ドクター彦次郎

日本のテレビドラマ番組シリーズ

ドクター彦次郎』(ドクターひこじろう)は、2015年からテレビ朝日系で放送されているテレビドラマシリーズ。主演は寺島進[1]

ドクター彦次郎
ジャンル テレビドラマ
脚本 長津晴子
監督 児玉宜久
出演者 寺島進
製作
プロデューサー 藤崎絵三(テレビ朝日)
高木敬太(東映)
制作 テレビ朝日
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
第1作
(土曜ワイド劇場)
オープニング歴代オープニングを参照
エンディング歴代エンディングテーマを参照
放送期間2015年10月3日
放送時間放送時間の変遷を参照
回数1
土曜ワイド劇場
第2作
(土曜プライム・土曜ワイド劇場)
エンディング歴代エンディングテーマを参照
放送期間2016年10月1日
放送時間土曜 21:00 - 23:06
放送枠土曜ワイド劇場
放送分126分
回数1
土曜プライム・土曜ワイド劇場
第3作
(日曜ワイド)
放送期間2017年8月20日
放送時間日曜 10:00 - 11:50
放送枠日曜ワイド
放送分110分
回数1
日曜ワイド
第4作
(ミステリースペシャル)
放送期間2019年7月4日
放送時間木曜 20:00 - 21:48
放送枠ミステリースペシャル
放送分108分
回数1
ミステリースペシャル ドクター彦次郎
第5作
(日曜プライム)
放送期間2020年9月13日
放送時間日曜 21:00 - 22:54
放送枠日曜プライム
放送分114分
回数1
ドラマスペシャル ドクター彦次郎
テンプレートを表示

第1作は(『土曜プライム』の一企画に降格する以前の)『土曜ワイド劇場』で、第2作は『土曜プライム・土曜ワイド劇場』で、第3作は『日曜ワイド』で、第4作は『木曜ミステリースペシャル』で、第5作は『日曜プライム』で、それぞれ放送された。

副題は「塀の中から来た名医」。

登場人物編集

東山三条医院編集

医院は大藪家と内倉家の住宅も兼ねている。

大藪彦次郎
演 - 寺島進[2]
医師。愛称は「彦(ちゃん)、彦次郎」。洛東医科大学の卒業生(第4作)。
女好きなタチ。口が悪く、喧嘩っ早いのがタマに傷。一方、裏表がなく、患者に優しく接する。
かつてはテキ屋で、殿山鉄二を師匠に屋台でタコ焼きを焼いていた。ある日の縁日での喧嘩にて、仲裁に入った医師の谷川恭介との出会いがきっかけになり、30歳にして医師を志す(この喧嘩で塀の中に入ることになってしまった)。
猛勉強の末に医大に入学。その矢先に妻彩子のが亡くなるも、その死を乗り越え、医師となった。ある日の事件のせいで殿山鉄二が妻の死に目に会えなかったことを知って後悔し、葉月に謝った。テキ屋時代のスタイルはそのままで口は悪いが医師としての腕は良く、裏表のなさと優しさから京都の下町で皆に愛されている。
太極拳の使い手であり、毎朝町内の住民に教えている。
内倉享子
演 - 戸田恵子
院長。彦次郎の義姉[3]で彩子の姉。物をハッキリ言うタイプ。
古賀ふゆみ
演 - 谷本麻衣(第1作 - 第4作)[4]
看護師。
田中莉子
演 - 坂野真理[5](第5作)
看護師。
大藪麻友
演 - 二宮星[6]
彦次郎と彩子の娘。中学生。剣道部員。
大藪彩子
演 - かでなれおん(第1作 - 第3作)
彦次郎の妻。麻友が1歳のとき病死。

旅館「梅むら」編集

千葉貴子
演 - 田村友里[7]
仲居。元テキ屋。彦次郎とはテキ屋仲間で「タコ」と呼ばれている。口が悪く、がらっぱちの気がある。彩子とは親友だった。
小川志乃
演 - 黒谷友香
女将。彦次郎と後白河は彼女を巡ってよくケンカになるため、度々2人を諫めている。

京都府警察編集

後白河孝麿
演 - 宇梶剛士
捜査一課 班長。階級は警部(第5作)。通称「でくの坊」「ゴジラ河(くん)」「痔白河」「ボン」など。
若い頃はヤンチャだったようで彦次郎に負けず劣らず血の気が多い。
東京の大学に通っていた頃、同じ頃に東京に来ていた彦次郎と些細なことで大ゲンカをし、その末に親友(?)となる(彦次郎は作り話だと否定している)。
かつては重度の持ち(後に彦次郎が治した模様)だった。シャツを着る際は蝶ネクタイを好む。母親には頭が上がらない。母曰く「お友達が少ない」。
関本保
演 - 成瀬正孝
捜査一課 刑事。
水野
演 - 浅田祐二
捜査一課長。
佐山
演 - いわすとおる[8]
捜査一課 刑事。
徳山
演 - 内藤邦秋
鑑識。

