メインメニューを開く

ドナウブルー (: Donau Blue)[1]日本競走馬である。馬名の意味はドナウ川の青[3]。おもな勝ち鞍は京都牝馬ステークス関屋記念(2012年)。全妹に、中央競馬牝馬三冠馬のジェンティルドンナがいる。

ドナウブルー
Donau-blue20120129(1).jpg
2012年京都牝馬S
欧字表記 Donau Blue[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2008年2月9日(11歳)[1]
登録日 2010年5月5日
抹消日 2014年1月29日[2]
ディープインパクト[1]
ドナブリーニ[1]
母の父 Bertolini [1]
生国 日本の旗 日本北海道安平町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 サンデーレーシング[1]
調教師 石坂正栗東[1]
競走成績
生涯成績 23戦5勝[1]
獲得賞金 2億6319万7000円[1]
 
勝ち鞍
GIII 京都牝馬ステークス 2012年
GIII 関屋記念 2012年
テンプレートを表示

現役時代編集

2歳(2010年)編集

2010年10月23日京都の芝1600メートルの新馬戦福永祐一鞍上でデビューし1番人気に支持され、福永は行かせるつもりはなかったもののスタート良く好位2番手から直線抜け出してデビュー戦を飾った[4][5]。続く500万下の白菊賞は新馬戦とは一転して控える競馬に徹し、馬群に包まれて苦しい場面もあったものの直線差しきって2連勝とした[6]。白菊賞の後は桜花賞を見据えて短い休養に入った[7]

3歳(2011年)編集

年明けの3歳初戦のシンザン記念は、後の三冠オルフェーヴルなど牡馬を差し置いて1番人気に推されるも直線伸びず、レッドデイヴィスの5着に敗れる[8]。続くフィリーズレビューも1番人気に推されたが追い込み決まらずフレンチカクタスの4着に敗れ[9]、桜花賞は、レーヴディソール故障で手が空いた福永に手綱が戻る予定だったが[10]抽選に通らず、東日本大震災阪神開催となったニュージーランドトロフィーもエイシンオスマンの6着となり、GI競走への出走権を逃し続けた。このあと夏場は休養に入り、中間で熱中症にかかるも立て直され大事はなかった[11]。秋初戦のローズステークスは5着に終わって秋華賞への出走は果たせなかった。このあと1000万下の京都の堀川特別は3着に敗れるも11月の京都の芝1800メートルの1000万下の平場戦は直線抜け出して1年ぶりの3勝目となった。

4歳(2012年)編集

古馬となった2012年の初戦として、準オープンの身で京都牝馬ステークスに出走、クリスチャン・デムーロを鞍上に、先行ののち直線は残り1ハロンで抜け出し、インから伸びてきたショウリュウムーンに1馬身2分の1抑え、重賞初制覇を果たした[12]。続く中山牝馬ステークスは初の輸送競馬の影響で馬体重を減らした影響もあり、11着惨敗となった[13]。鞍上にクレイグ・ウィリアムズを迎えて初GI出走となったヴィクトリアマイルは、先行粘るもウィリアムズが追い出した刹那大きく寄れる距離ロスが災いし、ホエールキャプチャに半馬身及ばぬ2着惜敗となった[14]。続く安田記念は好位追走も直線で伸びを欠いてストロングリターンの10着に終わった[15]。休養後、秋の短距離路線を睨んで出走した新潟競馬場での関屋記念ではスタートを決めて2番手追走から抜け出し、追いすがるエーシンリターンズを二度差し返して1分31秒5のレコードタイムで優勝した[16]。秋緒戦の府中牝馬ステークスは1番人気に推され、中から前目でレースを進めるも折り合いを欠く場面もあって最後の直線の伸びを欠いてマイネイザベルの3着に敗れ[17]、続くマイルチャンピオンシップでも中団から直線伸びるもサダムパテックの3着に敗れる[18]

