ドッケン

アメリカ合衆国のメタルバンド

ドッケンDokken)は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタルバンド

ドッケン
Dokken
Dokken - Wacken Open Air 2018 02.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ヘヴィメタル[1]
グラム・メタル[1]
ハードロック[1]
LAメタル
活動期間 1979年 - 1988年
1993年 - 現在
レーベル Carrere Records
エレクトラ・レコード
コロムビア・レコード
CMC International
SPV/Steamhammer
サンクチュアリ・レコード
ライノ・エンタテインメント
フロンティアーズ・レコード
共同作業者 リンチ・モブT&N
公式サイト dokken.net
メンバー ドン・ドッケン
ジョン・レヴィン
クリス・マッカーヴィル
B・J・ザンパ
旧メンバー フォアン・クルーシェ
ジョージ・リンチ
ジェフ・ピルソン
ミック・ブラウン
ジョン・ノーラム
レブ・ビーチ
バリー・スパークス
ほか別記参照

1980年代LAメタルグラムメタル、ヘアメタル)・ムーヴメントから登場した代表的グループ。ドン・ドッケンが主宰し、ジョージ・リンチらのギターヒーローを輩出した。一度解散したが、1993年から再始動を果たしている。

略歴編集

バンド創成期 - 1980年時代 - 解散編集

1979年、ドン・ドッケンを中心に結成。ドンの姓名を採用したバンド名「ドッケン」で活動開始する。メンバーにはフォアン・クルーシェ(後の「ラット」メンバー)らが出入りしていた。同年にEP『バック・イン・ザ・ストリーツ』が発表されるが、これは音源をメンバーの許諾なく「ドッケン」名義で無断にリリースしたものだった。バンドは短期間で活動停止してしまうが、その後もドンは再建を模索する。

1981年、ロックバンド「XCITER」のドラマー、ミック・ブラウンを勧誘。同僚のギタリストであったジョージ・リンチと一緒ならという条件を呑み(当初はジョージの加入をドンは反対しており、自身がギタリストを兼任したトリオ編成を構想していた)、旧メンバーのフォアン・クルーシェを加えたラインナップで再始動。そしてファースト・アルバム『Breakin' The Chains』をフランスのレーベルからリリースした。

1983年、フォアンが「ラット」に専念するため離脱して、後任にジェフ・ピルソンが加入。大手レーベル「エレクトラ・レコード」と契約。ファースト・アルバム『Breakin' The Chains』を『Breaking The Chains』のタイトルに変更し、メジャー・デビュー・アルバム『ブレーキング・ザ・チェインズ』として再発する。

1984年、出世作となったセカンド・アルバム『トゥース・アンド・ネイル』、翌1985年にはサード・アルバム『アンダー・ロック・アンド・キー』を発表した。

1987年に発表した4thアルバム『バック・フォー・ジ・アタック』が、発売2週間でダブル・プラチナムを獲得(全米チャート13位)。

1988年、来日公演の模様を収録したライブ・アルバム『ビースト・フロム・ジ・イースト』をリリース。しかし、ドンとそれ以外のメンバー間の確執が深刻化してゆき、「モンスターズ・オブ・ロック」のツアーを終了と同時にドンが脱退する形でバンドは解散する。

ソロ活動 - 3バンドの誕生編集

ドン・ドッケン(DON DOKKEN)

ドンはピーター・バルテス(元アクセプト)、ミッキー・ディー(元モーターヘッド、現スコーピオンズ)、ジョン・ノーラム(現ヨーロッパ)、ビリー・ホワイト(元ウォッチタワー。現在は引退して僧侶になった)らと共にアルバムを1枚発表(『アップ・フロム・ジ・アッシェズ』)。その後、メンバーが次々と去って行き解散。当初、ドンはバンド名を「ドッケン」にするつもりだったが、ジョージ、ジェフ、ミック側から訴訟を受け、判決の結果「ドッケン」というバンド名の使用を停止されたため「ドン・ドッケン」とした。

ウォー・アンド・ピース(WAR AND PEACE)

