ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』(ドラゴンボールゼット スーパーせんしげきは かつのはオレだ)は、1994年7月9日に公開された「ドラゴンボール」シリーズの劇場公開作第14弾である。監督は上田芳裕。

ドラゴンボールZ
超戦士撃破!!勝つのはオレだ
監督 上田芳裕
脚本 小山高生
原作 鳥山明
出演者 野沢雅子
田中真弓
草尾毅
音楽 菊池俊輔
主題歌WE GOTTA POWER」(影山ヒロノブ
編集 福光伸一
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗1994年7月9日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億2000万円[1]
前作 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない
次作 ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ
テンプレートを表示

夏休みの東映アニメフェアの1作品として上映された。同時上映作は『Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!!わくわくハートの夏休み』『スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道

解説編集

前作『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』に続く物語で、敵は伝説の超サイヤ人ブロリーのクローンである、バイオブロリー。ブロリー本人は登場しないが、彼を作品の題材にした劇場版としては第3作目となる。『ドラゴンボールZ』(以下『Z』)の劇場版で前作と直接ストーリーがつながっている続編は『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』以来。

本作で主に活躍するのは、主人公格の孫悟天トランクス、また人造人間18号の3人で、本作のポスターでもこの3人が大きく登場している。さらには、クリリンが久しぶりに戦闘メンバーとして活躍。ブロリーにまつわる第1作目は悟空を、第2作目は悟飯を、第3作目である今作は悟天をメインにブロリーと戦うというコンセプトのため、悟天たちの活躍を奪ってしまう恐れのある孫悟飯は登場せず[2][3]孫悟空もラストシーンに一言程度コメントするだけという、全作通して最も軽い役割として現れる。

『ドラゴンボール大全集』には「劇中で18号がミスター・サタンに、優勝賞金を渡せと迫る点から天下一武道会終了後だろう。だがこの時期、超戦士達は魔人ブウ戦で大忙しのハズ。劇場版ならではの物語」と書かれている[4]

本作のエンディングには、原作にもアニメ本編にもなかった悟天とトランクスの生まれた頃のシーンが描かれている。メイクイーン城のバトルステージにサタンが駆け込むシーンには、アニメ「タイガーマスク」オープニングテーマ「行け!タイガーマスク」のイントロがBGMとして約7秒使用された。

あらすじ編集

天下一武道会の賞金の取立てを行いにミスター・サタン宅には18号たちが訪れていた。散々取立てを行ってもまだ賞金が届いていないと言い張るサタンの下にジャガー・バッダ男爵の使い・メンメンが現れる。サタンのために用意した戦士と戦えという要求に対していやいやジャガーの下へ向かうサタン。しかし、人造人間18号や同じ場にいた孫悟天、トランクスも付いて行ってしまう。

サタンの弟子として何故か戦うことになった18号たちだが、ジャガーの準備した戦士など彼女らの敵ではなくバイオ戦士たちを一蹴してしまう。その後、見慣れない施設群に興味津々の悟天たちだったが、そこでサイヤ人と思われる一体のバイオ戦士のカプセルを発見、中にいた戦士がこちらを向いた瞬間に悟天たちは驚愕した。それは前回の戦いで死亡したブロリーのクローン、バイオブロリーだった。

バイオカプセルから出てしまう前にバイオブロリーをカプセルごと破壊しようと試みるも、バイオブロリーは自らカプセルを破り外に出てきてしまう。もはやかつての面影のない不気味な様相となっていたバイオブロリーに、18号が戦いを挑むもバイオブロリーの強さに太刀打ちできずにやられてしまう。

