ドバイワールドカップミーティング

ドバイにあるメイダン競馬場で開かれる国際招待競走の開催日、および同日に行われる重賞の総称

ドバイワールドカップミーティング(Dubai World Cup meeting)とは、毎年3月下旬の土曜日にアラブ首長国連邦ドバイにあるメイダン競馬場で開かれる国際招待競走の開催日、および同日に行われる重賞の総称である。ドバイワールドカップナイト(Dubai World Cup Night)と呼ばれることが多い。

当地ではすべての競走で勝馬投票券の発売は行われないが、外国のブックメーカーによる賭けは行われているほか、2017年からは日本中央競馬会インターネット回線投票(即PAT・A-PAT[注 1])、2019年からはJRA-UMACA(導入された競馬場ウインズ(ライトウインズ含む)・エクセルのみ)[注 1]での馬券発売が開始された。

歴史 編集

アラブ首長国連邦の王族の子孫として生まれたシェイク・モハメドは幼少時より馬に親しみ、12歳でアマチュア騎手としてレースに参加するなどしていた[1]が、17歳のときに英国のケンブリッジへ留学した際、発祥国の競馬文化にふれたことで競馬への情熱が決定的なものとなり、祖国ドバイを世界競馬の重要な拠点とすることを生涯の目標として掲げたといわれる[1]

シェイク・モハメドは上記の目標を達成すべく、まず1977年に英国で馬主となり[1]、1981年にはニューマーケットに「ダルハムホールスタッド」を開設、自ら生産にもかかわるようになる[1]。その後1992年には、英国の芝平地競走がシーズンオフとなる冬季に所有馬を温暖なドバイへ移動させ、ここを調教拠点とするようになった[1]。こうしてドバイに調教拠点を設けた競馬組織ゴドルフィンは、1994年のオークスステークスバランシーン)など、世界の主要な競走を次々に制するようになった[1]

1996年には「ドバイワールドカップ」がナド・アルシバ競馬場のダート2000mで創設され、ドバイが国際競走の開催地となった[1]。ヨーロッパやアメリカなどの競馬主要国から遠く離れた砂漠の地で行われる国際レースには成立を不安視する声もあった[1]が、第1回ドバイワールドカップを米国の歴史的名馬シガーが優勝したことで、国際競走としてのステータスが確立していった[1]

その後も1998年には「ドバイターフクラシック(現:ドバイシーマクラシック)」が創設された[1]ほか、2000年には1996年よりドバイワールドカップのアンダーカードとしてダート2000mで行われていた「ドバイデューティーフリー(現:ドバイターフ)」を芝1777mに条件変更する[1]など、レース数も増えイベントとしての規模は拡大していった[1]

2010年にはオールウェザー素材を用いたメイントラックを備えたメイダン競馬場が完成[1]。ドバイワールドカップもメイダン競馬場(オールウェザー2000m)での開催に変更、総賞金も1000万米ドルに増額された[1]。しかし、オールウェザー素材は寒冷地だと有効に機能するが、温暖な地ではメンテナンスに困難をきたすことが判明した[1]ためメイダン競馬場のメイントラックはダートに変更[1]され、ドバイワールドカップも2015年からダート2000mに戻された[1]

2015年現在、ドバイワールドカップが行われる日は「ドバイワールドカップナイト(Dubai World Cup Night)[1]」や「ドバイワールドカップデー[2]」などと呼ばれ、6つのG1競走を含む9つの重賞競走が同日に行われる[1]ほか、1日の総賞金も2925万米ドルに上り、世界でも有数の豪華なイベントとなっている[1]

2020年covid-19の世界的な感染の拡がりに伴い、参加者の健康を守るため中止となった。

2021年はドバイワールドカップミーティングの賞金総額を大幅に削減することが発表された[3]。ドバイワールドカップは以前と変わらないが、その他のレースの賞金額が引き下げられるため、全体で850万ドル減の総額2,650万ドル(約27億8,250万円)となる。なお、2019年は総額3,500万ドル(約36億7,500万円)であった。ただし、以前は6着まで賞金が支払われてきたが、2021年は8着までに賞金が支払われることとなる[3]

