メインメニューを開く

ドラゴンボール レジェンズ(DRAGON BALL Legends)バンダイナムコエンターテインメントより配信されているAndroidiOSゲームアプリ[3]。基本プレイ無料でアイテム課金が存在する[3]。日本では2018年5月24日にAndroid版[4]が、同年5月31日にiOS版[5]が配信開始。

ドラゴンボール レジェンズ
DRAGON BALL Legends
ジャンル ワンフィンガーカードアクションバトル
対応機種 iOS
Android
開発元 バンダイナムコエンターテインメント
ディンプス
販売元 バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー 池田慶悟[1]
運営開始日 アメリカ合衆国の旗Android:2018年5月17日
欧州連合の旗Android:2018年5月21日
日本の旗Android:2018年5月24日
大韓民国の旗Android:2018年5月24日
台湾の旗Android:2018年5月24日
全地域Android:2018年5月28日
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗大韓民国の旗台湾の旗日本の旗全地域iOS:2018年5月31日
利用料金 基本プレイ無料
ダウンロード
コンテンツ
アイテム課金: あり
デバイス iOS版:iPhone SE、6S、7、8、X/iPad Mini 4、Air 2、2017、Pro[2]
Android版:バージョン6.0以上、メモリ(RAM)2GB以上[2]
その他 対応言語
日本語英語フランス語ドイツ語繁体字中国語韓国語
テンプレートを表示

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』を題材にした対戦アクションゲームバンダイナムコエンターテインメントディンプスの共同開発[3]。配信元はバンダイナムコエンターテインメント[3]

目次

概要編集

対戦型3Dアクションゲーム[1]。物語はメインであるオリジナルストーリーと、原作再現のイベントモードがある[1]

バトル中はフルボイス[1]

配信前に全世界で最終事前登録者数がバンダイナムコエンターテインメント最多の450万人を記録[6]

ストーリー編集

オリジナルストーリーモードは『ドラゴンボール超』の力の大会終了後の話。

登場キャラクター編集

キャラクターにはレアリティが存在する。レアリティの高さは「HERO」<「EXTREME」<「SPARKING」の順。

本作オリジナルキャラクター編集

シャロット
- 赤羽根健治
本作の主人公であり、過去の世界から飛ばされてきたサイヤ人。原作者の鳥山明が描き下ろしたゲームオリジナルキャラクター[1][7]
2018年10月24日の大型アップデートで「シャロット」の超サイヤ人化が可能になった[8]
ザッハ
声 - 置鮎龍太郎
魔法剣士の青年。鳥山明描き下ろしキャラクター[9]
フードの男
声 - 野島健児
各地で破壊活動を行う正体不明の男。顔つきはシャロットに似ている。鳥山明描き下ろしキャラクター[9]

既存のキャラクター編集

レッドリボン軍編編集

桃白白(EXTREME)
必殺技:フルパワーどどん波

サイヤ人編編集

孫悟空(HERO)
声 - 野沢雅子
必殺技:かめはめ波
孫悟空(EXTREME)
声 - 野沢雅子
必殺技:かめはめ波
孫悟飯:幼年期(HERO)
声 - 野沢雅子
必殺技:魔閃光
クリリン(HERO)
声 - 田中真弓
必殺技:気円斬
ヤムチャ(HERO)
声 - 古谷徹
必殺技:かめはめ波
餃子(HERO)
必殺技:どどん波
餃子(EXTREME)
必殺技:どどん波
天津飯(HERO)
必殺技:気功砲
天津飯(EXTREME)
必殺技:気功砲
ピッコロ(SPARKING)
声 - 古川登志夫
必殺技:魔貫光殺砲
栽培マン(HERO)
必殺技:溶解液
ラディッツ(HERO)
声 - 千葉繁
必殺技:ダブルサンデー
ラディッツ(EXTREME)
必殺技:ダブルサンデー
ナッパ(HERO)
必殺技:ジャイアントストーム
ナッパ(EXTREME)
必殺技:ジャイアントストーム
ベジータ(SPARKING)
声 - 堀川りょう
必殺技:ギャリック砲

フリーザ編編集

孫悟空(SPARKING)
声 - 野沢雅子
必殺技:元気玉
超サイヤ人 孫悟空(SPARKING)
声 - 野沢雅子
必殺技:超かめはめ波
ピッコロ(ネイルと融合)(HERO)
必殺技:魔貫光殺砲
ベジータ(HERO)
声 - 堀川りょう
必殺技:ギャリック砲
ドドリア(HERO)
声 - 長嶝高士
必殺技:ドドリアランチャー
ザーボン(HERO)
声 - 三浦祥朗
必殺技:エレガントブラスター
ジース(HERO)
声 - 岸尾だいすけ
必殺技:クラッシャーボール
バータ(HERO)
声 - 小野坂昌也
必殺技:マッハキック
リクーム(HERO)
声 - 佐々木誠二
必殺技:リクームイレイザーガン
グルド(HERO)
声 - 高戸靖弘
必殺技:サイコジャベリン
ギニュー(SPARKING)
声 - 小西克幸
必殺技:ミルキーキャノン
第一形態 フリーザ(HERO)
声 - 中尾隆聖
必殺技:デスビーム