ドン抜きの3人でジョージのバンド(後のリンチ・モブ)に参加予定もジェフ・ピルソンは辞退。自らのバンドであるウォー・アンド・ピースを結成しアルバムを1枚制作(『タイム・カプセル』)したが、すぐに解散。その後、ディオに加入する。当時は、後にイナフ・ズナフに参加する故リッキー・ペアレントや、後にロブ・ハルフォードが立ち上げたファイトに参加し現在スティール・パンサーで活動中のラス・パリッシュがバンド・メンバーだった。

リンチ・モブ(LYNCH MOB)

ジョージとミックはリンチ・モブを結成しアルバム2枚を制作した(『ウィキッド・センセーション』『リンチ・モブ』)。当時のメンバーは、オニー・ローガン〜ロバート・メイスン(ボーカル)、アンソニー・エスポジート(ベース)。一時期は、活動停止していたが、現在もメンバーを変えながら活動中。

再結成 - メンバーチェンジ - 現在編集

1994年に全盛期のメンバーで再結成される[2]が、2枚のアルバム(『ディスファンクショナル』『シャドウライフ』。特に『シャドウライフ』は、モダン・ヘヴィネスに激しく傾倒した作品で、激しく批判を受けた)をリリース後、1997年にジョージが再び脱退(実際は解雇。ドンとの確執の再燃及びモダン・ヘヴィネス的な方向性をさらに推し進めようとしたことから)。ツアーはジョン・ノーラムがヘルプする形で行っていた。

ジョージの後任にレブ・ビーチ(現ウィンガー、現ホワイトスネイク)を迎え1999年に『イレイズ・ザ・スレート』を発表するが、他のプロジェクトでの活動を希望したレブが脱退し、ジョン・ノーラムに交代すると今度はベースのジェフが脱退(ウォー・アンド・ピース再結成を経て、現在はフォリナーで活動中)、後任にバリー・スパークスを迎え『ロング・ウェイ・ホーム』を2002年にリリース。

2002年のツアー中にジョン・ノーラムが手を負傷し、代役でアレックス・デ・ロッソが参加する(ジョンはそのままバンドを去る)。ツアー後、レコーディングに入ろうとするがアレックスのビザの問題でアメリカからイタリアに帰国せねばならず、元WARLOCKのメンバーで1997年にドッケンのライブに参加したことがあるジョン・レヴィンを後任ギタリストとして迎えてレコーディングを行い、2004年にアルバム『Hell to Pay』をリリース。2008年には『ライトニング・ストライクス・アゲイン』をリリース。

2007年2008年と「ROCKLAHOMA」にも参加している(2008年にはリンチ・モブも参加)。

2009年10月17日、幕張メッセで開催された「LOUD PARK」の初日に出演した際、ジョージが往年の代表曲「Tooth and Nail」にて飛び入り参加した(ステージ上でドンとジョージがハグをする場面もあった)。ジョージはリンチ・モブにて同日出演しており、約12年ぶりの共演となった。同11月29日に「House of Blues」で、ドッケンが、リンチ・モブをスペシャル・ゲストとして一緒にライブが行われた(ステージのラスト2曲「When Heaven Comes Down」「In My Dreams」)で、ジョージとジェフが参加し、黄金期メンバーでの共演が実現となった)。同年、往年の曲の再レコーディングと新曲2曲、カヴァー2曲(日本盤ボーナストラック)編成の『グレイテスト・ヒッツ』をリリース(日本盤ボーナストラックはショーン・マクナブがプレイしている)。

2010年6月26日、「That Metal Show」にドンとジョージの2人が出演した。同12月、2009年頃からリユニオンについて話し合っていたが、結局物別れとなり、ドン、ジョージ、ジェフ、ミックの4人で活動する計画は消滅した。

2011年3月、ジョージがドン抜きのドッケンで活動する予定だと発言。プロジェクト名は「Tooth and Nail」(その後、同名のレコード会社ができたため「T&N」に改名)で、ジェフやミックがボーカルを担当している。翌年、アルバム『スレイヴ・トゥ・ジ・エンパイアー』を発表。ゲストにセバスチャン・バックティム・オーウェンズなどが参加した。

2012年リリースのアルバム『ブロークン・ボーンズ』では、モトリー・クルートミー・リーがドラムをプレイしていると噂がネットで広まったが、実は彼のスタジオを借りてレコーディングしたのが正しい情報。また、ドンは『ブロークン・ボーンズ』がドッケンの最後の作品になるとインタビューで語っていた(その後、この発言を撤回している)。

