ドラえもん のび太の新恐竜

ドラえもん のび太の新恐竜』(ドラえもん のびたのしんきょうりゅう)は、2020年8月7日に公開予定の日本アニメ映画映画ドラえもんシリーズ通算第40作(アニメ第2作2期シリーズ第15作)。

ドラえもん
のび太の新恐竜
Doraemon:
Nobita's New Dinosaur
監督 今井一暁
脚本 川村元気
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
ゲスト
木村拓哉
渡辺直美
音楽 服部隆之
主題歌 Mr.ChildrenBirthday」、「君と重ねたモノローグ
編集 小島俊彦
制作会社 シンエイ動画
製作会社 映画ドラえもん製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2020年8月7日(予定)
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラえもん のび太の月面探査記
次作 STAND BY ME ドラえもん 2(番外)
テンプレートを表示

通常は3月に上映されるドラえもんの映画であるが、今作は後述の事情により『ぼく、桃太郎のなんなのさ』以来、約39年振り[1]に夏休み映画として公開される2D映画でもある。

概要編集

ドラえもん連載50周年記念作品[2]。『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』(2015年)以来5年ぶりに児童小説や原作の短編を原案としない完全オリジナル作品であり、アニメ第2作の2期としては初の4年連続のオリジナル作品となる。同時に本作は、映画第1作『のび太の恐竜』(1980年)公開40周年を記念した作品でもあり、恐竜にスポットを当てた作品群ではリニューアル後初の作品である第26作『のび太の恐竜2006』(2006年)以来で、通算3作目となる[3]

オリジナルストーリーの本編の漫画版が描かれるのは5年、外伝ストーリーが描かれるのは4コマ漫画を含め3年ぶりとなる。本編と外伝ストーリーが同時に描かれるのは初めてである。映画版は後述の諸事情により上映が延期になったが、漫画版や小説版の発売日は変更されなかった。このため漫画版は、『ドラえもん』の映画で初めて映画上映前に結末の部分が先行公開された[4]

沿革編集

2019年
  • 7月4日 - タイトルが発表される。同時にティザービジュアルと特報映像が公開。
  • 9月14日 - 『月刊コロコロコミック』10月号より漫画版が連載開始。
  • 11月19日 - 主題歌(Birthday)発表。特報映像第二弾が公開。
  • 11月23日 - 90秒予告編が公開。
  • 11月30日 - 『ちゃお』1月号よりコミカライズ版が連載開始。
2020年
  • 1月9日 - 2つ目の主題歌(君と重ねたモノローグ)が発表され、スペシャル映像「君と重ねたモノローグ」ver.が公開。
  • 2月19日 - スペシャルPV~Mr.Children W主題歌ver.~が公開[5]
  • 2月22日 - 15秒TVCM(タイトル無し、「キューミュー篇」、「ゲスト声優・木村拓哉篇」の3種類)が公開。
  • 2月27日 - 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響で、公開日を3月6日から延期することを決定[6]。第1期・第2期を通して、社会的状況による公開延期はこれが初[7]。これにより公開日の表示は「近日公開」となったが、一部の関連商品は当初の予定通りに発売された。
  • 3月19日 - 正式な公開日が8月7日に決定[8]。同日公開予定だった『STAND BY ME ドラえもん 2』は延期となった[9]

ゲスト声優編集

ゲスト声優は木村拓哉[10]渡辺直美。発表後に、本作の応援キャプテン、応援副キャプテンに就任した。『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』以来出演していた高橋茂雄は本作には出演せず、通常放送で2020年1月25日開始の関連コーナー「スネ夫としげおの君も今日から恐竜博士」への出演・後述の関連番組でナレーターを担当する程度になっている。

あらすじ編集

スネ夫の招待で恐竜展に訪れたのび太一行。化石発掘体験で、石ころしか発掘できないのび太を馬鹿にするジャイアンたちを見返すために、のび太は閉館時間ギリギリまで発掘を続ける。そこで発掘した新種の恐竜の卵を孵化させることに成功したのび太は、孵化した双子の恐竜に、キューとミューと名付け、飼育用ジオラマセットの中で育てていくが、キューとミューが町の住民に見られてしまい、白亜紀へと返しにいくこととなる。キューとミューの仲間を探す旅が始まる。ひみつ道具や恐竜たちの力を借りながら、恐竜の足跡を追う一行は謎の島にたどり着く[11][12]

