)「スパイダースレイヤーズ パート2」でヒドラアイランドに乗り込んださいに盗まれた自身の技術を取り込みパワーアップを果たし、原作に近い髪型と容姿に変わった。
第4シーズン(シーズン4)ではヒドラと手を組んでおり第79話「ヒドラの攻撃パート1」でわざとスパイダーマンたちに捕まり、自身を強化改造し、ナノボットを使ってトライキャリオンをヒドラアイランドに作り替えた。第4シーズン(シーズン4)最終話である第104話「卒業の日」では、シールドアカデミーの卒業式の来場者たちを特殊なバリアで覆って監禁した。
第4シーズン(シーズン4)第96話、第97話、第98話、第99話(第94話、第95話、第96話、第97話)「異世界のスパイダーマン、再び パート1-4」では様々な世界のドク・オックが登場。様々な立場でスパイダーマンとマイルス・モラレス/スパイダーマンに敵対する。
なお、本作のドクター・オクトパスという名前は本名の「オクタビアス(オットー・ギュンター・オクタビアス)」をもじってピーターが命名したもので(略して「ドック・オク」あるいは「ドク・オック」)、本人はオクトパス(ドクター・オクトパス)と呼ばれているのを嫌がっている。

ゲーム編集

アトラクション編集

アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン

パット・フラリーが声を担当。吹き替えは池田勝が担当した。犯罪組織シニスター・シンジケートを結成し、その頭脳を生かしリーダーとしてエレクトロホブゴブリンハイドロマン英語版スクリームen)の自身が率いるシニスター・シンジケートのメンバーらと共にゲストが乗車した取材用車両「スクープ」に襲い掛かる。

  • 自らを「オクトパス博士」と名乗っている。
  • ピーター・ベンジャミン・パーカー / スパイダーマンホブゴブリンニュース番組アナウンサーまたはニュースキャスター男性キャスターと女性キャスターの2人、レポーター記者達からは、「オクトパス博士」の愛称で呼ばれている。
  • 武器はどんなものでも浮かせられる奇妙な緑色の浮遊光線を放つ反重力砲。反重力砲をドクター・オクトパス自身が発明し、武器の反重力砲を使ってマンハッタンニューヨークの街を包囲し、スパイダーマンとゲストが乗車した取材用車両「スクープ」の前に立ちはだかった。武器の反重力砲を使って自由の女神を盗み出すが、ニューヨーク市の通りでスパイダーマンに反重力砲を使って射撃を撃つが避けられ、スパイダーマンに「あんたの射撃はその髪型と同じくらい酷いな」とギャグまたはジョークを飛ばされる。
  • それに激怒し、反重力砲を使ってゲストが乗車した取材用車両「スクープ」に射撃を撃ってゲストが乗車した取材用車両「スクープ」もろとも120m(400ft)の高さの空中に持ち上げて浮かせた。反重力砲を重力にして射撃を撃って反重力を解除し、120m(400ft)の高さの空中に持ち上げられて浮かせられたゲストが乗車した取材用車両「スクープ」を墜落させるがスパイダーマンに敗れる。その後、自身が率いるシニスター・シンジケートのメンバーらと共にスパイダーマンに捕らえられ、スパイダーマンのクモ糸でグルグルに巻きつけられて自身が率いるシニスター・シンジケートのメンバーらと共に逮捕された[5]
  • ゲストが乗車した取材用車両「スクープ」に襲い掛かる際は、自身の金属アームから火を吹かしている。
  • 1999年5月28日に『アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン』としてオープンした、2004年1月23日に『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド』としてオープンしたアトラクションでは、原作とアニメと同じ髪型と容姿になっていたが、2013年にリニューアルが開始され、同年7月5日に『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D』としてリニューアルオープンしたアトラクションでは、実写映画版に近い髪型と容姿に変わっている。コスチュームは、1999年5月28日と2004年1月23日にオープンしたアトラクションでは、原作とアニメと同じ緑色のアンダースーツの姿とオレンジ色の手袋と両胸や両肩や背中や腰のベルトのジャケットとブーツのコスチュームと4本の金属アームのついたコルセットを着用していたが、2013年と同年7月5日にリニューアルオープンしたアトラクションでは、実写映画版と同じ茶色のトレンチコートを羽織っており、緑色のアンダースーツの姿とオレンジ色の手袋と両胸や両肩や背中や腰のベルトのジャケットとブーツのコスチュームと4本の金属アームのついたコルセットの上から実写映画版と同じ茶色のトレンチコートを羽織って着用している。

二代目編集

本名は、キャロライン・トレイナー(Carolyn Trainer)。

ドクター・オクトパスに師事していた女性科学者で、ケインによって殺されたドック・オック(ドクター・オクトパス)をスパイダーマンによって殺されたと思い込み、跡を継ぎ二代目ドクター・オクトパスになった。

  • 1995年発行のアメイジング スパイダーマン第406号で初登場し、初代が復活するまでの2年の間に自らがドクター・オクトパスを名乗って活動していた。
  • ドック・オック(ドクター・オクトパス)がザ・ハンドによって復活した後は、レディ・オクトパス(Lady Octopus)に改名した。
  • 以降、ドクター・オクトパスの助手として活動していたが、シークレット・ウォーに参戦していた様子が少し描かれていただけで、以降は目立った活動が見られない。

その他編集

脚注編集

  1. ^ 『エッジ・オブ・スパイダーバース』日本版単行本(2016年、ヴィレッジブックス)別冊解説より。
  2. ^ Amazing Spider-Man Vol 4 #31,2017
  3. ^ Avengers Vol 7#11,2017
  4. ^ 『スパイダーマンNWH』中村獅童・銀河万丈・山路和弘らヴィラン役吹替声優も再集結”. ORICON NEWS (2021年12月23日). 2022年6月16日閲覧。
  5. ^ スパイダーマンに捕らえられ、スパイダーマンのクモ糸でグルグルに巻きつけられたが、自身の金属アームで背後からスパイダーマンに襲い掛かろうとするが、スパイダーマンが発射したクモ糸によって阻止される。スパイダーマンのクモ糸が付いた自身の金属アームはホブゴブリンの奇怪なマスクに貼りついてしまった。