彦次郎の太極拳の弟子編集

福村
演 - ビートきよし
米屋店主。ジョージからは「CEO」と呼ばれている。
近藤治
演 - 野口貴史(第1作 - 第4作)、山口幸晴(第5作)
お惣菜屋。おやじ狩りの連中を捕まえる「ガリガリ隊」メンバー。
土方俊夫
演 - 木下道博(第1作)、木村康志(第2作 - )
工務店員。「ガリガリ隊」メンバー。第1作は「土方利夫」の名前で登場。
沖田宗助
演 - 白井滋郎
元教師。「ガリガリ隊」メンバー。
ジョージ・ワシントン
演 - ジェームス・コールマン[9](第2作 - 第4作)
米屋店員。福村家の下宿人。日本語は片言。殿山鉄二が起こした事件では殿山葉月が突き落とされたのを彦次郎達に伝えたり、遺体の第1発見者になったりと大変だった。

その他編集

後白河静子
演 - 鷲尾真知子
後白河家 当主。孝麿の母。孝麿が刑事を続けていること(通称「刑事ごっこ」)には好意的ではなく、早く家業を継いでほしいと願っている。
立花
演 - 浜田隆広(第1作・第2作)
彦次郎のタコ焼き屋時代のクレーマー。
タツヤ
演 - 濱田海斗[10](第3作・第4作)
大藪麻友の同級生。ラグビー少年。

ゲスト編集

第1作「顔と身体を自在に変える謎の連続殺人犯!ヤブ医者が治療したら手術痕が消えた!?」(2015年)
第2作「白い巨塔連続殺人!! たこ焼きで病気を治すヤブ医者が大病院の医療ミスを暴く」(2016年)
  • 殿山葉月(鉄二と千恵子の娘・京都朱雀大学病院 看護師) - 中島亜梨沙[16](幼少期:山田美紅羽[17]
  • 森脇夏彦(京都朱雀大学病院 第一外科准教授) - 池田政典
  • 九条洋一郎(さよの息子・京都朱雀大学病院 理事長) - 瀬川亮
  • 鈴井義男(留置場の囚人) - 玉袋筋太郎
  • 芹沢大介(千代田医療機器 東京本社営業部長) - 國本鍾建
  • 柳本塔子(京都朱雀大学病院 元入院患者・故人) - 舟木幸[18]
  • 柳本卓也(塔子の夫・「西都交通」タクシードライバー) - 本城丸裕[19]
  • 野口伸介(京都朱雀大学病院 第二外科准教授) - 野田晋市
  • 美代子(さよのお手伝い) - 泉知奈津
  • 殿山千恵子(鉄二の妻・16年前死亡) - 三谷恭子
  • 斉藤龍平(大藪麻友のボーイフレンド) - 河崎脩吾[20]
  • 山戸(京都朱雀大学病院 元警備員) - 永野宗典
  • 遠田理沙(京都朱雀大学病院 看護師) - 島居香奈[21]
  • 殿山鉄二(漆塗り職人・彦次郎にタコ焼きの作り方を教えた師匠) - 小野武彦
  • 九条さよ(京都朱雀大学病院 設立者の孫・余命1年) - 江波杏子
第3作「雷を自在に操る殺人犯vs触診で嘘を暴く医師」(2017年)
京都の老舗料亭「岩崎」若女将で、半年前に亡くなった宗一郎の妻。「岩崎」で起きる跡目争いに巻き込まれ苦悩する。
料亭「岩崎」社長で、宗一郎と裕二と塔子の父。息子2人を立て続けに失い、「岩崎」の将来を憂う。
宗一郎と裕二の妹。兄2人の死後、「岩崎」に夫と共にやって来て、言葉巧みに跡取りの座を狙おうとする。
塔子の夫で会社員。塔子には協力的な一方で、そのやり方や言動を密に訝しんでいる。
大谷畳店の従業員。真理子とは高校時代に付き合っていた恋人同士だった。
料亭「岩崎」専務で、宗一郎の弟。東山三条医院に通う糖尿病患者。ゴルフ練習場でアシドーシス(酸性血症)を発症し絶命。直前に医院で彦次郎と言い争いになったため、これが彦次郎の受難の一因となった。
宗一郎と真理子の息子で小学生。なお、演者は大藪麻友役・二宮星の実弟。
留置場に勾留中の車上荒らし。元は自動車の整備工だった。彼の証言が半年前の宗一郎の死の真相を解く手がかりを与えることになる。
裕二がいつも指名しているホステス。裕二が絶命する瞬間を目の当たりにする。
彦次郎と志乃が雷鳴の直後に発見した遺体の男性。その正体は、料亭「岩崎」の社長であり、真理子の夫で大地の父親にあたる。
  • 「ホルニン&ブレト」を同時に飲んだ人 - 浜田隆広
彦次郎がアシドーシスについて説明したイメージ映像に登場した男性。
大谷畳店の社長。「岩崎」に手作りの畳を届ける畳職人。旅館「梅むら」にも畳を卸している。
料亭「岩崎」女将で、宗一郎と裕二と塔子の母。
第4作「記者殺害の影に疑惑のスーパードクターが!? 人気NO.1病院の闇を彦次郎が暴く!」(2019年)
第5作「医大教授毒殺事件をめぐり、最先端医療VS人情派医師のバトルぼっ発!? さらに…彦次郎の恋模様にも異変が!?」(2020年)

