ドナ・リードDonna Reed, 本名: Donna Belle Mullenger, 1921年1月27日 - 1986年1月14日)はアメリカ合衆国出身の女優。キャリアは40年以上に亘り、40本以上の映画に出演した。フランク・キャプラ監督のファンタジー・ホリデー映画『素晴らしき哉、人生!』(1946年)でのメアリー・ハッチ・ベイリー役で最もよく知られる。フレッド・ジンネマン監督の戦争ドラマ映画『地上より永遠に』(1953年)でアカデミー助演女優賞を受賞した。

Donna Reed
ドナ・リード
ドナ・リード
本名 Donna Belle Mullenger
生年月日 (1921-01-27) 1921年1月27日
没年月日 (1986-01-14) 1986年1月14日(64歳没)
出生地 アイオワ州デニソン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 William Tuttle (1943-1945)
Tony Owen (1945-1971)
Grover Asmus (1974-1986)
 
受賞
アカデミー賞
助演女優賞
1953年地上より永遠に
その他の賞
テンプレートを表示

テレビ番組ではシットコム『うちのママは世界一』(「ドナ・リード・ショー」)(1958年-1966年)でのアメリカの中流階級の母親で妻のドナ・ストーン夫人が彼女が演じた役の中で白眉なものとされる。当時、テレビに登場する多くの母親役の中で、より注目を集めた役であった。エミー賞においてこの役で多くノミネートされ、1963年、ゴールデングローブ賞のベスト・テレビ・スター賞を受賞した。1984年–1985年、テレビ・メロドラマ『ダラス』シーズン8にバーバラ・ベル・ゲデスの代役のミス・エリ―役で出演し、ベル・ゲデスが復帰することになり降板させられ契約を白紙に戻されたことで制作会社を訴えた。

生い立ち編集

アイオワ州デニソン近くの農場で、父ウィリアム・リチャード・マレンジャーと母ヘイゼル・ジェーン(旧姓シャイヴス)のもとに生まれ、ドナ・ベル・マレンジャーと名付けられた[1]。5人兄弟の長女でメソジストとして育てられた[2][3]。1936年、デニソン高等学校2年生の時、化学の教師であるエドワード・トムキンスから書籍『人を動かす』を与えられ、大いに影響を受けた。この本を読み、学校演劇で主役を務め、キャンパス・クイーンに選ばれ、学力でも学年でトップ10に入った。トムキンスはマンハッタン計画に参加した[4]

高校卒業後に教師を目指したが学費が払えなかった。叔母のアドバイスによりロサンゼルスに移り、ロサンゼルス・シティ・カレッジで学んだ。在学中、多くの舞台に出演したが、女優を目指していたわけではなかった。複数の映画会社からスクリーンテストを受けるようオファーを受け、MGMと契約することとなった。しかし学業優先で卒業を希望し[5][6]短期大学士を取得してから契約した[7]

キャリア編集

MGM編集

1941年、MGMとの契約後、『The Get-Away』でロバート・スターリングの相手役として映画デビューした。なお、この時の芸名はドナ・アダムスであった。

その直後、MGMは第二次世界大戦の反ドイツ感情により、名前をドナ・リードと改めさせた[8]。のちにリードは「映画会社の広報がこの名前を押し付けた。私は好きではなかった」とし、「背が高く、シックで落ち着いた金髪のイメージで、私とは違う。冷たくて禁断の響きがある」と語った[9]

影なき男の影』(1941年)、ウォーレス・ビアリー主演の『The Bugle Sounds』(1942年)で助演した。MGMの多くの新人と同様、アンディ・ハーディ映画でミッキー・ルーニーの相手役を務め、『The Courtship of Andy Hardy』(1942年)に出演して大ヒットした。子供向け映画『Mokey』(1942年)に二番手で出演した。その後『Calling Dr. Gillespie』(1942年)、『アパッチ街道英語版』(1942年)に主演し、フレッド・ジンネマン監督のスリラー映画『闇に浮かぶ犯罪英語版』(1942年)でエドワード・アーノルドと共演した。