声の出演編集

ゲストキャラクター編集

キュー
声 - 遠藤綾
のび太が出会った双子の緑色の赤ちゃん恐竜。間抜けで弱気なオスの羽毛恐竜[13]。ミューよりも身体が小さくて軽く、滑空もできない。
ミュー
声 - 釘宮理恵
のび太が出会った双子のピンク色の赤ちゃん恐竜。活発で人懐こいメスの羽毛恐竜[13]
ゴル
声 - 間宮康弘
ジャイアンがひみつ道具「ともチョコ」でともだちになったタルボサウルス[13](漫画・小説・ゲームではティラノサウルス)。
トップ
声 - 下和田ヒロキ
スネ夫が「ともチョコ」でともだちになったシノケラトプス[13](小説ではトリケラトプス。ゲームではのび太がトリケラトプスと勘違いするが、「角が一本だからその仲間」とドラえもんが補足する形となっている)。
たまご探検隊
ドラえもんのひみつ道具。キューやミューの仲間の恐竜探しに協力する[13]
恐竜博士
声 - 小野大輔
のび太に恐竜についてのアドバイスをしてくれる[13]
ジル
声 - 木村拓哉[14]
白亜紀にはまだ存在しないはずの猿のような姿に扮している謎の男。神秘に包まれた島に関する秘密を握っており、のび太たちの行動を監視。彼らの運命のカギも握る事となる。
ナタリー
声 - 渡辺直美[15]
ジルと通信した上で、同じくのび太たちの行動を監視する謎の女。

製作編集

企画・脚本編集

2020年が「『ドラえもん』連載開始50周年」、「映画40作目」「2020年東京オリンピック」というタイミングにあたるほか、『のび太の恐竜』(1980年、映画1作目)、『のび太の恐竜2006』(2006年、声優交代後1作目)とこれまでも節目では藤子Fが愛好した「恐竜」を扱っていた。このことから藤子プロは映画40作目のテーマを「恐竜」に決定し、『のび太の宝島』公開後、再び今井と川村に監督と脚本のオファーが出された[16][17]

川村によると藤子プロからのオーダーは子供が楽しめる「恐竜」や「コメディ」の要素に加え、「人類の進化」や「『のび太の恐竜』に対するオマージュ」といった親世代も楽しめる要素であり、それらをどう組み合わせるのかが難しいお題[18]であったという。さらには『のび太の恐竜』、『のび太と竜の騎士』(1987年)、『のび太の恐竜2006』で既に「恐竜」が3作あるため、当初は「やることがない」と怯んだとも語っている[19]。だが絶滅したとされる恐竜も最新の学説ではそうではなく、「なぜ恐竜は絶滅していないのか」「どういう形で生き残っているのか」ということを物語にすれば良いのではないかとシンプルに思い、「違うものを作るというよりかは、その先に描くべき物が自然に見つかるんではないか」という考えに至る[19]

ストーリーのプロットとしては『のび太の恐竜』をあえて踏襲する形を取り、そこに最新の恐竜学説や滑空する羽毛恐竜などの要素を盛り込むことで、異なる物語へ展開していく構成である[20][16]。川村によると『のび太の恐竜』と同じく卵を拾ってきて孵化させる展開はわざとであり、双子が生まれてくる瞬間からパラレルワールドだという[18]。両作のつながりに関してはメディアミックス作品ごとに異なっており、小説・ゲームでは仄めかす程度にとどめているが、むぎわらしんたろうによる映画ストーリー(漫画)では、明確に『のび太の恐竜』の後の物語として描かれている。

「恐竜」に加え取り上げられたのは「進化」と「ダイバーシティ(多様性)」であり、川村は本作の発表時に「多様性が叫ばれる中、それが綺麗事ではなく、人類の進化への歩みであることを語りたい」[21]とコメントしていた。今井も他者との違いが進化の本質であり、そこに「人と人の違いをプラスに考えよう」といったダイバーシティの要素を重ねることで、恐竜を通しそういった部分を描けるのではないかと気付いたという[20][16]

