ドメニコ・スカルラッティ

ジュゼッペ・ドメニコ・スカルラッティ(Giuseppe Domenico Scarlatti, 1685年10月26日 - 1757年7月23日)は、イタリアナポリ出身で、スペインマドリードで没した作曲家。現在では、もっぱら民族色豊かな鍵盤語法が繰り広げられる多数のチェンバロのためのソナタ[1]チェンバロのための練習曲集によって知られる。

ドメニコ・スカルラッティ
Domenico Scarlatti
Retrato de Domenico Scarlatti.jpg
基本情報
生誕 1685年10月26日
ナポリ王国の旗 ナポリ王国 ナポリ
死没 (1757-07-23) 1757年7月23日(71歳没)
Flag of New Spain.svg スペイン帝国 マドリード
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

略歴編集

 
Essercizi per gravicembalo (1738)

1685年、ドメニコは有名な作曲家であるアレッサンドロ・スカルラッティの子として、ナポリに生まれた。10人兄弟の6番目の子だった。スカルラッティ家はバッハ家クープラン家と同様の音楽家の一族だった。1701年にナポリの教会付き作曲家兼オルガン奏者に15歳で就任した。父の命令によって1705年にヴェネツィアに移ったが、ここでスカルラッティが何をしたかは伝わっていない[2]。1709年からはローマに住み、同地に当時亡命していたポーランド王妃マリー・カジミールの音楽監督(maestro di cappella)の職を得た。また、サン・ピエトロ大聖堂のジュリア礼拝堂で働き、1714年末に音楽監督のトンマーゾ・バイが没すると、その後を引き継いだ[2]

ローマ時代にはヘンデルとチェンバロおよびオルガンの腕前を競い合ったという逸話がある。チェンバロの勝負においては二人の差はなかったが、オルガンの勝負では明らかにヘンデルが勝っており、スカルラッティもそれを認めたという[3]。しかしこの逸話を証明できる資料は存在しない。

1714年にポルトガル大使のフォンテス侯爵と知り合ったことが機縁で、1719年ポルトガル王ジョアン5世はスカルラッティを王室礼拝堂の音楽監督に任命した。スカルラッティは1719年11月29日にリスボンに到着した。彼はまた王の兄弟であるドン・アントニオおよびマリア・マグダレーナ・バルバラ王女に音楽を教えた[2]

1728年、スカルラッティはイタリアで16歳のマリア・カタリーナ・ジェンティリと結婚した[2]

1729年にマリア・バルバラがスペイン王家の王太子フェルナンドに嫁いだため、マドリードへ移った。

1738年、ジョアン5世はスカルラッティをサンティアゴ騎士団の騎士に叙した。スカルラッティは最初のソナタ集である「Essercizi per gravicembalo」(チェンバロ練習曲集、30曲。K.1-30)を出版し、ジョアン5世に献呈した[2]。スカルラッティの名声はこの曲集によってヨーロッパ中に広がった。最終曲が有名な「猫のフーガ」である。

フェルナンドは1746年にスペイン王フェルナンド6世として即位し、マリア・バルバラは王妃になった。スペインの宮廷ではファリネッリを中心としてイタリア・オペラが盛んになったが、スカルラッティはオペラの作曲には加わらなかった。

1757年にマドリードで没した。小惑星6480 Scarlattiは彼にちなんで1988年に命名された。

作品編集

スカルラッティは鍵盤作品の作曲者として有名であるが、これ以外のジャンル(歌劇や宗教曲など)も遺している。同時代の作曲家と同様に散逸作品が多く、真作の判定が難しいものがある。

歌劇編集

  • 王位回復したオッタヴィア(33曲のアリアのみ現存)
  • イレーネ(33曲のアリアのみ現存)
  • シーロのテティーデ(最後の4ページ消失)
  • ハムレット
  • 捨てられたディドーネ

管弦楽曲編集

  • 17のシンフォニア

チェンバロ作品編集

校訂版編集

スカルラッティの鍵盤作品を整理する作品番号は5種類ある。19世紀に編纂したカール・チェルニーによる番号(Cz.)、20世紀初頭にアレッサンドロ・ロンゴ英語版によってつけられたロンゴ番号(L.)[5]、1953年のラルフ・カークパトリックの著書によるカークパトリック番号(K. または Kk.)[6]、1967年のジョルジョ・ペステッリ英語版の著書によるペステッリ番号(P.)、そして音楽学者で鍵盤楽器奏者のエミリア・ファディーニイタリア語版がつけたファディーニ番号(F.)[7]である。かつてはロンゴ番号が広く使われたが、現在最も多く使われているのはカークパトリック番号である。