 
1944年に撮影された宣材写真

MGMの大作映画でミッキー・ルーニー主演の『町の人気者』(1943年)で助演した。『Dr. Gillespie's Criminal Case』(1943年)および『The Man from Down Under』(1943年)に出演した他、『万雷の歓呼』(1943年)に多くのMGMスターと共に出演した。第二次世界大戦中、近所にいそうな親しみやすい可愛らしさと優しそうな雰囲気から、ピンナップがGIの多くから人気となった。海外に従事するGIからのファンレターに自ら返事を出すことも多かった[10]。『See Here, Private Hargrove』 (1944年)および西部劇『Gentle Annie』 (1945年)で主演した。『ドリアン・グレイの肖像 (1945年の映画)英語版』(1945年) に出演し、ジョン・フォード監督の『コレヒドール戦記』(1945年)ではジョン・ウェインの相手役の看護師を演じた。この頃MGMはリードを熱心に売り出していた[11]

 
素晴らしき哉、人生!』(1946年)で夫役のジェームズ・ステュアート(中)、末娘役のキャロライン・グリムス 英語版(右)と

1947年、高校の恩師でマンハッタン計画に携わったトムキンスと映画『始めか終りか英語版』でコラボレートし、原子力爆弾の歴史と危険性についてを取り扱った。リードは映画化に尽力したが出演していない[12] 。ロマンティック・コメディ『Faithful in My Fashion』にトム・ドレイクと共に主演したが、赤字となった。

フランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人生!』(1946年)でのメアリー・ハッチ・ベイリー役のためにMGMからRKOピクチャーズに貸し出された。この作品はアメリカン・フィルム・インスティチュートによるアメリカ映画ベスト100の11番目に選出され、毎年クリスマス・シーズンにはテレビで放映されている[13]。のちにリードは「最も困難な撮影だった。あれほど要求の多い監督はいない」と語った[9]

MGMに戻り、『大地は怒る英語版』(1947年)でラナ・ターナーおよびヴァン・ヘフリンと共演し、大ヒットした。

栄光は消えず英語版』(1948年)において、撮影が開始していたにも関わらず、ジョーン・コールフィールドの代役としてリードはパラマウントに貸し出されてアラン・ラッドと共演し[14]、『恐喝の街』(1949年)で再びラッドと共演した[15]。1949年、より良い役への配役を希望していた[16]

コロンビア編集

1950年6月、リードはコロンビア・ピクチャーズと契約した[17]ジョン・デレクと共演し、『Saturday's Hero』(1951年)、『スキャンダル・シート英語版』(1952年)に出演した。リードは『Rainbow 'Round My Shoulder』(1952年)にカメオ出演した。

ネバダ決死隊英語版』(1952年)でランドルフ・スコット の相手役を演じた。その後ワーナー・ブラザースに貸し出され、『勝負に賭ける男英語版』(1953年)でジョン・ウェインと共演した。エドワード・スモールのプロデュースによる『七つの海の狼英語版』(1953年)でジョン・ペインの相手役を演じた。

第二次世界大戦を描いたドラマ映画『地上より永遠に』(1953年)でモンゴメリー・クリフト演じるロバートのガールフレンドであるロリーン役を演じた。1953年、この作品の演技によりアカデミー助演女優賞を受賞した[18]

この頃、リードが希望する配役にはなっていなかった。パラマウントで『底抜けやぶれかぶれ英語版』(1953年)で底抜けコンビの恋の相手役を演じた。コロンビアの『Gun Fury』(1953年)でロック・ハドソンと、『西部は俺に任せろ英語版』(1954年)でダナ・アンドリュースと、『彼等は馬で西へ行く英語版』でロバート・フランシスと共演した。MGMに戻り、『雨の朝巴里に死す』(1954年)に出演した。

The Ford Television Theatre』、『Tales of Hans Anderson』、『General Electric Theater』、『Suspicion』などのテレビ番組にゲスト出演するようになった[19]

フィーチャー映画に出演し続け、そのほとんどが主人公の恋の相手であった。パイン・トーマス・プロダクションズの『遥かなる地平線英語版』(1955年)でネイティヴ・アメリカンのサカガウィア役、ユニバーサルの『ベニイ・グッドマン物語』(1956年)でスティーヴ・アレン演じるグッドマンの妻アリス役、MGMの『誘拐』(1956年)でグレン・フォード演じるデイヴの妻エディス役、ユニバーサルの西部劇『六番目の男英語版』(1956年)でリチャード・ウィドマーク演じるジムの相手役のカリル役、ケニアで撮影されたコロンビアの『豹の爪英語版』(1957年)でコーネル・ワイルド演じるマットの相手役アン役、イングランドで撮影されたロミュラス・ピクチャーズの『The Whole Truth』でスチュワート・グレンジャー演じるマックスの妻のキャロル役を演じた。 リードは『豹の爪』撮影中に怪我をした[20]

