ドラえもん のび太の恐竜

ドラえもん のび太の恐竜』(ドラえもん のびたのきょうりゅう)は藤子・F・不二雄SF漫画ドラえもん』中のエピソードのひとつ。およびそれに大幅に加筆修正し、月刊コロコロコミック1980年(昭和55年)1月号から1980年3月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品と、この作品を元に1980年3月15日に公開されたドラえもん映画作品。大長編・映画ともに第1作。

ドラえもん
のび太の恐竜
Doraemon:
Nobita's Dinosaur
監督 福冨博
脚本 藤子不二雄
松岡清治
原作 藤子不二雄
出演者 レギュラー
大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
たてかべ和也
肝付兼太
ゲスト
横沢啓子
島宇志夫
加藤精三
音楽 菊池俊輔
主題歌 大山のぶ代ヤングフレッシュポケットの中に
撮影 小池彰、高橋明彦
編集 井上和夫、森田清次
制作会社 シンエイ動画
製作会社 シンエイ動画
小学館
配給 東宝
公開 日本の旗 1980年3月15日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 15億5000万円[1]
次作 ドラえもん のび太の宇宙開拓史
テンプレートを表示

第2回ゴールデングロス賞最優秀金賞受賞作品。

また、2006年に本作のリメイク作品である『ドラえもん のび太の恐竜2006』が公開された。

概要編集

ジョイ・アダムソン小説野生のエルザ』をモチーフに[2]白亜紀にあたる1億年前の北米西海岸を舞台としてのび太と恐竜ピー助との交流を描いた作品。

学年誌に掲載される『ドラえもん』は1話10ページ前後であるが、1975年9月5日の『増刊少年サンデー』に掲載されるにあたって、30ページの(長めの)短編「のび太の恐竜」として執筆された。同年、てんとう虫コミックス10巻に収録された。当時、藤子・F・不二雄のアシスタントを務めていたえびはら武司は、「のび太がタマゴを孵す」「孵化したものがのび太に懐く」「別れ」といった本作のストーリーラインと同じく『ドラえもん』の『台風のフー子』との類似性を指摘している。[3]

その後、1979年小学館シンエイ動画楠部三吉郎が藤子にドラえもんの長編映画化を持ちかけた。「僕は短編作家」と断る藤子・F・不二雄に、楠部が短編「のび太の恐竜」の続きを描くことを提案して了承され、映画化がスタートした[4]。この短編に大幅な加筆修正を行うかたちで1979年12月発売の『コロコロコミック』1月号から3月号までの連載となる長編作品が執筆され、これが「大長編ドラえもん」の第1作となった。なお、楠部によると当初東映まんがまつりの1作として『ドラえもん』のテレビシリーズを上映する話が持ち込まれたが、藤子がこれを断ったことで小学館から長編映画製作の提案が持ち上がったという[4]

単行本に収録する際、雑誌連載版に35ページもの加筆とその他各所の修正が行われた。その後の作品でもこの単行本収録時の加筆・修正は行なわれたが、それが最も顕著だったのはこの作品である。雑誌連載版では、「1億年という時間に関するドラえもんの説明」「食べ物探し中の爬虫類・哺乳類の解説」「自分の想像で気絶するスネ夫としずかを思いやるのび太」などの場面は存在しない。逆に雑誌連載版にあった恐竜ハンターの母船の登場場面は、単行本では小型艇に差し替えられている。また、セリフのみの修正も何か所か見受けられ、例えば火口湖でティラノサウルスに襲われる恐竜の名前は雑誌連載版および単行本の初期の版では「ブロントサウルス」であったが、現在の単行本では近年の恐竜研究に基づき「アパトサウルス」と改められている[注 1]。この雑誌連載版は、2006年に発行された「ぴっかぴかコミックススペシャル カラー版 ドラえもん のび太の恐竜」で確認することができる。

