ドラゴンドア

かつて存在した日本のプロレス団体

Dragondoor(ドラゴンドア)は、かつて存在した日本プロレス団体。運営は有限会社闘龍門。

歴史編集

2005年4月27日川畑憲昭を代表としてDRAGONGATEを解雇されたヒールユニット「悪冠一色」が合流して設立。ロゴマークがlivedoorに似ているのは当初はパロディであったが、これを見たlivedoorの担当者が提携を持ちかけてパロディは「嘘から出た誠」となった。キャッチフレーズもlivedoor代表取締役社長の堀江貴文に因み「想定外プロレス」を名乗った。7月19日後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。イメージカラーが青と黒だったため通常のリングでは赤コーナーのところを黒コーナーにしていた。旗揚げ戦にDRAGONGATEのマグナムTOKYOB×Bハルクらが花束を持参して来場したものの入場を止められる事件があった。設立経緯からDRAGONGATEとは微妙な関係にあったが、この一件以降、両団体の関係は断絶している。

2006年2月14日、livedoorスポーツゼネラルマネージャーの小島克典が記者会見を行って解散することを発表。2月23日、元所属選手が記者会見を行ってプロレスリングElDoradoを設立することを発表。

所属選手編集

レギュラー参戦選手編集

スタッフ編集

リングアナウンサー編集