『ドナ・リード・ショー』編集

 
ドナ・リード・ショー』で共演したNFL選手のビル・ウェイド 英語版と(1959年)

1958年から1966年、リードは当時夫であったトニー・オウエンのプロデュースによる連続テレビドラマ『ドナ・リード・ショー』で主演した。小児科医のアレックス・ストーン(カール・ベッツ)の妻でジェフ(ポール・ピーターセン)とメアリー(シェリー・フェブレー)の母のドナ・ストーン役を演じた。これまであまり演じたことのないコメディを演じること、そして妻役を演じることに喜びを覚えた[21]

ABCで8シーズン制作された[22]。これによりゴールデングローブ賞を受賞し、エミー賞で4回ノミネートされた。

リードはこの作品について「ユーモアを交え、小さな街の生活をリアルに描いている。アメリカで最も重要な、愛すべき家族の姿を描いている」と語った。役柄のドナ・ストーンは愛すべき妻であり母であるが、強く賢く感情豊かでユーモアのセンスのある女性であった[23]

ただし従順な専業主婦を推進しているとフェミニストから批判されることもあった。1979年のインタビューにて実際に自身も4人の子を育てるリードは「家族をリードすることができる強い女性を演じた。この批判は多くの人々を不快にさせる」と語った[24]

1984年のテレビでのインタビューにて、リードは番組について「女性のための「宣言」のように感じていた。この母親役は愚か者ではない。家族を支配していたのではなく、明るく前向きな結婚生活を送っていたと思う」と語った[25]

2008年、息子のジェフ役を演じたポール・ピーターセンはインタビューにて番組の意義について「家族の重要性を描いていた。人生の教訓は代々愛情をもって受け継がれる。『ドナ・リード・ショー』はより良い時代、より良い場所を描いていた。残念ながら近年のエンタメ作品に欠けているある種の知性とプロ意識を持っていた。ポジティブで元気にさせてくれる。登場人物は好感が持て、ストーン家は楽しい一家で、シチュエーションは誰にとっても身近なものであった。日常生活における様々な小さな問題をいかに解決するか道徳的にアドバイスしてくれる」と語った[26]

後年編集

1966年、『ドナ・リード・ショー』は最終回を迎え、子育てに専念するかたわら政治的活動にも携わるようになった[27]。1970年代後期、女優業を再開させ、テレビ映画『The Best Place to Be』(1979年)、『Deadly Lessons』(1983年)に主演した他、『The Love Boat』にゲスト出演した[28]

1984年から1985年、連続テレビドラマ『ダラス』シーズン8にバーバラ・ベル・ゲデスの代役のミス・エリ―役で出演した。1984年のインタビューにおいて、「『ダラス』がヒットした大きな理由は「家族」である。彼らは皆、強い絆で結ばれている。小競り合いもあるかもしれないが、1つ屋根の下に暮らして互いを思いやり、それは近年失われてきているものである。皆、心の中ではそれらを取り戻すことを願っていると思う」と語った[25]

1985年から1986年のシーズン9にベル・ゲデスが復帰することになり急遽降板させられた[29]。ミス・エリ―役を継続させてくれるまでシーズン9の撮影開始を止めようとしたがうまくいかなかった[29]。契約を白紙に戻されたことで制作会社を訴え、その後100万ドル以上の示談が成立した[30]

私生活編集

 
1959年、リード、トニー・オウエン、4人の子供たち。立っているのがペニー・ジェーンで、座っている左よりトニー・ジュニア、メアリー、ティム

1943年から1945年、メイクアップ・アーティストのウィリアム・タトルと結婚していた。1945年に離婚後、プロデューサーのトニー・オウエンと再婚した。4人の子供、ペニー・ジェーン、アンソニー、ティモシー、メアリー・ジェーンを育てた。年長の2人は養子であった。1971年、結婚後26年で離婚した。

3年後、リードは退役陸軍大佐グロヴァ―・W・アスマス(1926年–2003年)と再婚し、1986年にリードが亡くなるまで婚姻関係は続いた[1][31]

政治的立場編集

共和党員であったが民主党に傾いていき、ベトナム戦争に際しては長男のトニーが徴兵されることを危惧していた。1967年、反戦運動を行ない、女性反戦団体Another Mother for Peaceの共同議長となった。この団体のスローガンは「戦争は子供や生物全ての健康をおびやかす」であった[32][33]。1971年の「ロサンゼルス・タイムズ」紙のインタビューにおいて、「以前、トニーは非戦闘員として国に尽くすべきだと考えていた。しかし彼はそれを受け入れず、全てがおかしいと感じていた。彼は政府や軍を信用していなかった。私はトニーから色んなことを学んだ」と語った[34]