また、本作では恐竜狩りを重大な悪事(航時法違反)として描いているが、本作以前に描かれた原作の短編ではドラえもん達が娯楽として恐竜狩りを楽しむ話(「恐竜ハンター」てんとう虫コミックス2巻収録)や、恐竜を現代に無理やり連れてくる話(「きょうりゅうがきた」藤子・F・不二雄大全集3巻収録)などが存在する[注 2]。これは藤子が、本作をよく理解していないことから発生した矛盾だと、藤子不二雄宮崎駿との鼎談で語っており[5]、「『矛盾しているじゃないか』という投書がきましたよ(笑)」とも振り返っていた。テレビアニメ第2作第2期『恐竜ハンター』(2015年2月6日放送)では、恐竜を捕まえる行為は「恐竜ハンティング」と呼ばれていて、捕まえた後ハンティングセンターの人達が元の世界、場所に戻すとドラえもんが説明している[注 3]

当初のシナリオ第一稿には出木杉が登場しており、1億年前での冒険にも参加していたが、完成した映画では、出木杉は一切登場することはなかった。なお、このシナリオで出木杉は「タケコプターの電池の持たせ方」「ブロントサウルスの解説」「日本へ陸伝いに帰る」「ラジコンで恐竜ハンターたちを出し抜く」など、作中で重要な解説をしたり、アイディアを出したりしている(完成版では、それらの役割はドラえもん・のび太・スネ夫に置き換えられた)。

次回作『のび太の宇宙開拓史』のオープニング映像では、ティラノサウルスやプテラノドンがカメオ出演している。

一部ではスティーヴン・スピルバーグが来日中に同時上映の『モスラ対ゴジラ』目当てで入った映画館で本作を見て、『E.T.』などの作品に影響を与えたといわれ、小学館発行の『藤子・F・不二雄の世界』(1997年)などで言及されている。[6]

映画化の際には『野生のエルザ』のほか、『駅馬車』(1939年、ジョン・フォード監督映画)、『恐竜100万年』(1966年、ドン・チャフィ監督映画)も参考にされた[7]

映画のビデオソフト化は1980年に小学館ビデオからVHSカセット版とβカセット版で発売。最初のリリースではモノラル音声であったが、1990年からのリニューアル・廉価版(VHSカセット・LD。ともに絶版)以降はステレオ収録に変更された。

VHD版はパッケージに「ビスタサイズ・ノーカット版」と表記されているがこれは誤植であり、実際はスタンダードサイズで収録されている[8]

映画ドラえもん史上では唯一クレジットで「作」と表記されており、本作以降の作品では一貫して「作」表記となっていた。声優・スタッフ交代後の映画シリーズでは製作委員会方式でかつ「作委員会」と呼称されていたが、2015年の『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』より「作」「作委員会」表記に再変更される。

なお、分類学上の「恐竜」とは中生代に繁栄した大型爬虫類のうち陸生の直立歩行する系統のみを指し、本作で首長竜のピー助をはじめ翼竜なども一括りに「恐竜」として扱っているのは、学術的な用法ではない。また、本作では首長竜を卵から孵化させているが、本作公開後(妊娠中の首長竜の化石があると判明した2011年以降)の古生物学では、実際の首長竜は胎生もしくは卵胎生であり、卵を産むことはなかったと考えられている。

略歴編集

  • 1975年、短編作品として「増刊少年サンデー」に掲載。この短編はピー助を白亜紀の日本に返したところで終了している。
  • 1979年10月、コロコロコミック誌上で最初の映画製作発表。
  • 1979年12月、コロコロコミック1月号から最初の短編に大幅なページ増加をした大長編を3ヶ月に分けて発表。
  • 1980年3月15日「大長編ドラえもんシリーズ」の映画第1作目公開。配給収入15億6000万円、観客動員数320万人。併映作品は『モスラ対ゴジラ』(1964年公開作品のリバイバル上映)。リバイバル版のモスゴジポスターは松本零士が手掛けた。
  • 1983年、大長編原作連載にさらに改ページを加えたものをてんとう虫コミックス(現:てんとう虫コロコロコミックス)単行本として発売[注 4]
  • 1994年、ミュージカルとして上演。日本のみならず、香港やマレーシアでも上演された。ビデオも発売されている。
  • 2006年、『ドラえもん のび太の恐竜2006』としてリメイクされて公開。また「ぴっかぴかコミックス」にて、雑誌掲載版を元にしたカラー版コミックスが発売された。
  • 2020年9月5日、『50周年だよ! ドラえもん誕生日スペシャル!』で短編『のび太の恐竜』が初アニメ化された。[9]

