ドミトリー・パラマルチュク

ドミトリー・パラマルチュク(Dmitri Palamarchuk, 1979年12月17日 - )は、ウクライナ出身の男性フィギュアスケート選手。2002年ソルトレイクシティオリンピックペアウクライナ代表。1998年、1999年世界ジュニア選手権ペアチャンピオン。パートナーはタチアナ・チュバエワユリア・オベルタス、アレクサンドラ・テテンコ。

ドミトリー・パラマルチュク
Dmitri Palamarchuk
Figure skating pictogram.svg
2011 WFSC 2d 470 Dmitri Palarmarchuk.JPG
基本情報
生年月日 (1979-12-17) 1979年12月17日(40歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ドニエプロペトロフスク
身長 175 cm
選手情報
元パートナー タチアナ・チュバエワ
ユリア・オベルタス
アレクサンドラ・テテンコ
元コーチ Dmitri Shkidchenko
元振付師 Alexander Tumanovski
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
1998 セントジョン ペア
1999 ザグレブ ペア
2000 オーベルストドルフ ペア
ジュニアグランプリファイナル
1997 ローザンヌ ペア
1998 デトロイト ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

ウクライナのドニプロペトロウシクに生まれ、4歳のころにスケートを始めた。当初はユリア・オベルタスとペアを結成し、1997-1998年シーズンより創設されたばかりのISUジュニアシリーズ(現在のISUジュニアグランプリ)に参戦。JGPファイナルでは初代優勝ペアとなり、世界ジュニアフィギュアスケート選手権を制した。翌1998-1999年シーズンもJGPファイナルと世界ジュニア選手権の2冠を達成する。

1999-2000年シーズンにはシニアクラスのISUグランプリシリーズにも参戦。ISUグランプリシリーズではメダルこそ無かったものの、ネーベルホルン杯では3位と健闘した。3連覇の懸かった世界ジュニアでは、同じウクライナのアリオナ・サフチェンコ&スタニスラフ・モロゾフ組に敗れ2位となる。2度目の出場となった2000年世界選手権ではフリースケーティングのリフトで転倒し棄権。直後にユリア・オベルタスとのペアを解消し、新たにタチアナ・チュバエワとペアを結成。

2001-2002年シーズン、ソルトレイクシティオリンピックに出場したが16位と振るわなかった。翌2002-2003年シーズンをもってチュバエワとのペアも解散する。2005-2006年シーズンにアレクサンドラ・テテンコとペアを組み2006年トリノオリンピックを目指したが、ウクライナ選手権で3位に終わりオリンピック出場は叶わなかった。

主な戦績編集

大会/年 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2005-06
オリンピック 16
世界選手権 16
欧州選手権 棄権 6 10
ウクライナ選手権 1 2 3 1 1 3
GPスケートアメリカ 8
GPスケートカナダ 5 9
GPネイションズ杯 6
GPエリック杯 7 9
スケートイスラエル 1
フィンランディア杯 1
ネーベルホルン杯 3 5
世界Jr.選手権 1 1 2 12
JGPファイナル 1 1
JGPサン・ジェルヴェ 1
JGPブラオエン・シュベルター杯 2
JGPウクライナ記念 1

詳細編集

2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年1月20日-26日 2003年ヨーロッパフィギュアスケート選手権マルメ 10 10 10
2002年11月14日-17日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯パリ 10 9 9
2002年10月31日-11月3日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 7 9 9
2002年10月23日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカスポケーン 8 8 8
2002年10月4日-6日 フィンランディア杯ヘルシンキ 1 2 1

外部リンク編集