メイダン競馬場のオールウェザー馬場 編集

2014年までメイダン競馬場に使われていたオールウェザー馬場(タペタ)は「瞬発力を要求される馬場で純粋なダート馬よりも芝もこなせる馬の方が有利」と評価する関係者が多く[4]、日本馬はレッドディザイアヴィクトワールピサなど芝で好成績を挙げている馬も好走している。また、それまで目立った実績のなかった馬がオールウェザー初挑戦にして突然活躍することもある[5]。日本から芝の一流馬がオールウェザーのレースに出走するようになった一方で、欧米で用いられているものとは違う種類のオールウェザーに対して慎重な欧州やアメリカからの遠征馬が減少する傾向も見られる[6]。しかし回避が多くなったとはいえ、各国からの注目は未だに熱く、オールウェザーの傾向がある程度明らかとなってからは欧州からのトップホースの参戦も目立った[7]

ケンタッキーダービー馬アニマルキングダム陣営も2012年ドバイワールドカップへの出走に意欲を見せており、同年は結局故障のため回避[8][9]したものの、翌年改めて参戦している。

当日に行われる重賞競走 編集

以下は2022年実施のもの。

施行順 競走名 競走格 出走条件 施行コース 総賞金額
第1レース ドバイカハイラクラシック G1 PA アラブ限定5歳以上 ダート2000m 100万ドル
第2レース ゴドルフィンマイル G2 サラブレッド(TB)北半球産4歳以上
サラブレッド南半球産3歳以上
ダート1600m 100万ドル
第3レース ドバイゴールドカップ G2[注 2] サラブレッド北半球産4歳以上
サラブレッド南半球産3歳以上
3200m 100万ドル
第4レース UAEダービー G2 サラブレッド北半球産3歳
サラブレッド南半球産4歳
ダート1900m 100万ドル
第5レース アルクォズスプリント G1[注 3] サラブレッド3歳以上 芝直線1200m[10][11] 150万ドル
第6レース ドバイゴールデンシャヒーン G1 サラブレッド3歳以上 ダート1200m 200万ドル
第7レース ドバイターフ G1 サラブレッド4歳以上 芝1800m 500万ドル
第8レース ドバイシーマクラシック G1 サラブレッド北半球産4歳以上
サラブレッド南半球産3歳以上
芝2410m 600万ドル
第9レース ドバイワールドカップ G1 サラブレッド北半球産4歳以上
サラブレッド南半球産3歳以上
ダート2000m 1200万ドル

関連項目 編集

世界的な競馬イベント同日複数重賞競走 編集

脚注・出典 編集

注釈 編集

  1. ^ a b A-PATとJRA-UMACAは日本時間の土・日曜日に中央競馬が実施される場合のみに利用可能
  2. ^ 2014年より格上げ。
  3. ^ 2012年より格上げ。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ドバイ国際競走ヒストリー - 日本中央競馬会、2015年3月28日閲覧
  2. ^ ドバイワールドカップデー特集 - netkeiba.com、2015年3月28日閲覧
  3. ^ a b 2021年ドバイワールドカップナイトの賞金は大幅削減(ドバイ)[開催・運営]”. 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2021年1月14日閲覧。
  4. ^ メイダン競馬場のAWコースは瞬発力問われる馬場に - J-horseman.com
  5. ^ 馬場のウエートが大きすぎるドバイWCに賛否の声 - 馬三郎タイムズ・2013年2月18日閲覧
  6. ^ オールウェザーの影響でドバイWCの価値が低下!? - 馬三郎タイムズ・2012年1月14日閲覧
  7. ^ 欧州トップホースの参戦でドバイWCはさらに白熱! - 馬三郎タイムズ・2013年2月18日閲覧
  8. ^ Derby winner Animal Kingdom won't race again this season - 2013年2月18日閲覧
  9. ^ Animal Kingdom out of Dubai World Cup - 2013年2月18日閲覧
  10. ^ 2011年から2016年までは芝直線1000mで施行
  11. ^ ドバイのアルクオーツスプリント 芝1200mへの距離延長が決定UMAJIN、2016年10月3日閲覧

外部リンク 編集