フリーザ復活編編集

ジャコ(HERO)
必殺技:エリートビーム

GT編編集

パン(SPARKING)
必殺技:乙女ブラスト

劇場版編集

パイクーハン(SPARKING)
必殺技:ファイヤーキック

雑魚キャラクター編集

サイバイマン型
サイバイマン
色は黄緑色。
キンカンマン[10]
ゲームオリジナルキャラクターで、色は金色。
ギンナンマン[10]
ゲームオリジナルキャラクターで、色は銀色。
アプール型
アプール
色は肌が薄紫色。
オーレン
色は肌が橙色。
ラーズベリ型
ラーズベリ
色はアンダースーツが紫色。

既存のゲーム登場キャラクター編集

『ドラゴンボール レジェンズ』の色違いキャラクターには名称が付いていないため、過去の『ドラゴンボール』ゲーム敵キャラクターの色で判断して名称を記載。

サイバイマン型
カイワレマン
色は青色と水色。
キュウコンマン
色は橙色。
ジンコウマン
色は銀色と黒色。
テンネンマン
色は薄紫色と濃い水色。
コピーマン
色は黒色。
アプール型
ナバナ
色は肌が青緑色。
ロベリー
色は肌が茶色。
ラモン
色は肌が濃い黄緑色。
ラーズベリ型
ネイブル
色は顔が肌色、スーツが黒と黄土色。
モンレー
色は顔が水色、アンダースーツが濃い水色。
グプレー
色は顔が肌色、スーツが黒と茶色。

配信地域編集

『ドラゴンボール レジェンズ』は50カ国以上でサービス展開されている。アイルランド、アメリカ、イギリス、イスラエル、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、キプロス、ギリシャ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、リトアニア、ルクセンブルグ、ブルガリア、クロアチア、チェコ、ハンガリー、アイスランド、ラトビア、リヒテンシュタイン(Android版のみ)、マルタ、ルーマニア、日本などで配信[11]

歴史編集

2018年
  • 5月17日 - US Android版を配信開始。
  • 5月21日 - EU Android版を配信開始。
  • 5月24日 - 日本、韓国、台湾 Android版を配信開始。
  • 5月28日 - 全地域のAndroid版を配信開始。
  • 5月31日 - 全地域のiOS版を配信開始。
  • 6月21日 - 全世界1,000万ダウンロード突破[12]
  • 12月7日 - Google Playの「ベスト オブ 2018」の授与式で大賞を受賞した[13]
  • 12月14日 - 2019年1月31日まで、『ドラゴンボール超 ブロリー』とのコラボレーションガシャ開催[14]
2019年
  • 3月13日 - 登録ユーザー数2,000万人を達成[15]
  • 5月25日(現地時間) - 世界大会「DRAGONBALL LEGENDS SHOWDOWN IN LAS VEGAS」がアメリカ・ラスベガスのLuxor Hotel and Casinoにある、eスポーツ施設「HyperX Esports Arena Las Vegas」で開催[16]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 新作アプリゲーム「ドラゴンボール レジェンズ」!プロデューサーが詳しくゲーム内容を解説”. 2018年4月23日閲覧。
  2. ^ a b ドラゴンボールレジェンズ対応デバイス”. 2018年5月26日閲覧。
  3. ^ a b c d 指1本でド派手なバトルを楽しめるアプリ「ドラゴンボール レジェンズ」が今夏配信。事前登録受付&Android版のCBT参加者を募集中”. 2018年4月23日閲覧。
  4. ^ Android版『ドラゴンボール レジェンズ』待望の配信開始!! 最強への戦いがいま始まる”. 2018年5月26日閲覧。
  5. ^ iOS版『ドラゴンボール レジェンズ』が配信スタート!“孫悟空”や“フリーザ”との爽快アクションバトルが始まる!”. 2018年6月2日閲覧。
  6. ^ 「ドラゴンボール レジェンズ」が配信開始。事前登録者数は全世界で450万人を突破,刻の結晶2450個などをもらえる」4Gamer.net 2018年6月1日。
  7. ^ ドラゴンボール レジェンズ公式による2018年4月13日12:05の発言
  8. ^ 「ドラゴンボール レジェンズ」が大型アップデート!「シャロット」が超サイヤ人に!!”. 2018年10月30日閲覧。
  9. ^ a b 伊能昭夫編「月刊ドラゴンボールパーク」『Vジャンプ 2018年6月号』集英社、2018年4月21日、15頁。
  10. ^ a b ドラゴンボール レジェンズ公式による2018年6月14日12:50の発言
  11. ^ ドラゴンボール レジェンズ公式HP HP内の「配信地域一覧はこちら」を参照。2018年5月26日閲覧。
  12. ^ 「ドラゴンボール レジェンズ」なんと全世界1,000万ダウンロード突破!」ドラゴンボール オフィシャルサイト、2018年6月21日。
  13. ^ Google Playの“ベスト オブ 2018”が発表。今年の大賞を受賞したのは「ドラゴンボール レジェンズ」」4Gamer.net、2018年12月7日。
  14. ^ 「ドラゴンボール レジェンズ」,映画「ドラゴンボール超 ブロリー」コラボガシャを実施」4Gamer.net、2018年12月14日。
  15. ^ 「ドラゴンボールレジェンズ」が2000万ユーザー達成!記念キャンペーンを開催中!」ドラゴンボール オフィシャルサイト、2019年3月13日。
  16. ^ 「ドラゴンボール レジェンズ」,世界大会“DRAGONBALL LEGENDS SHOWDOWN IN LAS VEGAS”が5月25日(現地時間)に開催」4Gamer.net、2019年2月22日。

外部リンク編集