作画編集

作画は『のび太の恐竜2006』と同様にキャラクターから影を排しているのが特徴となっており、これはキャラクターデザインを務めた小島の意見が反映されたものである[20]。ただし光源や時間帯、天候などに合わせ場面によっては影を付け加えている。影に対しハイライトは意欲的に扱っており、本作ではドラえもんの頭やのび太たちの髪の毛へ基本的にハイライトが描き込まれている。また差し込む光に対し、キャラクターなどの描線にハイライトを重ねるといった手法を採用している。

3DCG編集

本作では大部分の恐竜が3DCGであり、これは福井県立恐竜博物館のアドバイスを参考[22]に表現した。

今井は「いい意味での違和感、主人公たちとは違う時代・世界の存在という異物感、恐竜なりの存在感」を際立たせ、3Dの良さを消さずに全体的なセルアニメの世界の中に入れ込む方法を試行錯誤した[23]という。

CGアニメーションスーパーバイザーを務めた森江康太は、2018年夏におまけ映像[24]に登場する恐竜のCGをまず依頼されており、本作も含めた制作期間としては1年以上関わっている。NHKの恐竜番組を手がけ、恐竜を研究していたことがオファーのきっかけとなった。インタビュー内で森江は表現と再現の差異に言及しており、本作では再現ではなくアニメならではの表現に舵をきったこと、試行錯誤をしながらアイデアを提案したことを語っている[25]

スタッフ編集

前々作『のび太の宝島』(2018年)で監督を務めた今井一暁と、脚本の川村元気が再度コンビを組む[3]。キャラクターデザインは小島崇史が初登板。小島は『のび太の宝島』において、のび太が長回しで走る場面の原画を担当している[26]

音楽編集

サウンドトラック編集

『「映画ドラえもん のび太の新恐竜」オリジナル・サウンドトラック』のタイトルで2020年3月4日に発売。全40曲収録。

主題歌編集

Birthday」/「君と重ねたモノローグ」(W主題歌)[27]
歌 - Mr.Children 作詞・作曲 - 桜井和寿
映画シリーズで初めてW主題歌になっている(前例として『ドラえもん のび太の宝島』の主題歌として星野源が『ドラえもん』〈主題歌〉と『ここにいないあなたへ』〈挿入歌〉の二曲が起用されたことはある)。また、Mr.Childrenが1つの作品に主題歌を2曲書き下ろすのも初となる。

登場するひみつ道具編集

ちゃお連載版に登場編集

  • 少年まんがライト
  • 少女まんがライト

関連・コラボ企画編集

きみが発掘した新恐竜イラストコンテスト編集

映画公開を記念し、オリジナルの恐竜を募集したイラストコンテスト。最優秀賞は応募先共通で映画パンフレットに応募作品と名前が掲載されるほか、映画パンフレットと『大長編ドラえもん』1巻から24巻のセットが、優秀賞は応募先によって別々の商品がプレゼントされる。

応募先別優秀賞編集

漫画編集

『映画ストーリー「映画ドラえもん のび太の新恐竜」』

むぎわらしんたろう作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気)[29][30]。『月刊コロコロコミック』2019年10月号 - 2020年3月号連載。単行本は2020年3月25日発売。ドラえもんチャンネルで期間限定の特別公開も行われ[31]、2019年10月15日 - 11月14日に第1話、11月15日 - 12月12日に第2話、12月13日 - 2020年1月14日に第3話、1月15日 - 2月14日に第4話、2月15日 - 3月14日に第5話が公開された。『月刊コロコロコミック』誌上での連載は第6話までとなっており、物語のラストは単行本に掲載する形で完結となる。

『映画 ドラえもん のび太の新恐竜~ふたごのキューとミュー~』

ときわ藍作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気、協力 - むぎわらしんたろう)[32][33]。本作のコミカライズとして『ちゃお』2020年1月号 - 4月号連載。単行本は2020年3月4日発売。連載第1回は一部ページをむぎわらが執筆するほか、ときわとむぎわらの対談が掲載された。のび太と恐竜たちの日常を描いた外伝ストーリーであり、外伝ストーリーが単品で発売されるのは本作が初である。

小説編集

『小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜』のタイトルで2020年2月6日に小学館ジュニア文庫より新書判、小学館文庫より文庫判が発売。文庫判は2月14日電子書籍版が発売。執筆は『小説 映画ドラえもん のび太の宝島』に引き続き涌井学が手がける。

