ドラえもん のび太の新恐竜

ドラえもん のび太の新恐竜』(ドラえもん のびたのしんきょうりゅう)は、2020年令和2年)3月6日に公開予定の日本アニメ映画映画ドラえもんシリーズ通算第40作(アニメ第2作2期シリーズ第15作)。

ドラえもん
のび太の新恐竜
Doraemon:
Nobita's New Dinosaur
監督 今井一暁
脚本 川村元気
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
ゲスト
木村拓哉
音楽 服部隆之
主題歌 Mr.ChildrenBirthday」、「君と重ねたモノローグ
編集 小島俊彦
製作会社 映画ドラえもん製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2020年3月6日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラえもん のび太の月面探査記
次作 STAND BY ME ドラえもん 2(番外)
テンプレートを表示

概要編集

ドラえもん連載50周年・映画化40周年記念作品。『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』(2015年)以来5年ぶりの、児童小説や原作の短編を原案としない完全オリジナル作品であり、アニメ第2作2期としては初の4年連続のオリジナル作品となる。なお、映画第1作『のび太の恐竜』(1980年)および第26作『のび太の恐竜2006』(2006年)と似たタイトルであるが、ストーリーは全く異なる[1]

本編の漫画版が描かれるのも、5年ぶりとなる。

沿革編集

  • 2019年7月4日 - タイトルが発表される。同時にティザービジュアルと特報映像が公開。
  • 2019年9月14日 - 月刊コロコロコミック10月号より漫画版が連載開始。
  • 2019年11月19日 - 主題歌(birthday)発表。特報映像第二弾が公開。
  • 2019年11月23日 - 90秒予告編が公開。
  • 2019年11月30日 - ちゃお1月号よりコミカライズ版が連載開始。
  • 2020年1月9日 - 2つ目の主題歌(君と重ねたモノローグ)が発表された。
  • 2020年1月16日 - ゲスト声優として木村拓哉[2]が出演することが発表し、本作の応援キャプテンとして就任した。

あらすじ編集

スネ夫の招待で恐竜展に訪れたのび太一行。化石発掘体験で、石ころしか発掘できないのび太を馬鹿にするジャイアンたちを見返すために、のび太は閉館時間ギリギリまで発掘を続ける。そこで発掘した新種の恐竜の卵を孵化させることに成功したのび太は、孵化した双子の恐竜に、キューとミューと名付け、飼育用ジオラマセットの中で育てていくが、キューとミューが町の住民に見られてしまい、白亜紀へと返しにいくこととなる。キューとミューの仲間を探す旅が始まる。ひみつ道具や恐竜たちの力を借りながら、恐竜の足跡を追う一行が、たどり着いた謎の島とは.....(漫画版の一部)[3][4]

声の出演編集

ゲストキャラクター編集

キュー、ミュー[1]
のび太が出会った双子の赤ちゃん恐竜。緑色がキューでピンク色がミュー。キューは空を飛べない。キューはオスでミューはメス。キューは間抜けで弱気な性格。ミューは活発で人懐っこい[5]
ジル
声 - 木村拓哉[6]
白亜紀に存在するはずのない怪しい猿の姿をした謎の男。神秘に包まれた島に関する秘密を握っており、のび太たちの行動を監視。彼らの運命のカギも握る事となる。

スタッフ編集

前々作『のび太の宝島』(2018年)で監督を務めた今井一暁と、脚本の川村元気が再度コンビを組む[1]。キャラクターデザインは小島崇史が初登板。小島は『のび太の宝島』において、のび太が長回しで走る場面の原画を担当している[7]

音楽編集

主題歌編集

Birthday」/「君と重ねたモノローグ」(W主題歌)[8]
歌 - Mr.Children 作詞・作曲 - 桜井和寿
映画シリーズで初めてW主題歌になっている。また、Mr.Childrenが1つの作品に主題歌を2曲書き下ろすのも初となる。

