ドメスティック・フィアー

ドメスティック・フィアー』(原題:Domestic Disturbance)は、2001年制作のアメリカ合衆国サスペンススリラー映画

ドメスティック・フィアー
Domestic Disturbance
監督 ハロルド・ベッカー
脚本 ルイス・コリック
製作 ハロルド・ベッカー
ドナルド・デ・ライン
ジョナサン・D・クレイン
出演者 ジョン・トラボルタ
ヴィンス・ヴォーン
音楽 マーク・マンシーナ
撮影 マイケル・セレシン
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年11月2日
日本の旗 2002年4月6日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $54,249,294[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

造船工場を経営するフランクは数年前に妻スーザンと離婚、幼い息子ダニーとも離されて侘びしく暮らしていた。そんなスーザンが裕福な会社経営者リックと出会い再婚する事になったが、ダニーは粗暴な彼になじむ事が出来ないでいた。

ある日、ダニーはフランクにこっそり会いに行こうとリックの車に密かに乗り込むが、リックがレイという謎の男を殺害する現場を目撃してしまう。ダニーはフランクにその事を話し、2人は警察に行くが、ダニーの話を誰もまともに聞いてくれない。

フランクはただ1人、ダニーの味方としてリックの身辺調査を独自に行ないその結果、リックの正体が凶悪な犯罪者である事を知る。その頃、リックの魔の手はスーザンとダニーに伸びつつあった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

造船工場の経営者[2]

実業家。スーザンの婚約者であり後に結婚。[2]

スーザン - テリー・ポロ勝生真沙子

フランクの元妻[2]

フランクとスーザンの息子[2]

リックの友人を自称する男[2]

  • ダイアン - スーザン・フロイド(金野恵子

フランクと付き合いのある女性。

巡査部長

フランクの経営する造船工場で事務を務めている。

脚注編集

外部リンク編集