現時点でスカルラッティがどのくらいの鍵盤曲を完成させたのか詳しいことは不明で、カークパトリックが真作と認めなかったソナタも伝承の形で少なくとも15曲以上は残されている。

1839年カール・チェルニーによって、スカルラッティ作品が写本からようやく解放され再編纂された[8]

20世紀はじめに、当時知られていたスカルラッティのソナタの全集がアレッサンドロ・ロンゴ英語版の校訂[9]によってリコルディ社から出版された。

ラルフ・カークパトリックの1953年の著書では、ロンゴの全集が勝手に曲の順序を並べ替えている上、ピアノによる現代的な演奏慣習にひきずられ、スカルラッティの本来の姿から離れていると批判した[10]。しかしカークパトリック本人が校訂した曲は60曲だけであった。その後ケネス・ギルバートウジェル社フランス語版より全鍵盤作品の校訂を発表した。

ジョルジョ・ペステッリは559曲まで真作と断じている[11]

エミリア・ファディーニイタリア語版[注釈 1]による、より忠実な版がリコルディ社によって出版されているが、1978年から1995年までかけて8巻(457曲)を出版したところで止まってしまった。その後マルコ・モイラーギ[12]を新たに編集者に加え、2016年に第9巻が発売され2021年に第10巻で完結した[13][14]。モイラーギは、517番以降にチェンバロのための練習曲集を充てている。

セレナータ編集

  • 四季の口論(第2部消失)

オラトリオ編集

  • クリスマス・カンタータ

宗教作品編集

  • ミサ曲 ニ長調
  • ミサ曲 イ短調
  • 4声のミサ曲 ト短調
  • スターバト・マーテル ハ短調(10声)
  • テ・デウム
  • われ喜びに満てり

カンタータ編集

  • A chi nacque infelice
  • Che si peni in amore

備考編集

1917年にバレエ・リュスによって上演されたバレエ『上機嫌な婦人たち』はカルロ・ゴルドーニの喜劇にもとづき、音楽はスカルラッティのソナタをヴィンチェンツォ・トンマジーニ英語版が編曲したものによっている。

関連項目編集

参考文献編集

  • ラルフ・カークパトリック 著、原田宏司監訳、門野良典 訳 『ドメニコ・スカルラッティ』音楽之友社、2018年 (原著1953年、1982年)。ISBN 978-4-276-22216-8 

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ファディーニは、カークパトリックが編纂した555曲の鍵盤作品の内、9曲の信憑性を疑っている。

出典編集

  1. ^ his nearly 600 pieces for solo keyboard instruments”. chrishail.net. chrishail.net. 2021年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e John Whenham (2001). “Domenico Scarlatti”. The New Grove Dictionary of Music and Musicians. 22 (2nd ed.). Macmillan Publishers. pp. 398-417. ISBN 1561592390 
  3. ^ Mainwaring, John 『Memoirs of the Life of the Late George Frederic Handel』London、1760年、59,60頁。 
  4. ^ 全6巻(CD35枚)570曲にも及びます。”. www.hmv.co.jp. www.hmv.co.jp. 2021年3月12日閲覧。
  5. ^ カークパトリック 2018, pp. 480–482, ロンゴ版の順序によるソナタの一覧表.
  6. ^ カークパトリック 2018, pp. 449–479, スカルラッティ・ソナタの目録およびほぼ年代順に従った主要資料の一覧.
  7. ^ Complete sonatas vol.1 Spanish influence”. www.stradivarius.it. www.stradivarius.it. 2021年4月6日閲覧。
  8. ^ Brahms and Scarlatti”. www.jstor.org. www.jstor.org. 2021年3月14日閲覧。
  9. ^ Authenticと銘打たれているが、実際にはLongoの改訂が幅を利かしている。”. www.stretta-music.com. www.stretta-music.com. 2021年3月14日閲覧。
  10. ^ カークパトリック 2018, pp. 253–257, X スカルラッティの和声: ロンゴの「訂正」とスカルラッティの意図.
  11. ^ Music and Letters, Volume XLIX, Issue 2, April 1968, Pages 183–187”. academic.oup.com. academic.oup.com. 2021年3月14日閲覧。
  12. ^ Curriculum vitae di Marco Moiraghi”. www.cpsm.net. www.cpsm.net. 2021年3月14日閲覧。
  13. ^ Volume 10”. www.musicshopeurope.com. www.musicshopeurope.com. 2021年7月12日閲覧。
  14. ^ Scarlatti: Sonate per clavicembalo vol. 10”. www.ricordi.com. www.ricordi.com. 2021年7月12日閲覧。

外部リンク編集