メインメニューを開く

ドライブ・スルー・アメリカ』(DRIVE THRU AMERICA)は、1995年2月22日に発売された柳原陽一郎のソロとしての1作目のアルバム。

ドライブ・スルー・アメリカ
柳原幼一郎スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ポップス
ロック
J-POP
時間
レーベル イーストワールド
プロデュース 萩原健太
柳原幼一郎
柳原幼一郎 アルバム 年表
ドライブ・スルー・アメリカ
(1995年)
【柳原陽一郎】
長いお別れ
1998年
『ドライブ・スルー・アメリカ』収録のシングル
  1. みんなおぼえてる
    c/w ブルー・アイズ」

    リリース: 1995年1月25日
テンプレートを表示

解説編集

1990年たまのメンバーとしてデビューした柳原のソロ1作目となるアルバム。しかし、本作の収録曲のうちシングルとしてリリース済みの「みんなおぼえてる」と「ブルー・アイズ」、「アメリカン・ボーイ」以外の楽曲は、洋楽に柳原独自の訳詞をつけたカバー曲で占められており、カバー・アルバムの趣が強い。ちなみに柳原は、当時のたまのファンクラブの会報誌において、洋楽を日本語で歌うというコーナーを担当していた[2]

次作『長いお別れ』より本名の「柳原陽一郎」名義となっており、本作は唯一の「柳原幼一郎」名義でのソロアルバムとなる。

後に本作について、「作った時はこれでやっていくんだっていうよりは、カバーということを通した、自分の根っこの再確認作業だった。それとカバーというお題を与えられて、自分が歌い手として訳詞家として、さらに半分プロデュースというか、曲の選択も任されたから、どれだけやれるのかという挑戦したもの。」と語っている[3]。なお、本作を引っ提げたツアーでは、後に発表された「奇跡の人」も披露された。

一度廃盤となっていたが、2012年1月25日EMIミュージック・ジャパンによる「EMI ROCKS "The First"」シリーズの一環として紙ジャケット仕様で再発売された[4][5]。なお、次作『長いお別れ』や『ウタノワ』のようなボーナス・トラックなどの追加収録はなく、同年に発売された2ndシングル「クリスマス・ベル」に収録された2曲はアルバム未収録のままとなった。

収録曲編集

  1. ブルー・アイズ BLUE EYES(3:55)
    (作詞・作曲:柳原幼一郎)
    1stシングル「みんなおぼえてる」のカップリング曲。オリジナル楽曲。
  2. ロックンロール・レイディオ DO YOU REMEMBER ROCK 'N' ROLL RADIO?(4:18)
    (作詞・作曲:Joey Ramon, Johnny Ramon, Dee Dee Ramon, Tommy Ramon / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:ラモーンズDo You Remember Rock 'n' Roll Radio?」(邦題「リメンバー・ロックンロール・レイディオ?」)
    カントリー・ロック調になっている[6]
  3. レインボー・コネクション RAINBOW CONNECTION(3:23)
    (作詞・作曲:Paul Williams, Kenneth Ascher / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:カーミットRainbow Connection」(邦題「レインボー・コネクション」)
    本作に収録の音源をウィリアムズに直接聴かせ、高評価を得たというエピソードが残っている[6]
  4. アラバマ・ソング ALABAMA SONG(4:04)
    (作詞:Bertolt Brecht / 作曲:Kurt Weill / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:クルト・ヴァイル「Alabama Song」(邦題「アラバマ・ソング」)
    ドアーズがカバーしたアレンジを元にしている。
  5. リーズン・トゥ・ビリーブ REASON TO BELIEVE(3:26)
    (作詞・作曲:ティム・ハーディン / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:ティム・ハーディン「Reason To Believe」(邦題「リーズン・トゥ・ビリーヴ」)
  6. ハレルヤ HALLELUJAH(5:16)
    (作詞・作曲:Leonard Cohen / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:レナード・コーエン「Hallelujah」(邦題「ハレルヤ」)
    たまのライブのソロコーナーでも演奏された楽曲。柳原と同じくたまのメンバーだった知久寿焼はライブで柳原の訳詞で「ハレルヤ」をカバーしたことがある。
  7. ミスター・ソウル MR. SOUL(3:13)
    (作詞・作曲:Neil Young / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:バッファロー・スプリングフィールドMr. Soul」(邦題「ミスター・ソウル」)
  8. オンリー・イエスタデイ ONLY YESTERDAY(4:31)
    (作詞・作曲:Richard Carpenter, John Bettis / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:カーペンターズOnly Yesterday」(邦題「オンリー・イエスタデイ」)
  9. ミー・ジャパニーズ・ボーイ ME JAPANESE BOY(4:04)
    (作詞:Hal David / 作曲:Burt Bacharach / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:ボビー・ゴールズボロMe Japanese Boy I Love You」(邦題「ミー・ジャパニーズ・ボーイ」)
  10. みんなおぼえてる I'LL REMEMBER YOU(5:12)
    (作詞・作曲:柳原幼一郎)
    1stシングルで、ソロデビューシングル。オリジナル楽曲。
  11. アメリカン・ボーイ AMERICAN BOY(4:33)
    (作詞・作曲:柳原幼一郎)
    オリジナル楽曲。柳原の生ギターでの弾き語りから始まる楽曲で、2番のサビ終了後よりバンドが加わってくる構成になっている。
  12. エブリタイム・ウィー・セイ・グッドバイ EVERY TIME WE SAY GOODBYE(3:04)
    (作詞・作曲:Cole Porter / 日本語詞:柳原幼一郎)
    原曲:コール・ポーター「Ev'ry Time We Say Goodbye」(邦題「いつもさよなら」)
    2012年に発売されたオルケスタ・リブレとの共演作『うたのかたち〜UTA NO KA・TA・CHI』でもこの曲を採り上げている[注釈 1]

参加ミュージシャン編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ タイトルは「いつもさよならを」。

出典編集

  1. ^ 柳原幼一郎/ドライヴ・スルー・アメリカ (東芝EMI): 1995|書誌詳細”. 国立国会図書館サーチ. 国立国会図書館. 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ 柳原陽一郎 インタビューvol.25”. LMusic. LMusic (2015年2月15日). 2018年9月8日閲覧。
  3. ^ 柳原陽一郎 インタビュー”. 角野恵津子. 2000年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。
  4. ^ ユニバーサルミュージック合同会社 (2012年1月24日). “EMI邦楽ロックのファースト・アルバム・リイシュー第3弾!アメリカ・デビューを飾ったイースト、浅川マキ、ちわきまゆみ、5X、花田裕之他全20タイトル”. PR TIMES (株式会社 PR TIMES). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000455.000000664.html 2019年6月8日閲覧。 
  5. ^ “ロック1st再発シリーズでウルフルズ、アート、100sら25枚”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2012年1月23日). https://natalie.mu/music/news/63173 2019年6月12日閲覧。 
  6. ^ a b 湯浅学 (2012年). 柳原幼一郎『ドライブ・スルー・アメリカ』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. イーストワールド.