2014年、ショーン・マクナブに代わり、マーク・ボールズがベーシストとして参加。[3]

2015年、マーク・ボールズが、ラスベガスのイベントに参加のため、バンドを脱退。代わりに2008年にツアーで同行していたクリス・マッカーヴィルがバンドに参加。

2016年10月、ドン、ジョージ、ジェフ、ミックのクラシック・ラインナップ来日公演を「LOUD PARK 16」にて17年ぶりに再現し[4]2018年に『Return to the East Live』のタイトルでリリース[5]

2017年11月-12月、ジョンの代役でアイラ・ブラックがツアーに参加した。

2019年の「M3 Rock Festival」のライブにミックが不参加。ハウス・オブ・ローズのB・J・ザンパが代役を務めた。その後のツアーにもミックは不参加し、バンドを脱退。ツアーには、その後もB・J・ザンパが参加。

2020年7月、元メンバーのレブ・ビーチがジョンの代役でライブに参加した。

メンバー編集

現ラインナップ編集

  • ドン・ドッケン (Don Dokken) - ボーカル (1979年–1989年、1993年– ) ※1953年、ロサンゼルス生れ(ノルウェー系アメリカ人)
  • ジョン・レヴィン (Jon Levin) - ギター (2003年– )
  • クリス・マッカーヴィル (Chris McCarvill) - ベース (2015年– )
  • B・J・ザンパ (BJ Zampa) - ドラムス (サポート2008年–2010年、2019年– )

クラシック・ラインナップ編集

  • ドン・ドッケン (Don Dokken) - ボーカル
  • ジョージ・リンチ (George Lynch) - ギター (1980年–1989年、1993年–1997年、2016年) ※1954年、ワシントン州生れ・ロサンゼルス育ち
  • ジェフ・ピルソン (Jeff Pilson) - ベース (1983年–1989年、1993年–2001年、2016年) ※1959年、イリノイ州生れ
  • ミック・ブラウン (Mick Brown) - ドラムス (1981年–1989年、1993年–2019年) ※1956年、ロサンゼルス生れ

旧メンバー編集

メジャー・デビュー前
  • スティーヴン・バリー (Steven R. Barry) - ベース (1979年)
  • グレッグ・ペッカ (Greg Pecka) - ドラムス (1979年)
  • フォアン・クルーシェ (Juan Croucier) - ベース (1979年、1980年–1983年) → ラット
  • グレッグ・レオン (Greg Leon) – ギター (1979年)
  • ゲイリー・リンク (Gary Link) - ベース (1979年)
  • ゲイリー・ホーランド (Gary Holland) - ドラムス (1980年) → グレイト・ホワイト
  • トム・クルーシェ (Tom Croucier) - ベース (1980年)
  • ボビー・ブロッツアー (Bobby Blotzer) - ドラムス (1980年) → ラット
  • ウォーレン・デ・マルティーニ (Warren DeMartini) – ギター (1980年) → ラット
メジャー・デビュー後
  • レブ・ビーチ (Reb Beach) - ギター (1998年–2001年)
  • ジョン・ノーラム (John Norum) - ギター (サポート1997年、正規2001年–2002年)
  • バリー・スパークス (Barry Sparks) - ベース (2001年–2009年)
  • アレックス・デロッソ (Alex De Rosso) - ギター (2002年–2003年) ※ヨーロッパ・ツアーのみ
  • ショーン・マクナブ (Sean McNabb) - ベース (サポート2006年、正規2009年–2014年)
  • マーク・ボールズ (Mark Boals) - ベース (2014年–2015年)