あらすじ編集

短編版編集

スネ夫にティラノサウルスの爪の化石を見せてもらうのび太たちだったがのび太だけは化石を触らせてもらえず、悔しがり、「恐竜の化石を一匹分丸ごと見つけてみせる」と突拍子もない宣言をしてしまう。

その後、偶然にも首長竜の卵の化石を発掘したのび太は、タイムふろしきを使って、卵を化石になる前の状態に戻し、孵化させる。のび太は孵化したフタバスズキリュウの子供をピー助と名づけて可愛がり、ピー助ものび太を慕って育つ。

だが、成長するにつれて、ピー助を現代で育てていくのが困難になってきた為、予定よりも早く、スネ夫たちにピー助を見せることにするのび太。スネ夫たちは出かけてしまっていた為、それは叶わなかったもののピー助の本当の幸せを願い、のび太はタイムマシンでピー助を白亜紀の世界へ帰すのだった。

短編版+長編版編集

  • 長編版での短編への追加エピソード1
    • 「人に慣れた恐竜」を見た未来世界の密猟者「恐竜ハンター」がのび太の前に現れ、狩りの囮にすべくピー助の買い取りを申し出るが、のび太は断る。
  • 長編版での短編への追加エピソード2
    • ピー助を白亜紀へ連れ帰るときに、ピー助を奪うために恐竜ハンターが攻撃をしかけてくる。ピー助を白亜紀に帰すことには成功するが、タイムマシンの空間移動機能が損傷していたことが後に判明する。

長編版編集

ピー助を白亜紀に帰したのび太だったがピー助を皆に見せる前に帰してしまったことから、ジャイアンとスネ夫だけでなく、しずかにまでピー助のことで嘘つきと思われてしまう。やむを得ず、のび太は白亜紀のピー助の姿をタイムテレビで見せるがピー助を本来の棲息地である日本近海ではなく、北アメリカ(エラスモサウルスの生息域)へ置いて来てしまったことが判明。ドラえもんとのび太は、しずかたちも加えて、タイムマシンで再びピー助の許へ向かう。ピー助と再会したのび太は自分が嘘つきでないことを証明し、3人はのび太に謝罪する。だが、先日の恐竜ハンターの攻撃でタイムマシンの空間移動機能が破損したままに加え、しずかたちも無理やり同乗したことで定員オーバーを起こし[注 5]、タイムマシンの空間移動機能は完全に壊れてしまった。不幸中の幸いは時間移動機能は無事であることだが帰るためには1億年後にのび太の机が置かれることになる場所にタイムマシンを置く必要があり、一行は当時、北アメリカとアジアの両大陸が陸続きだった北回りルートで日本を目指して出発する。

移動手段の主力となるタケコプター[注 6][注 7]の故障や狂暴なティラノサウルスの襲撃等、数々の冒険を経て、進み続ける一行の前に恐竜ハンターが現れ、「ピー助を渡してくれるのなら、こちらのタイムマシンで元の時代に送り届ける」と取引を持ち掛けて、一時的に姿を消す。 その夜、限界を迎えたスネ夫は「ピー助は殺されるわけではないので取引に応じよう」と口にするものび太としずかに猛反対され、ジャイアンの友情もあって、スネ夫も冒険を続ける覚悟を固める。結束を新たにしたドラえもん一行は、恐竜ハンターのタイムマシンを乗っ取ることを思いつくが、その前にしずかとスネ夫とジャイアンの3人が捕らえられてしまう。助けに来たドラえもんとのび太を誘い寄せて、ピー助を奪うために恐竜ハンターは自分たちの秘密基地に招待するが、この様子は以前から恐竜ハンターの逮捕を計画していたタイムパトロールの監視カメラに捉えられており、タイムパトロールは好機と見て緊急出動する。

