メインメニューを開く

ドクVSデカ』(ドクデカ)は、2000年代前半にテレビ朝日の2時間サスペンス『土曜ワイド劇場』で放送されたテレビドラマシリーズの1つ。2002年から2004年にかけて全2作が放送された。正式なシリーズ名は『ドクVSデカ〜心療内科医&殺人課刑事の捜査ファイル〜』。タイトルで表記されている「VS」は読まずに「ドクデカ」と発音する[1]

目次

概要編集

東京の月島で心療内科の診療所を開業している沢木仙太郎(柴田恭兵)と、晴海署の刑事森崎(内藤剛志)が主人公。人情味はあるがどこか頼りない沢木が、強引な捜査方法をとる森崎と衝突しながらも互いに協力して事件の真相に迫っていく。

主な登場人物・キャスト編集

  • 沢木仙太郎=ドク(柴田恭兵)…心療内科医、東大医学部卒。バツイチの独身で子供が一人いる。
  • 森崎宗政=デカ(内藤剛志)…晴海署の刑事
  • 西村警部(塩屋俊
  • 赤嶺刑事(小林正寛〈第1作〉→坂田聡〈第2作〉)
  • 吉本(徳井優)…鑑識

放映リスト・ゲスト編集

第1作(2002年12月14日)『ドクVSデカ〜心療内科医&殺人課刑事の捜査ファイル〜私が父を殺しました…自白した女は記憶喪失!マフラーで刺し殺す?』

視聴率(関東地区、ビデオリサーチ社調べ):14.4%

  • 河合裕美子(高橋かおり)…沢木の患者で記憶喪失。食品会社のOLであることがわかる。
  • 柏木保(沢向要士)…裕美子の婚約者
  • 高田沙織(小林恵)…裕美子の同僚
  • 石野涼子(山下容莉枝)…裕美子の上司
  • 村松夏実(高田聖子)…イタリア料理屋台のシェフ
  • 三枝俊之(西田健)…常務
  • 河合達也(谷本一)…裕美子の父親で、同じ会社の常務。
  • その他出演者…本田豊、永田めぐみ、桐子、杉山彩子 、川渕真由美、青木和代 ほか
第2作(2004年9月4日)『ドクVSデカ2〜心療内科医&殺人課刑事の捜査ファイル〜緑色の炎に焼かれた男と女!!誘惑された通り魔』

視聴率(関東地区、ビデオリサーチ社調べ):15.2%。

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 本作プロデューサーの丸山真哉による。