メインメニューを開く

ドラコペルタ(Dracopelta)は中生代ジュラ紀後期にポルトガル西部に生息していた草食恐竜の一つ。装盾亜目 - 曲竜下目 - ノドサウルス科に属する。1980年命名。

ドラコペルタ
Dracopelta
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
下目 : 曲竜下目 Ankylosauria
: ノドサウルス科 Nodosauridae
: ドラコペルタ属 Dracopelta
学名
Dracopelta
Galton1980
  • D.zbyszewskii

全長約2m。4足歩行で5種類の装甲をもっていた。ジュラ紀に生息していた曲竜の初期グループのなかではもっとも保存状況が良かった。ジュラ紀に曲竜が少なかったのは、えさとなるたけの低い植物が少なかったことが原因と考えられる。

関連項目編集