1964年アメリカ合衆国大統領選挙において、バリー・ゴールドウォーターを指示していた[35]

ベトナム戦争での反戦に加え、原子力発電にも反対していた。1968年アメリカ合衆国大統領選挙ではミネソタ州選出の民主党議員ユージーン・マッカーシーを支持していた。彼は強硬な反戦主義者であった[36]

編集

 
ドナ・リードの墓

1986年1月14日、64歳でカリフォルニア州ビバリーヒルズにて膵臓がんのため死去した。3ヶ月前に末期と診断を受けていた。ロサンゼルスにあるウエストウッド・ヴィレッジ記念墓地に埋葬された[30][37]

レガシー編集

1987年、妻のリードを亡くしたグロヴァ―・アスマス、女優シェリー・フェブレー、ノーマ・コノリー、数多くの友人、同僚、親族らはパフォーミング・アーツのためのドナ・リード・ファンデーションを設立した。リードの故郷であるデニソンを基盤に、非営利団体としてパフォーミング・アーツを学ぶ学生に奨学金を与え、毎年年に一度ワークショップのフェスティバルを開催し、ドナ・リード・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツを操業している[38]

毎年、デニソン市はドナ・リード・フェスティバルを開催している[39]。子供時代の家はデニソンのドナ・リード通りに位置していたが、1983年、火災により消失した[40]。アカデミー賞で受けたオスカー像はデニソンのW.A.マクヘンリー博物館に展示されている[41]

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのヴァイン・ストリート1610番に星が埋め込まれている。

2010年5月、ターナー・クラシック・ムービーズは「スター・オブ・ザ・マンス」に選定し[42]、娘のメアリーが敬意を表した[43]

2011年、『ドナ・リード・ショー』で娘のメアリー役を演じた女優のシェリー・フェブレーは記事の中で「ドナ・リードは私の第二の母であった。目標であり、それは今も続いている。何かを決めなくてはならない時、頭の中で「強い決心をするように」と促す彼女の声が聞こえる。彼女は私の憧れであった」とし[44]、「本物のアイオワ・ガールだった。中西部の人々にありがちな真面目な常識人であった。思いやりがあり、必要な時にいつでも助けてくれる。中西部の精神を失っていなかった」と語った[44]

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1941 影なき男の影
Shadow of the Thin Man
モリー・フォード
ブロードウェイ
Babes on Broadway
ジョンジーの事務員 クレジット無し
1942 アパッチ街道
Apache Trail
ロザリア・マルティネス
1943 町の人気者
The Human Comedy
ベス
万雷の歓呼
Thousands Cheer
レッド・スケルトンの店の客
1945 コレヒドール戦記
They Were Expendable
サンディ・デービース少尉
ドリアン・グレイの肖像
The Picture of Dorian Gray
グラディス
1946 素晴らしき哉、人生!
It's a Wonderful Life
メアリー・ハッチ
1947 大地は怒る
Green Dolphin Street
Marguerite Patourel
1948 栄光は消えず
Beyond Glory
アン・ダニエルズ
1949 恐喝の街
Chicago Deadline
ロシータ
1952 ネバダ決死隊
Hangman's Knot
モリー
1953 勝負に賭ける男
Trouble Along the Way
アリス・シングルトン
七つの海の狼
Raiders of the Seven Seas
アリダ
地上より永遠に
From Here to Eternity
ロリーン アカデミー助演女優賞 受賞
底抜けやぶれかぶれ
The Caddy
キャシー・テイラー
限りなき追跡
Gun Fury
ジェニファー・バラード
1954 彼等は馬で西へ行く
They Rode West
ローリー
西部は俺に任せろ
Three Hours to Kill
ローリー
雨の朝パリに死す
The Last Time I Saw Paris
マリオン
1955 遥かなる地平線
The Far Horizons
サカガウィア
1956 誘拐
Ransom!
イーディス・スタナード
ベニイ・グッドマン物語
The Benny Goodman Story
アリス・ハモンド
六番目の男
Backlash
Karyl Orton
1957 豹の爪
Beyond Mombasa
アン・ウィルソン
1960 ペペ
Pepe
本人