恐竜ハンターたちは捕らえていたティラノサウルスをけしかけ、のび太にピー助を渡すように迫る。しかし、このティラノサウルスは以前、ドラえもん一行を襲った際に 桃太郎印のきびだんごを食べていた個体だった為、形勢は逆転。ドラえもん一行はティラノサウルスと共に秘密基地内で大暴れし、恐竜ハンターたちは突入して来たタイムパトロールに逮捕された。タイムパトロールに助けられた一行は、1億年後に日本になる海へピー助を帰し、現代に戻っていった。

声の出演編集

ゲストキャラクター編集

ピー助
- 横沢啓子
のび太が孵化させて育て上げたフタバスズキリュウ。性格は温和で甘えん坊。刷り込み効果の上、のび太に育てられたため、彼を実の親のように慕っている。
ガケシタさん
声 - 加藤正之
崖で化石発掘中ののび太に敷地に土砂を落とされ、庭や車を汚された男性。罰としてのび太に生ゴミを埋める穴を掘らせたことが、のび太とピー助との奇蹟的な出会いのきっかけともなった。名前の初出は書籍「(コロコロコミックデラックス)映画アニメドラえもん のび太とアニマル惑星」に掲載の記事「映画アニメドラえもん大事典 THE ENCYCLOPEDIA OF"DORAEMON"THE MOVIE」。
ドルマンスタン(ドルマンスタイン)
声 - 島宇志夫大塚周夫(ミュージカル版)
24世紀(2314年)のメガロポリスに住む大富豪。通称・略称はドルマン[10]
違法行為である恐竜のコレクションを趣味としており、未来世界の密猟者である恐竜ハンターの雇い主で、人間に飼い馴らされた珍しい首長竜であるピー助を手に入れようと企む。目的のためには手段を選ばず、狩猟感覚でのび太たちを追い詰めることを楽しむ冷酷な極悪人。最後にはタイムパトロール隊に秘密基地の場所を見つけられ、手下たちと共に逮捕された。
単行本初期版と、その他で、名前が違う。単行本初期版では「ドルマンスタン」、映画では「ドルマンスタイン」で、後に全て「ドルマンスタイン」で統一され、単行本から「ドルマンスタン」は消えた。1995年の映画『2112年 ドラえもん誕生』にも相棒と共に登場し悪役を務める。
黒い男(恐竜ハンター)
声 - 加藤精三
恐竜を不法に捕らえて金持ちに売り付ける未来世界の密猟者一味・恐竜ハンターのボス。ドルマンに恐竜を渡して金をもらっている。最後はドルマンともどもタイムパトロール隊に逮捕された。
彼のタイムマシン「スコルピオン」は、その名の通りサソリを模した形状になっている。
短編から大長編への加筆にあたって、短編内のエピソードの合間に追加されたキャラクター。彼が出てこないバージョンが短編である。
作中では名で呼ばれず、単に「黒い男」「恐竜ハンター」などと呼ばれる。複数作品に登場するが、名称が一貫しない。映画版では「黒い男」、リメイクの『のび太の恐竜2006』では「黒マスク」とクレジットされる。ミュージカル版では「ハンボス」という個人名が付けられている。1995年の映画『2112年 ドラえもん誕生』にもドルマンと共に登場し悪役を務める。
タイムパトロール隊
声 - 加藤正之[注 8](隊長)、井上和彦(隊員)、宮村義人(隊員)
時空犯罪を取り締まる治安部隊。24世紀のメガロポリスに本部を置く。巡視船「タイムマリン」で、時間や場所を問わず常に巡回活動をしている。違法な恐竜狩りを繰り返しているドルマン一味を追っている。