家庭用ゲーム編集

Nintendo Switch用ソフト『ゲーム ドラえもん のび太の新恐竜』が2020年3月5日にフリューより発売[34]

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION編集

2019年7月13日 - 8月25日の期間中、「ドラえもん ARアトラクション 恐竜大冒険」が設置。

ドラえもん映画祭2020編集

本作の上映を記念し、東京神保町シアターにて2020年2月1日から3月5日に渡って『のび太の恐竜』から『のび太の月面探査記』までの39作品と藤子・F・不二雄原作の併映19作品の連続上映が開催される[35]。※2020年2月29日より臨時休館のため、一部プログラムを残したまま終了。

首都圏の鉄道会社編集

ジュラシック・ワールド編集

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは映画『ジュラシック・ワールド』とのコラボレーション「『映画ドラえもん のび太の新恐竜』ミーツジュラシック・パーク」が3月6日〜5月10日に行われる予定だったが、新型コロナウィルスの影響による臨時休園により開催時期が未定となっていたが、6月1日、開催期間が7月22日までに延長され、6月8日から段階的にパークを再開する方針が発表となった。※尚、当面の間は入場者を地域やスタジオ・パス等の事前購入者に限るなど制限を行う。

関連番組編集

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念スペシャル

WOWOWプライムにて放送。監督の今井一暁と脚本の川村元気が、映画ドラえもんシリーズや『のび太の新恐竜』について語る特別番組。ナレーションは高橋茂雄(サバンナ)。番組内では『のび太の新恐竜』の初期イメージボードや絵コンテの一部が公開された。

スタッフ
  • 構成 - 水野宗徳
  • CAM - 阿部安秀
  • 音響効果 - 若林雄二
  • 編集 - 江原英生
  • MA - 渡辺裕太
  • 技術協力 - 株式会社あお、FMT
  • デスク - 本田東子
  • AD - 飯塚恭平
  • AP - 冨永哲平
  • 演出・ディレクター - 増田真也
  • 制作プロデューサー - 松島志保
  • プロデューサー - 渡邉数馬
  • 取材協力 - 東宝
  • 協力 - 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ動画・ADK
  • 制作協力 - NEXTEP
  • 製作著作 - WOWOW
「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念 映画ドラえもんと恐竜の世界

J:COMオンデマンドにて2020年2月29日から5月31日までに先行独占配信。川村元気のスペシャルインタビューのほか、高橋茂雄(サバンナ)と恐竜くんが恐竜の知識を深めて映画の魅力に迫った。