テレビ編集

特記
1954 Ford Television Theatre リディア・キャンベル エピソード: Portrait of Lydia
1955 Tales of Hans Anderson エピソード: Wee Willie Winkie
1957 General Electric Theater レイナ エピソード: Light from Tormendero
1957 Suspicion レティ・ジェイソン エピソード: The Other Side of the Curtain
1958–1966 ドナ・リード・ショー
The Donna Reed Show
ドナ・ストーン 275エピソード
1984 The Love Boat ポリー / グウェン エピソード: Polly's Poker Palace (Parts 1 & 2)
1984–1985 ダラス
Dallas
ミス・エリ―・ユーイング・ファーロウ 24エピソード (最後の出演作品)

受賞歴編集

部門 結果
1953 アカデミー賞 助演女優賞 地上より永遠に
From Here to Eternity
受賞
1964 Bravo Otto 女性テレビ・スター賞 ドナ・リード・ショー
The Donna Reed Show
ノミネート
1965 ノミネート
1964 Golden Apple Award 共演女優賞 受賞
1963 ゴールデングローブ賞 女性テレビ・スター賞 ドナ・リード・ショー
The Donna Reed Show
受賞
2006 オンライン・テレビ・映画協会 テレビの殿堂演技賞 受賞
1959 プライムタイム・エミー賞 コメディ主演女優賞 ノミネート
1960 コメディ主演女優賞 ノミネート
1961 コメディ主演女優賞 ノミネート
1962 コメディ主演女優賞 ノミネート
2004 TVランド賞 記憶に残る代役賞 ダラス
Dallas
ノミネート
2006 ノミネート