Timeline編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ブレーキング・ザ・チェインズ』 - Breaking the Chains (1981年) ※米国盤は1983年発売。全米136位
  • トゥース・アンド・ネイル』 - Tooth and Nail (1984年) ※全米49位
  • アンダー・ロック・アンド・キー』 - Under Lock and Key (1985年) ※全米32位
  • バック・フォー・ジ・アタック』 - Back for the Attack (1987年) ※全米13位
  • 『ディスファンクショナル』 - Dysfunctional (1995年) ※全米47位[6]
  • 『シャドウライフ』 - Shadowlife (1997年) ※全米146位
  • 『イレイズ・ザ・スレート』 - Erase the Slate (1999年)
  • 『ロング・ウェイ・ホーム』 - Long Way Home (2002年)
  • Hell to Pay (2004年)
  • 『ライトニング・ストライクス・アゲイン』 - Lightning Strikes Again (2008年) ※全米133位
  • 『ブロークン・ボーンズ』 - Broken Bones (2012年) ※全米173位
  • 『ザ・ロスト・ソングス:1978-1981』 - The Lost Songs: 1978 - 1981 (2020年)

ライブ・アルバム編集

  • ビースト・フロム・ジ・イースト』 - Beast from the East (1988年)[7] ※全米33位
  • 『ワン・ライヴ・ナイト』 - One Live Night (1996年)
  • 『ライヴ・フロム・ザ・サン』 - Live from the Sun (2000年)
  • 『ジャパン・ライヴ'95』 - Japan Live '95 (2003年)
  • 『フロム・コンセプション - ライヴ1981』 - From Conception: Live 1981 (2007年)
  • 『リターン・トゥ・ジ・イースト・ライヴ 2016』 - Return to the East Live (2016) (2018年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『ベスト・オブ・ドッケン』 - The Best of Dokken (1994年)
  • 『ヴェリー・ベスト・オブ・ドッケン』 - The Very Best of Dokken (1999年)
  • Then and Now (2002年)
  • Alone Again and Other Hits (2002年)
  • Change the World: An Introduction (2004年)
  • 『ザ・ディフィニティヴ・ロック・コレクション』 - The Definitive Rock Collection (2006年)
  • 『ファイヴ・オリジナル・アルバムズ ドッケン』 - Original Album Series (2009年)
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Greatest Hits (2010年)
  • An Introduction to : Dokken (2018年)

EP編集

  • 『バック・イン・ザ・ストリーツ』 - Back in the Streets (1979年) ※インディーズ時代のデモ音源を、ドッケン名義で無断にリリースされたEP

映像作品編集

  • 『ドッケン』 - Unchain The Night (1987年)
  • 『ワン・ライヴ・ナイト』 - One Live Night (1995年)
  • Millenium 2000 (2000年)
  • Live From The Sun (2000年)
  • 『ジャパン・ライヴ'95』 - Japan Live '95 (2003年)
  • 『リターン・トゥ・ジ・イースト・ライヴ 2016』 - Return to the East Live (2016) (2018年)

CM編集

  • Norton Internet Security 2010 (2009) DOKKENで出演(ドン、ジョン(レヴィン)、ミックとショーン・マクナブ)

出典編集

  1. ^ a b c Dokken - ドッケン - キューブミュージック・2014年10月20日閲覧。
  2. ^ 当初はジョージ抜きの3人(ジョージが拒否していた)で再結成する予定であったが、アルバム『ドッケン』のレコーディング直前にジョージの復帰が急遽決定している。そのためジョージは『ドッケン』の収録曲の作曲・作詞にほとんど関与していない。
  3. ^ [1] - ドッケンがベーシストの変更を発表、ショーン・マクナブが脱退しマーク・ボールズが加入
  4. ^ ドッケン、日本で再結成”. BARKS (2016年7月6日). 2018年8月29日閲覧。
  5. ^ クラシック・ラインナップのドッケン<Loud Park 2016>のライヴ作品を4月発売、スタジオ新曲入り”. amass (2018年2月7日). 2018年8月29日閲覧。
  6. ^ 1994年、日本向けに『ドッケン』のタイトルで先行発売されている。その際は、契約の締め切りまでにミキシング等が間に合わず、不完全なままリリースされた。本盤では、ドン自身がミキシングを見直し、曲順も『ドッケン』と大きく違う。日本盤未収録が3曲ある事情もあり、後に日本でも改めて発売された。
  7. ^ 日本のみ『コンプリート・ビースト・フロム・ジ・イースト』としてアナログ/カセットのワールドワイド盤で収録されたものの、CDでは収録時間の関係でカットされた「Standing In The Shadows」「Sleepless Night」「Turn On The Action」の3曲を追加した2枚組仕様で再発盤が出ている。

外部リンク編集