「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念 恐竜・知っトクSP

アニマルプラネットにて2020年2月29日から3月8日に放送。番組内で映画に登場する恐竜について紹介したほか、応募者50名に恐竜柄今治タオルと「映画ドラえもん のび太の新恐竜」ぬいぐるみ(探検隊セットを身に付けたドラえもんがキューとミューの卵を抱いたもの)がセットでプレゼントされるキャンペーンを実施した。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 同映画と同じく歴代の映画シリーズに含まれていない3D映画『STAND BY ME ドラえもん』を含むと、約6年振りとなる。
  2. ^ ドラえもん50周年記念作品は「のび太の新恐竜」! 今井一暁監督&川村元気が再タッグ”. 映画.com (2019年7月4日). 2020年6月19日閲覧。
  3. ^ a b 映画ドラえもん、新作は『のび太の新恐竜』!シリーズ最高ヒットの監督&脚本家が再タッグ”. シネマトゥデイ (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。
  4. ^ ただし漫画版では、これまでの映画の漫画版と同じく設定や展開が映画版と異なる部分が多い。小説版でもこれまでの映画の小説版と同じく、映画版には無い設定やシーンが盛り込まれている。
  5. ^ Mr.Children、W主題歌が使用された「映画ドラえもんスペシャルPV」公開”. rockinon.com(2020年2月20日). 2020年2月23日閲覧。
  6. ^ 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』【公開延期のお知らせ】”. 2020年2月27日閲覧。
  7. ^ テレビアニメにおいては29日の通常放送及び映画『のび太の月面探査記』放送の冒頭で、ドラえもんにより告知された。ただし、感染症流行が原因である事は言及しなかった。
  8. ^ ニュース | 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 映画ドラえもん公式サイト. 2020年3月19日閲覧。
  9. ^ 映画「STAND BY ME ドラえもん 2」公式サイト”. 映画「STAND BY ME ドラえもん」公式サイト. 2020年3月19日閲覧。
  10. ^ 木村拓哉がアニメ映画に出演するのは『REDLINE』以来9年振り、『ハウルの動く城』も含めて3度目である。
  11. ^ マンガ『のび太の新恐竜』第4話特別公開中!! - ドラえもんチャンネル”. マンガ『のび太の新恐竜』第4話特別公開中!! - ドラえもんチャンネル. 2019年11月26日閲覧。
  12. ^ ストーリー | 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 映画ドラえもん公式サイト. 2019年12月19日閲覧。
  13. ^ a b c d e f 映画ドラえもん公式サイト”. 2020年2月15日閲覧。
  14. ^ キムタク×ドラえもん!木村拓哉、『ドラえもん のび太の新恐竜』出演に感激「ドッキリ企画かと」 SANSPO.COM 2020年1月16日
  15. ^ 「映画ドラえもん」渡辺直美が怪しい女・ナタリー役でゲスト出演”. コミックナタリー (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  16. ^ a b c アニメージュ』APRIL 2020 vol.502/P.88を参照。
  17. ^ キャスト/スタッフ|『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト. 2020年2月23日閲覧。
  18. ^ a b 伊集院光とらじおと』2020年3月5日放送分より。
  19. ^ a b 『『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念スペシャル』内のインタビューより。
  20. ^ a b c 月刊ニュータイプ』APRIL 2020 第36巻 第4号/P.129を参照。
  21. ^ キャスト/スタッフ|『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト. 2020年2月23日閲覧。
  22. ^ 月刊コロコロコミック』2019年10月号を参照。
  23. ^ 『アニメージュ』APRIL 2020 vol.502/P.89を参照。
  24. ^ 『のび太の月面探査記』(2019年)
  25. ^ 映画ドラえもん のび太の新恐竜を手がけたCGクリエイター・森江康太が考えるCG業界の未来”. クリエイターズステーション(ライター - 坂本彩) (2020年6月24日). 2020年6月25日閲覧。
  26. ^ 「映画ドラえもん のび太の宝島」今井一暁監督 動きそのもので楽しませる工夫と、のび太の見せ場 (2)”. アニメハック (2018年3月3日). 2019年11月22日閲覧。
  27. ^ 映画ドラえもん史上初! Mr.Children「君と重ねたモノローグ」がW主題歌に決定!”. 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト (2020年1月9日). 2020年2月23日閲覧。
  28. ^ ドラキッズ・小学館アカデミー在籍生のみ応募可能。
  29. ^ 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』コロコロ10月号から連載開始! むぎわらしんたろう先生が大激筆!!”. コロコロオンライン (2019年8月10日). 2019年8月10日閲覧。
  30. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」まんが版がコロコロコミックで連載開始決定!”. ドラえもんチャンネル (2019年8月10日). 2019年8月19日閲覧。
  31. ^ マンガ『のび太の新恐竜』第5話特別公開中!!”. ドラえもんチャンネル (2020年2月15日). 2020年2月18日閲覧。
  32. ^ ときわ藍のブログ『ちゃお1月号予告・ドラえもん』”. はてなブログ (2019年11月2日). 2019年11月16日閲覧。
  33. ^ 「ちゃお」1月号より、ときわ藍先生による『ドラえもん』連載スタート!”. ドラえもんチャンネル (2019年11月30日). 2019年12月16日閲覧。
  34. ^ 「ゲーム ドラえもん のび太の新恐竜」公式サイト”. フリュー. 2020年1月20日閲覧。
  35. ^ 来春開催決定!!「ドラえもん映画祭2020」”. 小学館 (2019年12月2日). 2019年12月3日閲覧。
  36. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念 西武線スタンプラリー”. 西武鉄道. 2020年1月20日閲覧。
  37. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」ラッピング電車運行開始! (PDF)”. 西武鉄道. 2020年1月20日閲覧。
  38. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念「JR東日本×小田急電鉄 映画ドラえもんスタンプラリー」開催! (PDF)”. 小田急電鉄. 2020年2月6日閲覧。

外部リンク編集