脚注編集

  1. ^ a b Donna Reed Biography (1921–1986)”. Film Reference. 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ In Search of Donna Reed
  3. ^ Field, Eunice. “My Story is Not for Children—or Prudes”. Donna Reed Show. 2008年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月6日閲覧。
  4. ^ 75-year history of Broadway Elementary building celebrated”. Denison Bulletin-Review (2012年3月20日). 2019年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  5. ^ Royce 1990, p. 2.
  6. ^ “Donna Reed Says Success and Beauty Depend on Happiness Lane, Lydia”. Los Angeles Times: p. C9. (1953年8月23日) 
  7. ^ Bawden, James; Miller, Ron (2019). Conversations with Legendary Television Stars. Lexington, Kentucky: The University Press of Kentucky. p. 275. ISBN 978-0-8131-7765-6. https://books.google.com/books?id=zS2eDwAAQBAJ&pg=PT275 
  8. ^ Monush, Barry (2003). Screen World Presents the Encyclopedia of Hollywood Film Actors: From the Silent Era to 1965. Hal Leonard Corporation. pp. 628. ISBN 1-55783-551-9 
  9. ^ a b Michele Ingrassia (1986年1月15日). “The All American Girl; Despite an Academy Award-winning performance as a prostitute in 'From Here to Eternity,' Donna Reed maintained an image of wholesomeness throughout her career”. Newsday: p. 04 
  10. ^ Rohter, Larry (2009年5月24日). “Dear Donna: A Pinup So Swell She Kept G.I. Mail”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/05/25/arts/25donna.html 2015年12月6日閲覧。 
  11. ^ Schallert, Edwin (1944年3月26日). “Donna Reed Hailed as 'Crown Princess': M.G.M. Seats Donna Reed on Crown Princess Throne”. Los Angeles Times: p. B1 
  12. ^ Donna Reed Talking to Scientist”. Gettyimages.com. 2017年12月2日閲覧。
  13. ^ Royce 1990, p. 5.
  14. ^ Thomas F. Brady (1947年9月3日). “Two Will Produce Own Story as Film: Joseph Than and Anita Loos Plan to Offer 'White Night' -- UA or RKO May Release It.”. New York Times: p. 31 
  15. ^ Donna Reed Will Play 'One Woman' Title Role Schallert, Edwin. Los Angeles Times 1 July 1948: 23.
  16. ^ Schallert, Edwin (1949年10月23日). “Donna Reed Declares Self in Revolt Against Sweet, Simple, Negative Roles”. Los Angeles Times: p. D1 
  17. ^ Schallert, Edwin (1950年6月15日). “Drama: Lizabeth Scott to Play 'Raiders' Lead; Donna Reed Signs at Columbia”. Los Angeles Times: p. B9 
  18. ^ Phillips, Gene D. (1999). Major Film Directors of the American and British Cinema. Lehigh University Press. pp. 118. ISBN 0-934223-59-9 
  19. ^ Ames, Walter (1954年9月22日). “Clooney, CBS Huddling Over Radio Show; Donna Reed Meets Old Faces”. Los Angeles Times: p. 28 
  20. ^ Schallert, Edwin (1956年1月26日). “Drama: Schary Selects 'Power and Prize' for Taylor; Gun Injures Donna Reed”. Los Angeles Times: p. 31 
  21. ^ McMurphy, Jean (1959年5月17日). “ON THE COVER: Donna Reed Sets Up TV Household Donna Reed Sets Up TV Household”. Los Angeles Times: p. g3 
  22. ^ Olson 2000, pp. 82–83.
  23. ^ Don't Call The Donna Reed Show 'Situation Comedy'”. Donnareedshow.com. 2017年12月2日閲覧。
  24. ^ Gilbert, Tom (2011年12月27日). “Donna Reed's show reflects an era when mother, too, knew best”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/stories/ae/tv-radio/donna-reeds-show-reflects-an-era-when-mother-too-knew-best-225868/ 
  25. ^ a b Rona Barrett Remembers Donna Reed (1921–1986) - YouTube
  26. ^ Life was better in 'Donna Reed' world”. Catholic.org. 2017年12月2日閲覧。
  27. ^ Smith, Cecil (1978年12月4日). “Donna Reed: Back Where She Wants to Be”. Los Angeles Times: p. f1 
  28. ^ Donna Reed Biography (1921–1986)”. biography.com. 2009年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月1日閲覧。
  29. ^ a b “Donna Reed Loses Bid for 'Dallas' Role”. The New York Times. (1985年6月19日). https://www.nytimes.com/1985/06/19/arts/donna-reed-loses-bid-for-dallas-role.html 2008年11月1日閲覧。 
  30. ^ a b “The Television Generation Mourns Its Favorite Surrogate Mother, Tough but Tender Donna Reed”. People. (1986年1月27日). https://people.com/archive/the-television-generation-mourns-its-favorite-surrogate-mother-tough-but-tender-donna-reed-vol-25-no-4/ 2021年12月20日閲覧。 
  31. ^ Scott Royce, Brenda (1990). Donna Reed: A Bio-bibliography. Greenwood Publishing Group. pp. 7. ISBN 0-313-26806-1 
  32. ^ Handsaker, Gene (1971年3月27日). “Donna Reed is dedicated to peace effort”. Gettysburg Times. https://news.google.com/newspapers?id=xoUlAAAAIBAJ&pg=2332,3100073 
  33. ^ Hevly, Bruce William; Findlay, John M. (1998). The Atomic West. University of Washington Press. pp. 208. ISBN 0-295-97716-7 
  34. ^ Her New Role: A Mother for Peace”. Milwaukee Journal. 2013年1月24日閲覧。
  35. ^ Critchlow, Donald T. (2013-10-21). When Hollywood Was Right: How Movie Stars, Studio Moguls, and Big Business Remade American Politics. ISBN 9781107650282. https://www.google.com/books/edition/When_Hollywood_Was_Right/QfHXAAAAQBAJ?hl=en&gbpv=1&bsq=donna%20reed 
  36. ^ Kauffman, Bill (2011-12-29) "Iowa Votes for Peace", The American Conservative, 29 December 2011
  37. ^ Alleman, Richard (2005). Hollywood the movie lover's guide : the ultimate insider tour to movie L.A. Broadway Books. p. 327. ISBN 9780804137775 
  38. ^ Donna Reed Foundation for the Performing Arts”. donnareed.org. 2008年11月1日閲覧。
  39. ^ Whye, Mike (2004). The Great Iowa Touring Book: 27 Spectacular Auto Trips. Big Earth Publishing. pp. 37. ISBN 1-931599-35-1 
  40. ^ Fultz, Jay (1998). In Search of Donna Reed. University of Iowa Press. ISBN 0-87745-625-9. https://archive.org/details/isbn_9780877456254 
  41. ^ Donna Reed Foundation for the Performing Arts”. donnareed.org. 2010年5月4日閲覧。
  42. ^ Now Playing: Donna Reed – (TCM Original) May 2010”. tcm.com. 2010年5月3日閲覧。
  43. ^ Now Playing: Donna Reed: Star of the Month – (TCM Original) Mary Anne Owen”. tcm.com. 2010年5月26日閲覧。
  44. ^ a b King, Susan (2011年12月26日). “Classic Hollywood: 'The Donna Reed Show'”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2011/dec/26/entertainment/la-et-classic-hollywood-20111226 

参考文献編集

外部リンク編集