登場するひみつ道具編集

ちゃお連載版に登場編集

  • 少年まんがライト
  • 少女まんがライト

関連・コラボ企画編集

きみが発掘した新恐竜イラストコンテスト編集

映画公開を記念し、オリジナルの恐竜を募集したイラストコンテスト。最優秀賞は応募先共通で映画パンフレットに応募作品と名前が掲載されるほか、映画パンフレットと大長編ドラえもん1巻から24巻のセットが、優秀賞は応募先によって別々の商品がプレゼントされる。

応募先別優秀賞編集

漫画版編集

月刊コロコロコミック10月号より連載開始。むぎわらしんたろう作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気)[10][11]。ドラえもんチャンネルで期間限定の特別公開も行われ[12]、2019年10月15日 - 11月14日に第1話、11月15日 - 12月12日に第2話、12月13日 - 2020年1月14日に第3話が公開された。

『映画 ドラえもん のび太の新恐竜~ふたごのキューとミュー~』

本作のコミカライズとしてちゃお1月号より連載開始。ときわ藍(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気、協力 - むぎわらしんたろう)作[13][14]。連載第1回は一部ページをむぎわらが執筆するほか、ときわとむぎわらの対談が掲載された。

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION編集

2019年7月13日 - 8月25日の期間中、「ドラえもん ARアトラクション 恐竜大冒険」が設置。

ドラえもん映画祭2020編集

本作の上映を記念し、東京神保町シアターにて2020年2月1日から3月5日に渡って『のび太の恐竜』から『のび太の月面探査記』までの39作品と藤子・F・不二雄原作の併映19作品の連続上映が開催される[15]

首都圏の鉄道会社編集

  • 西武鉄道:2020年1月11日 - 5月10日にかけてスタンプラリーを開催することが決定した。また、1月11日からは、当作品のラッピング電車が運行される。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 映画ドラえもん、新作は『のび太の新恐竜』!シリーズ最高ヒットの監督&脚本家が再タッグ”. シネマトゥデイ (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。
  2. ^ 木村拓哉がアニメ映画に出演するのはハウルの動く城以来16年振りとなる。
  3. ^ マンガ『のび太の新恐竜』第2話特別公開中!! - ドラえもんチャンネル”. マンガ『のび太の新恐竜』第2話特別公開中!! - ドラえもんチャンネル. 2019年11月26日閲覧。
  4. ^ ストーリー | 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 映画ドラえもん公式サイト. 2019年12月19日閲覧。
  5. ^ キャラクター | 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 映画ドラえもん公式サイト. 2019年11月26日閲覧。
  6. ^ キムタク×ドラえもん!木村拓哉、『ドラえもん のび太の新恐竜』出演に感激「ドッキリ企画かと」 SANSPO.COM 2020年1月16日
  7. ^ 「映画ドラえもん のび太の宝島」今井一暁監督 動きそのもので楽しませる工夫と、のび太の見せ場 (2)”. アニメハック (2018年3月3日). 2019年11月22日閲覧。
  8. ^ https://doraeiga.com/2020/news/
  9. ^ ドラキッズ・小学館アカデミー在籍生のみ応募可能。
  10. ^ 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』コロコロ10月号から連載開始! むぎわらしんたろう先生が大激筆!!”. コロコロオンライン (2019年8月10日). 2019年8月10日閲覧。
  11. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」まんが版がコロコロコミックで連載開始決定!”. ドラえもんチャンネル (2019年8月10日). 2019年8月19日閲覧。
  12. ^ マンガ『のび太の新恐竜』第3話特別公開中!!”. ドラえもんチャンネル (2019年11月15日). 2019年11月16日閲覧。
  13. ^ ときわ藍のブログ『ちゃお1月号予告・ドラえもん』”. はてなブログ (2019年11月2日). 2019年11月16日閲覧。
  14. ^ 「ちゃお」1月号より、ときわ藍先生による『ドラえもん』連載スタート!”. ドラえもんチャンネル (2019年11月30日). 2019年12月16日閲覧。
  15. ^ 来春開催決定!!「ドラえもん映画祭2020」”. 小学館 (2019年12月2日). 2019年12月3日閲覧。

外部リンク編集