登場する恐竜・古代生物編集

  • ティラノサウルス - 大型の肉食恐竜。キャンプ中に遭遇、ブロントサウルスのいる火口湖にも出現、そして恐竜ハンターのアジトと3度登場する。また作品冒頭でスネ夫が自慢していたのは、ティラノサウルスの爪の化石である。
  • フタバスズキリュウ(2006年にフタバサウルスと命名された種) - ピー助の種。終盤の日本近海で群れが登場し、ピー助を仲間に迎える。
  • エラスモサウルス - 北米の海に生息する、大型の首長竜。異種のピー助を仲間とは認めず、群れで威嚇していた。
  • アーケロン - 巨大な海亀。のび太たちがピー助と共に海水浴をしていた際に登場。
  • トリコノドン - ネズミに似た原始的な哺乳類。ネズミ嫌いのドラえもんを驚かせる。
  • オーニソミマス(オルニトミムス) - ダチョウのように疾走する小型の雑食恐竜。「桃太郎印のきびだんご」を食べさせてのび太たちが騎乗した。
  • ブロントサウルス(概要も参照。単行本の版によってはアパトサウルスと記載される種) - 大型の草食恐竜。火口湖で群れをなしていたが、ティラノサウルスの襲撃を受ける。
  • プテラノドン - 大型の翼竜。渓谷を通過中だったのび太達を群れで襲撃して追い詰め、「桃太郎印のきびだんご」及び、タケコプターを使用不能にさせる。

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ「ぼくドラえもん
作詞 - 藤子・F・不二雄 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / うた - 大山のぶ代こおろぎ'73
エンディングテーマ「ポケットの中に
作詞 - 武田鉄矢 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / うた - 大山のぶ代、ヤング・フレッシュ
次作の「のび太の宇宙開拓史」のエンディングテーマにも使われ(主題歌の「心をゆらして」はエンディングの直前で流れる)、本作品のミュージカル版では挿入歌として使用された。
挿入歌
ドラえもんのうた
作詞 - 楠部工 / 補作詞 - ばばすすむ / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / うた - 大杉久美子 / セリフ - 大山のぶ代(ドラえもん

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 連載当時「ブロントサウルス」とされていた恐竜はアパトサウルスと同一種だったことが判明し、ブロントサウルスという名称は使用されなくなった。。このエピソードには続きがあり、リメイクの2006ではアパトサウルスではない別種の恐竜に変わっている。
  2. ^ 『ドラえもん深読みガイド』(2006年)では「恐竜ハンター」について、専用の道具を使って捕獲していたことに目を付け、ドラえもんは釣り堀のような合法的な施設を利用したのではないかと結論付けている。
  3. ^ 彼によると、「恐竜ハンティング」はスポーツの一種であり、大昔の時代で捕まえた恐竜を生きたまま未来のハンティングセンターに渡せば、恐竜メダルというものに交換でき、このメダルをたくさん貯めるとハンティンググッズと交換できるという。
  4. ^ この単行本では源静香ののび太に対する呼称が「のび太さん」に変更されている(劇場映画版での呼称は「のび太くん」である。)。
  5. ^ 当時のタイムマシンの定員は3人だった。タイムマシンの項を参照
  6. ^ どこでもドアは白亜紀の地図がインプットされていないので使えない。
  7. ^ 連続運転により80km/hで8時間飛び続けるとバッテリーがあがってしまう設定がある。連続使用を控えればバッテリーは長期間もつため、1日4時間使用して20時間休ませることで日数をかけて日本を目指すことになった。
  8. ^ ミュージカル版では井上和彦が担当。

出典編集

  1. ^ 1980年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 「ドリーム・オン・ドラえもん(下)ドラえもんグラフィティ」『中日新聞中日新聞社、1999年11月7日、三重朝刊、21面。
  3. ^ 後に『台風のフー子』から映画『のび太とふしぎ風使い』が作られる。
  4. ^ a b 楠部三吉郎『「ドラえもん」への感謝状』小学館、2014年、74-79頁。ISBN 9784093883795
  5. ^ アニメージュ 1984年2月号」より
  6. ^ なお、ゴジラシリーズ、大長編ドラえもん両シリーズ共に後に観客動員数累計1億人を突破するシリーズの第1号となる。
  7. ^ QuickJapan」64号、太田出版、2006年
  8. ^ 『映画ドラえもん のび太の恐竜』VHD版ビスタサイズ伝説” (2009年4月7日). 2018年3月11日閲覧。
  9. ^ 50周年だよ!ドラえもん誕生日スペシャル!” (2020年9月5日). 2020年9月5日閲覧。
  10. ^ 書籍「(コロコロコミックデラックス)映画アニメドラえもん」より

関連項目編集

受賞歴編集

外部リンク編集