2度も同じ相手にやられてたまるかと、悟天とトランクスは超サイヤ人に変身し、バイオブロリーとの戦いに挑む。

ゲストキャラクター編集

ジャガー・バッダ
メイクイーン城の男爵で大富豪の息子。
ミスター・サタンの幼馴染で彼とは昔から仲が悪い。かつては格闘家を目指していたが小学6年生のときに同じく武道家を目指していたサタンに敗れ、夢を断念して父の後を継いだ。口調は東北弁訛りで頭が悪く「金は風呂水(湯水)のように使っても構わん」「ヘアスプレー(フェアプレー)の精神」「村祭り(血祭り)に上げろ」等、慣用句を度々間違えて使用するために劇中メンメンや18号に突っ込まれていた。文字通り丸々と太っており、サタン曰く「昔の面影がない」「脂身たっぷりの体」と評された。
サタンを逆恨みし、彼への仕返しのために科学者達を雇い、所有する島のメイクイーン城内にある研究施設でブロリーを初めとしたバイオ戦士を製造させた。サタンに挑戦状を送りつけ、城に用意させていたバトルステージでバイオ戦士たちをけしかける。
あくまでサタンに勝つことが目的であったため、彼の弟子ということにされていた18号がバイオブロリーに圧倒される姿を見て最初は喜んでいたが後から参戦した悟天やトランクスが次第に命の危険に晒されるほどの追い討ちが始まると流石に動揺を見せバイオブロリーを止めようとするなど根は悪人ではないようである。本人曰くバイオ戦士たちはすべて彼の命令を聞くように作られているらしいがブロリーは制御できなかった。彼が作り出したバイオブロリーの所為で培養液が大量に流れ出す切っ掛けを作ってしまったことに深く後悔し、反省する様になる。最終的には培養液で逃げられなくなっていた所をメンメンと共にトランクスに救出された。。飼っていた犬のヘイは、培養液で溶かされてしまう。
ドラゴンボールZ 真武闘伝』では、ミスター・サタンが主人公の「Mr.サタンモード」で、サタンの従兄弟という設定で金に困っているサタンに賭け試合を持ちかける役割で登場。
メンメン
ジャガーの秘書で彼の従兄弟。
関西弁で話す伊達男であり、ダークブロンドの髪をオールバックにして束ね、水色のスーツ、中折れ帽子と角縁メガネでクールに決めている。しかし、サタンの家に着くなり、ズボンが脱げ、転んでプールに落ちる等、かなりドジである。
小学校六年の合宿のときにおねしょしたというサタンの秘密を暴露すると脅迫し、サタンをメイクイーン城に連れて来る。最終的には培養液で逃げられなくなっていた所をジャガー・バッダと共にトランクスに救出された。
言葉を間違えるジャガーのことは内心「金が足りても頭が足りない奴」と思っているが、トランクスに救われた際には自分でも「このヘアスプレー(フェアプレー)の精神、忘れるんやないで」と発言している。
ヘイ
バイオテクノロジーにより造られたジャガーのペット。
顔は怖いが性格は優しい。
バイオブロリーに飛びかかろうと接近したが、直後に培養液に飲み込まれてしまう。
コリー博士
ジャガーが雇った遺伝子工学が専門の科学者。多くのバイオ戦士達を製造した[5]
ナイン
コリー博士の助手の女性研究員。
心優しい性格でトランクスがバイオテクノロジー=遺伝子工学に詳しいことを知った際には感心していた。
バイオブロリー事件においてはクリリンに助けられて生存。この時、18号は嫉妬しており、「早く行け」とクリリンもろとも押されていた。
祈祷師
前作に続いて登場。
ナタデ村での悟天たちの活躍によって面目を潰され、村からの信用を失った後、宇宙ポットからブロリーの血液を採取。それをジャガーに売り渡した為、本作の騒動の全ての元凶である。
他の者を見捨てて、大金を手にして高飛びしようとしたが、それが仇となり、培養液に飲み込まれてしまう。
バイオ戦士
コリー博士が開発したコンピュータにより、戦うことだけを目的に人間男性の遺伝子をベースにしてバイオテクノロジーにより造り出した生物で一種の人造人間
独特な肌の色をしていて、血管が浮き出るほど肥大化した筋肉が特徴。言葉は話さないが最低限の知能はあるようでジャガーに敬礼したり、ジャガーの無様な姿に呆然としたりしていた。それなりに強いものの悟天、トランクス、18号には歯が立たなかった。その後、バイオブロリーの暴走であふれ出した培養液に取り込まれ全滅する。
バイオブロリー
前作で死んだブロリーの血液中の遺伝子を培養して出来たバイオテクノロジーによるクローン。本物のブロリー同様に高い戦闘力を持つ。

声の出演編集

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ - 「WE GOTTA POWER」
作詞 - 森雪之丞 / 作曲・編曲 - 石川恵樹 / 歌 - 影山ヒロノブ
エンディングテーマ - 「ドラゴンパワー∞」
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 戸塚修 / 歌 - 影山ヒロノブ

映像ソフト編集

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS・LD
    1995年2月10日に発売。
  • DVD
    • DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES
      2006年4月14日発売。
    • DRAGON BALL THE MOVIES #11 ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ
      2009年1月9日発売。
  • Blu-ray
    • DRAGON BALL THE MOVIES Blu‐ray ♯06
    2018/12/05発売。

関連書籍編集

  • アニメキッズコミックス ドラゴンボールZ〈映画編〉 超戦士撃破!!勝つのはオレだ - 集英社(集英社コミックメディアムック)、1994年10月3日、雑誌 63501-1

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1994年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 劇場用ポスターの一つには描かれている。
  3. ^ 2020年現在、『Z』の劇場版15作品の中で唯一、悟飯が登場しない作品である。
  4. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES №11『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、132頁。
  5. ^ 『ドラゴンボール』シリーズでは、これ以外にも別の科学者がバイオテクノロジーにより開発した様々な生命体、生物兵器が登場し、類似する例も存在する。これらについては、人造人間 (ドラゴンボール)ドラゴンボールの登場人物ドラゴンボールのアニメオリジナルの登場人物を参照。
  6. ^ エンドロールでは『クリリンの娘』となっている。

関連項目編集

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 ドラゴンボールZ 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年春 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 復活の「F」 2015年 フリーザ一味
第20作 ブロリー 2018年 ブロリー