5歳 - 6歳(2013 - 2014年)編集

5歳初戦の東京新聞杯はいいところなくクラレントの10着に敗れ、1番人気に応えることができなかった[19]。続くダービー卿チャレンジトロフィートウケイヘイローの10着に敗れ[20]ヴィクトリアマイルヴィルシーナの5着だった[21]。サマーマイルシリーズとなった中京記念と関屋記念はいずれも2番人気ながら4着となり[22][23]、秋に入り、緒戦の府中牝馬ステークスは先行しホエールキャプチャの2着に粘ったが[24]、その後のマイルチャンピオンシップではスタートが決まらず、トーセンラーの5着に敗れる[25]。そして2014年、引退レースとして京都牝馬ステークスに1番人気で出走したが、2年前の自身と同様に格上挑戦で出走してきたウリウリの2着に敗れた[26]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[27]およびJBISサーチ[28]の情報に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
2010.10.23 京都 2歳新馬 芝1600m(良) 15 2 2 01.8(1人) 1着 1:34.6 (35.7) -0.3 福永祐一 54kg (ムーンパイロット)
0000.11.28 京都 白菊賞 500 芝1600m(良) 11 6 6 01.7(1人) 1着 1:36.8 (33.4) -0.2 福永祐一 54kg (ケイティーズジェム)
2011.01.09 京都 シンザン記念 GIII 芝1600m(良) 16 6 12 02.2(1人) 5着 1:34.8 (34.3) -0.8 福永祐一 54kg レッドデイヴィス
0000.03.21 阪神 フィリーズレビュー GII 芝1400m(稍) 16 6 12 03.4(1人) 4着 1:22.6 (35.4) -0.3 U.リスポリ 54kg フレンチカクタス
0000.04.09 阪神 ニュージーランドT GII 芝1600m(良) 18 4 7 16.6(6人) 6着 1:34.8 (33.3) -0.3 秋山真一郎 54kg エイシンオスマン
0000.09.18 阪神 ローズS GII 芝1800m(良) 14 8 14 10.6(5人) 5着 1:48.5 (33.6) -0.4 浜中俊 54kg ホエールキャプチャ
0000.10.15 京都 堀川特別 1000 芝1800m(稍) 16 3 6 05.7(3人) 3着 1:46.2 (34.5) -0.2 浜中俊 53kg ビッグスマイル
0000.11.19 京都 1000万下 芝1800m(不) 11 1 1 01.8(1人) 1着 1:49.5 (34.5) -0.5 M.デムーロ 53kg (エスカナール)
2012.01.29 京都 京都牝馬S GIII 芝1600m(良) 16 2 3 04.4(2人) 1着 1:33.8 (34.6) -0.2 C.デムーロ 52kg ショウリュウムーン
0000.03.11 中山 中山牝馬S GIII 芝1800m(重) 16 7 14 07.7(4人) 11着 1:51.7 (37.1) -1.1 C.デムーロ 54kg レディアルバローザ
0000.05.13 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 18 8 16 14.0(7人) 2着 1:32.5 (34.1) -0.1 C.ウィリアムズ 55kg ホエールキャプチャ
0000.06.03 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 6 12 29.1(14人) 10着 1:32.1 (35.2) -0.8 川田将雅 56kg ストロングリターン
0000.08.12 新潟 関屋記念 GIII 芝1600m(良) 18 7 14 02.8(1人) 1着 R1:31.5 (32.6) -0.0 内田博幸 54kg (エーシンリターンズ)
0000.10.13 東京 府中牝馬S GII 芝1800m(良) 17 6 11 02.8(1人) 3着 1:45.7 (33.4) -0.2 内田博幸 54kg マイネイサベル
0000.11.18 京都 マイルCS GI 芝1600m(稍) 18 8 17 11.1(5人) 3着 1:33.0 (34.1) -0.1 C.スミヨン 55kg サダムパテック
2013.02.03 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 16 5 9 4.0(1人) 10着 1:33.9 (34.1) -1.0 内田博幸 54kg クラレント
0000.03.31 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 2 3 07.1(3人) 10着 1:33.1 (35.5) -0.5 福永祐一 56kg トウケイヘイロー
0000.05.12 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 18 3 6 14.4(7人) 5着 1:32.7 (34.1) -0.3 C.ウィリアムズ 55kg ヴィルシーナ
0000.07.21 中京 中京記念 GIII 芝1600m(良) 16 3 6 04.1(2人) 4着 1:33.9 (35.2) -0.4 内田博幸 56kg フラガラッハ
0000.08.11 新潟 関屋記念 GIII 芝1600m(良) 18 6 12 03.5(2人) 4着 1:32.7 (34.3) -0.2 内田博幸 54kg レッドスパーダ
0000.10.14 東京 府中牝馬S GII 芝1800m(良) 13 8 13 08.1(5人) 2着 1:48.9 (32.8) -0.1 I.メンディザバル 54kg ホエールキャプチャ
0000.11.17 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 5 10 27.0(10人) 5着 1:33.0 (33.8) -0.6 W.ビュイック 55kg トーセンラー
2014.01.25 京都 京都牝馬S GIII 芝1600m(良) 16 2 3 03.2(1人) 2着 1:33.1 (33.6) -0.1 福永祐一 56kg ウリウリ
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す

繁殖牝馬時代編集

1月29日付けで競走馬登録を抹消され、生まれ故郷のノーザンファームで繁殖牝馬となる[2]

