ドラーヴァ川イタリア語スロベニア語クロアチア語:Drava、ハンガリー語:Dráva)、またはドラウ川ドイツ語:Drau)は、ヨーロッパ南部を流れるである。イタリアの南チロル地方のドッビアーコ付近に源泉を発し、東側の東チロルからオーストリアケルンテン州を通ってスロヴェニアに至る。南東部ではクロアチアを抜けてクロアチアとハンガリーの国境沿いを流れた後オシエクドナウ川に注ぐ。全長は725kmに及ぶ。

ドラーヴァ川
ドラーヴァ川
シュタインフェルト付近を流れるドラーヴァ川
延長 749 km
平均流量 670 m³/s
流域面積 11,828 km²
水源 ドッビアーコ ( ボルツァーノ自治県イタリア )
水源の標高 1450 m
河口・合流先 ドナウ川 ( オシエク近郊 )
流域 イタリアの旗 イタリア, オーストリア,スロベニアの旗 スロベニア,クロアチアの旗 クロアチア, ハンガリー
テンプレートを表示

詳細な流路編集

イタリア編集

ドラーヴァ川は、トレンティーノ=アルト・アディジェ州ボルツァーノ自治県(南チロル)のドッビアーコに源流を持ち、東のサン・カンディドを通ってすぐに国境に達する。[1]

オーストリア編集

チロル州編集

チロル州の飛地である東チロルに入ると、川は北東にリエンツまでまっすぐ流れ、東チロルのほとんどを流域とするイーゼル川(Isel)と合流する。[2] 合流してからは南東に流れを変えて、ケルンテン州のオーバードラウブルク英語版に入る。[3]

ケルンテン州編集

ケルンテン州では、チロル州から流れ込んだドラウ川は西から東に向かって直線的に流れ、スロベニアのトラボグラートへ入る。ケルンテン州はほとんどがドラウ川流域に属しており、支流としてメール川(Möll)、リーザー川(Lieser)、グルク川(Gurk)、ラヴァント川(Lavant)など多くの河川が左岸から流れ込み、少ないながら右岸からもガイル川(Gail)、フェラッハ川(Vellach)などが流れ込む。[4]

より詳細には、チロル州境から流れ込んだドラウ川は中央東アルプス山脈クロイツェック山群英語版(Kreuzeck)の南側を流れ[5]ルルンフェルト英語版グロースグロックナー山の麓から流れてきたメール川と合流する。[6] さらに、すぐ下流のシュピッタール・アン・デア・ドラウ英語版でリーザー川と合流し、[7] フィラッハでガイル川と合流する。[8] さらにフィラッハから東へ約50km、[1] クラーゲンフルトの南のフェルラッハ英語版の北側を流れ、[9] その先でフェラッハ川、グルク川と合流し、最後にスロベニアとの国境直前でラヴァント川と合流する。[10]

スロベニア編集

スロベニアでは、ドラーヴァ川は南東に向かって流れる。まずトラボグラートメーザ川(Meža)と合流し、[1] コロシュカ地方からシュタイエルスカ地方に入ると、マリボルプトゥイを通ってクロアチアとの国境に達する。[11]

クロアチアとハンガリー編集

中央クロアチアヴァラジュディンを通ったドラーヴァ川は、南東への流れを保ったままコプリヴニツァ=クリシェヴツィ郡レグラード英語版(Legrad)でハンガリーとの国境に到達し、以北の国境をなしているムール川と合流する。[12] その後はハンガリーとスラヴォニア地方の境界を東へと流れ、オシエクのすぐ下流でドナウ川に合流する。[1]

流れる都市編集

ドラーヴァ川は以下の都市を流れる。

河口からクロアチアのチャジャヴィツァ Čađavica までの約90kmは船で航行可能である。

 
ドラーヴァ川

主な支流編集

右岸

左岸

  • オーストリア
  • クロアチア
    • ムール Mur (レグラド Legrad 近く)

脚注編集

  1. ^ a b c d Raffelsperger (1846a)、p.185
  2. ^ Raffelsperger (1846b), p.586
  3. ^ Zahlen, Daten & Fakten”. Marktgemeinde Oberdrauburg. 2023年2月1日閲覧。
  4. ^ Kleinmayr、p.12
  5. ^ Kleinmayr、pp.12-13
  6. ^ Zahlen, Daten & Fakten” (ドイツ語). Marktgemeinde Lurnfeld. 2023年2月1日閲覧。
  7. ^ Raffelsperger (1847), p.276
  8. ^ Raffelsperger (1854), p.710
  9. ^ Raffelsperger (1846a)、p.442
  10. ^ Raffelsperger (1847), p.112
  11. ^ カステラン、ベルナール (2000)、p.12
  12. ^ Raffelsperger (1847), p.137

参考文献編集

  • Franz Raffelsperger (1846a) (ドイツ語). Allgemeines geographisch-statistisches Lexikon aller Österreichischen Staaten. 2. Wien: Der k. k. a. p. typo-geographische Kunstanstalt. https://www.digitale-sammlungen.de/en/view/bsb10801610?page=1 2023年2月1日閲覧。 
  • Franz Raffelsperger (1846b) (ドイツ語). Allgemeines geographisch-statistisches Lexikon aller Österreichischen Staaten. 3. Wien: Der k. k. a. p. typo-geographische Kunstanstalt. https://www.digitale-sammlungen.de/de/view/bsb10801611?page=1 2023年2月3日閲覧。 
  • Franz Raffelsperger (1847) (ドイツ語). Allgemeines geographisch-statistisches Lexikon aller Österreichischen Staaten. 4. Wien: Der k. k. a. p. typo-geographische Kunstanstalt. https://www.digitale-sammlungen.de/de/view/bsb10801612?page=1 2023年2月3日閲覧。 
  • Franz Raffelsperger (1854) (ドイツ語). Allgemeines geographisch-statistisches Lexikon aller Österreichischen Staaten. 6. Wien: Der k. k. a. p. typo-geographische Kunstanstalt. https://www.digitale-sammlungen.de/de/view/bsb10801614?page=,1 2023年2月2日閲覧。 
  • Druck von Ferdinand v. Kleinmayr (1891) (ドイツ語). Die Alpenwirthschaft in Kärnten. 1. Klagenfurt: K. K. Landwirtschafts-Geſellſchaft für Kärnten.. https://www.digitale-sammlungen.de/de/view/bsb11347179?page=,1 2023年2月1日閲覧。 
  • ジョルジュ・カステラン、アントナン・ベルナール 著、千田善 訳 『スロヴェニア』白水社、2000年5月20日。ISBN 4-560-05827-X 

外部リンク編集