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 2015年10月3日 顔と身体を自在に変える謎の連続殺人犯!ヤブ医者が治療したら手術痕が消えた!? 安井国穂 吉田啓一郎
2 2016年10月1日 白い巨塔連続殺人!! たこ焼きで病気を治すヤブ医者が大病院の医療ミスを暴く
3 2017年8月20日 雷を自在に操る殺人犯vs触診で嘘を暴く医師
4 2019年7月04日 記者殺害の影に疑惑のスーパードクターが!? 人気NO.1病院の闇を彦次郎が暴く! 李正姫
5 2020年9月13日 長津晴子 児玉宜久

脚注編集

  1. ^ 寺島進、役者31年で初の医師役「人相の悪い人こそイイ人だったりするでしょ?」”. テレビドガッチ (2015年9月22日). 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ 寺島進 (2020年9月12日). 寺島進、破天荒すぎる“タコ焼きドクター”彦次郎「ストレス解消につながれば」. (インタビュー). ORICON NEWS.. https://www.oricon.co.jp/news/2171836/full/ 2020年10月27日閲覧。 
  3. ^ あんなちゃんのほん。 - 戸田恵子オフィシャルブログ 2015年10月2日
  4. ^ #谷本麻衣 土曜ワイド劇場 ドクター彦次郎 出演!! - ベリーベリープロダクション オフィシャルブログ 2016年9月17日
  5. ^ プロフィール - セントラル
  6. ^ プロフィール - Door
  7. ^ オンエアのお知らせ - 田村友里ブログ 2015年9月20日
  8. ^ ドクター彦次郎 - いわすとおるブログ 2015年10月1日
  9. ^ プロフィール - アティチュード大阪
  10. ^ プロフィール - オフィス・ミナミカゼ(アーカイブ)
  11. ^ 荒川ちか ドクター彦次郎 出演のお知らせ - いちごmail 2015年9月15日
  12. ^ プロフィール - ベリーベリープロダクション
  13. ^ 阪田マサノブ ANB 土曜ワイド劇場「ドクター彦次郎」 - 高岡事務所 Official Website 2015年9月15日
  14. ^ プロフィール - 10Ants
  15. ^ プロフィール - ピカロエンタープライズ
  16. ^ 中島亜梨沙 - Twitter 2016年9月28日
  17. ^ #山田美紅羽 ドクター彦次郎 - ベリーベリープロダクションオフィシャルブログ 2016年9月17日
  18. ^ 楽屋より♪ - 舟木幸ブログ 2016年10月1日
  19. ^ 新着情報 - マツ・カンパニー(アーカイブ)
  20. ^ プロフィール - 劇団東俳(アーカイブ)
  21. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  22. ^ Drama - ボックスコーポレーション
  23. ^ プロフィール - ベリーベリープロダクション
  24. ^ 岡 雅史 出演情報:「ドクター彦次郎 3」 - ニホフのblog 2017年7月18日
  25. ^ 村上新悟 ANB 日曜ワイド「ドクター彦次郎3」 - 高岡事務所 Official Website 2017年7月14日
  26. ^ プロフィール - アティチュード大阪
  27. ^ お宮の松 - Twitter 2017年8月20日
  28. ^ 明日の日曜ワイド! - 中村彩実ブログ 2017年8月19日
  29. ^ プロフィール - 東宝芸能
  30. ^ プロフィール - アイランドプロモーション
  31. ^ a b “大塚寧々、寺島進主演の人気ミステリーを2週連続で放送”. ORICON NEWS. (2019年6月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2137627/full/ 2019年8月22日閲覧。 
  32. ^ 『ドクター彦次郎』(EX) - 水野智則ブログ 2019年7月1日
  33. ^ みやなおこです!(アーカイブ)
  34. ^ “寺島進主演『ドクター彦次郎』9・13放送 withコロナ時代を意識したドラマ作り”. ORICON NEWS. (2020年9月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2171303/full/ 2020年10月27日閲覧。 
  35. ^ NEWSエンターテインメント関西 - Twitter 2020年9月11日
  36. ^ TV - サイトウルーム
  37. ^ 第1作と第2作はプロデューサー。

外部リンク編集

テレビ朝日編集

東映編集

動画編集