生年 馬名 毛色 馬主 管理調教師 戦績 主な勝利競走 供用 出典
初仔 2015年 イシュトヴァーン 鹿毛 ルーラーシップ サンデーレーシング 栗・石坂正 10戦4勝 [29]
2番仔 2016年 ドナウデルタ ロードカナロア 6戦1勝 (現役) [30]
3番仔 2017年 ダーヌビウス キングカメハメハ (未出走) (現役) [31]
4番仔 2018年 (ドナウブルーの2018) モーリス [32]
5番仔 2019年 (ドナウブルーの2019) キングカメハメハ [33]
  • 2019年7月18日現在

血統表編集

ドナウブルー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイロー系

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*ドナブリーニ
Donna Blini
2003 栗毛
Bertolini
1996
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Aquilegia Alydar
Courtly Dee
母の母
Cal Norma's Lady
1988
*リファーズスペシャル
Lyphard's Special
Lyphard
My Bupers
June Darling *ジュニアス Junius
Beau Darling
母系(F-No.) (FN:16-f) [§ 2]
5代内の近親交配 Lyphard S4×M4=12.50%、Northern Dancer M4×S5×M5=12.50% [§ 3]
出典
  1. ^ [34]
  2. ^ [34]
  3. ^ [34]


脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ドナウブルー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ a b ドナウブルーが引退、繁殖へ”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  3. ^ ドナウブルーの情報”. サンデーサラブレッドクラブ. 2019年7月25日閲覧。
  4. ^ ディープインパクト産駒ドナウブルーが完勝/京都新馬”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  5. ^ ドナウブルー余裕の勝利にも福永「もっといい脚を…」/京都新馬”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  6. ^ 無傷のV2ドナウブルーは控える競馬に手応え/白菊賞”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  7. ^ 2連勝ドナウブルーは桜花賞目標/POG情報”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  8. ^ 7番人気レッドデイヴィスが鬱憤晴らす初重賞V/シンザン記念”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  9. ^ フレンチカクタス打倒レーヴディソールに名乗り/フィリーズレビュー”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  10. ^ ドナウブルー、福永騎手とのコンビで桜花賞へ/POG情報/フィリーズレビュー”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  11. ^ エリンコート、4連勝を決めて飛躍の秋を誓う/ローズS”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  12. ^ ドナウブルー、春の照準はヴィクトリアM/京都牝馬S”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  13. ^ 【ヴィクトリアM】栗東レポート~ドナウブルー”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  14. ^ ヴィクトリアマイル騎手コメント・2着ドナウブルー&3着マルセリーナ”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  15. ^ 【安田記念(GI)】(東京)~ストロングリターン レコードでGI初制覇”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  16. ^ ドナウブルー、コースレコードで重賞2勝目を挙げる/関屋記念”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  17. ^ 【マイルCS】栗東レポート~ドナウブルー”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  18. ^ ユタカスマイル全開!サダムパテックが初G1V/マイルCS”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  19. ^ マイル王へ好発進クラレントに岩田「素晴らしい瞬発力だった」/東京新聞杯”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  20. ^ トウケイヘイロー、早め先頭から押し切って重賞初制覇/ダービー卿CT”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  21. ^ 【ヴィクトリアマイル】(東京)~ヴィルシーナが悲願のGI初V”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  22. ^ デュランダル産駒、フラガラッハが大外からまとめて差し切り連覇/中京記念”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  23. ^ レッドスパーダに北村宏「このまま順調にいってほしい」/関屋記念”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  24. ^ ホエールキャプチャ快勝、師は「マサヨシのファインプレーだね」/府中牝馬S”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  25. ^ 【マイルCS(GI)】(京都)~トーセンラー 初マイルで悲願のGI初制覇”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  26. ^ 【京都牝馬S(GIII)】(京都)~ウリウリ 格上挑戦で重賞初V”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月18日閲覧。
  27. ^ netkeiba ドナウブルーの競走成績”. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月20日閲覧。
  28. ^ ドナウブルー 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  29. ^ イシュトヴァーン”. JBISサーチ. 2019年7月18日閲覧。
  30. ^ ドナウデルタ”. JBISサーチ. 2019年7月18日閲覧。
  31. ^ ダーヌビウス”. JBISサーチ. 2019年7月18日閲覧。
  32. ^ (ドナウブルーの2018)”. JBISサーチ. 2019年7月18日閲覧。
  33. ^ (ドナウブルーの2019)”. JBISサーチ. 2019年7月18日閲覧。
  34. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ドナウブルー”. JBISサーチ(JBIS-Search). 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年7月18日閲覧。
  35. ^ 2014年有馬記念レース結果netkeiba.com 2014年12月30日閲覧

外部リンク編集