メインメニューを開く

ドリュー・ロイ・ネイラーDrew Roy Naylor1986年5月31日 - )は、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

ドリュー・ネイラー
Drew Naylor
Chunichi Drew Naylor 20150726.jpg
中日時代
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 クイーンズランド州ブリスベン
生年月日 (1986-05-31) 1986年5月31日(33歳)
身長
体重
196 cm
105 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 NPB / 2015年8月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2009年

目次

経歴編集

プロ入りとフィリーズ傘下時代編集

フィラデルフィア・フィリーズと契約を結びプロ入りを果たした。

2006年は傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・フィリーズでプレーした。この年は12試合(2試合で先発)登板し、2勝3負1セーブ、防御率4.66、22奪三振を記録した[1]

2007年は傘下ショートシーズンAのウィリアムズポート・クロスカッターズでプレーした。この年は14試合に先発登板し、8勝6負、防御率3.28、97奪三振を記録した[1]

オフにはハワイで開催されたハワイ・ウィンターリーグに参加し、ノースショア・ホヌでプレーした。8試合に登板し、0勝1負1セーブ、防御率7.30、19奪三振を記録した[1]

2008年はまず傘下Aのレイクウッド・ブルークロウズでプレーした。14試合に先発登板し、5勝3負、防御率2.99、97奪三振を記録した[1]。その後、傘下アドバンスAのクリアウォーター・スレッシャーズでプレーした。ここでは、13試合に先発登板し、3勝7負、防御率4.85、59奪三振を記録した[1]

2009年は開幕前に第2回WBCオーストラリア代表に選出された[2]

シーズンでは傘下アドバンスAのクリアウォーターでプレーした。26試合(25試合で先発)登板し、8勝11負、防御率4.22、115奪三振を記録した[1]

2010年は傘下AAのレディング・ファイティン・フィルズでプレーした。27試合(26試合で先発)登板し、12勝10負、防御率4.63、113奪三振を記録した[1]

オフには母国オーストラリアオーストラリアンベースボールリーグ(ABL)のブリスベン・バンディッツでプレーした[3][1]。4試合(2試合で先発)登板し、0勝0負、防御率3.21、8奪三振を記録した[4]

2011年トミー・ジョン手術を行いシーズンを終えた。シーズン中の9月16日にDFAとなった。

2012年5月に傘下AAのレディングで復帰した。ここでは、5試合に先発登板し、3勝2負、防御率6.04、16奪三振を記録した[1]。その後、傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・フィリーズで2試合に登板した[1]後、傘下アドバンスAのクリアウォーターでプレーした。ここでは、2試合に登板した[1]。オフの11月に解雇された。

フィリーズ退団後編集

2013年2014年は、手術の影響でどの球団にも所属せず少年野球の指導を行っていた[5]

2014年オフにABLのブリスベンで4年振りにプレーした[6]。この年は、3試合に先発登板し、0勝2負、防御率7.24、13奪三振を記録した[3]

香川時代編集

2015年3月2日に日本独立リーグである四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズウェスリー・エドワーズと共に契約を結んだ事が発表された[7]

3月15日に丸亀市民球場で開催された、石川ミリオンスターズとの交流戦に先発して日本で初登板し、6回を3安打無失点に抑えて勝利投手となった[8]。前期シーズンは主に先発として起用され、4勝1敗2Sで防御率1.37、55奪三振という成績を上げ[9]、前期優勝したチームでローテーションの一角を占めた[10][11]

5月29日に、リーグの北米遠征のメンバーに選出された事が発表された[12]。ここで2勝1敗の成績を記録したことが評価され、北米遠征読売新聞優秀賞を受賞した[13]。日本に戻ったあとの7月6日、中日ドラゴンズが獲得を検討するためにナゴヤドームでテストをおこなった[14]。8日にはナゴヤ球場でおこなわれた香川と中日ドラゴンズ2軍とのオープン戦に先発し、3回を投げ4安打1失点という内容だった[15]

中日時代編集

2015年7月13日にラファエル・ペレスとともに中日ドラゴンズへの入団会見が行われた[16]。推定年俸は1250万円[17]。8月1日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)に先発する形で初登板し、6回2失点であったが、勝敗はつかなかった[18]。8月7日の対東京ヤクルトスワローズ戦(ナゴヤドーム)に先発、8回1失点でNPBでの初勝利を挙げるとともに、4回の打席では本塁打を放った[19]

2016年はオープン戦から好調をアピールし開幕ローテにも入ったが、5月7日の対巨人戦で右肩痛を発症し緊急降板。その後も右肩痛が完治せず、1軍に復帰することなくシーズンを終えた。

12月2日、自由契約公示された[20]

中日退団後編集

2018年に来日したブリスベン・バンディッツ時代の監督である元中日のデーブ・ニルソン(現役時代の登録名はディンゴ)によると、地元オーストラリアで少年野球のコーチをしながら右肩のリハビリを行い現役復帰を目指している模様[21]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2015 中日 10 8 0 0 0 4 3 0 0 .571 220 52.0 48 5 19 0 4 41 0 1 22 22 3.81 1.29
NPB:1年 10 8 0 0 0 4 3 0 0 .571 220 52.0 48 5 19 0 4 41 0 1 22 22 3.81 1.29
  • 2015年度シーズン終了時

記録編集

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初安打・初本塁打・初打点:2015年8月7日、対東京ヤクルトスワローズ17回戦(ナゴヤドーム)、4回裏に古野正人から右越ソロ

独立リーグでの投手成績編集












































2015 香川 1.37 11 4 1 2 2 1 0 59.0 228 37 1 55 10 1 12 9 0 1
通算:1年 1.37 11 4 1 2 2 1 0 59.0 228 37 1 55 10 1 12 9 0 1

独立リーグでの表彰編集

  • 北米遠征読売新聞優秀賞 (2015年)

背番号編集

  • 98 (2015年 - 同年途中)
  • 54 (2015年途中 - 2016年)

登場曲編集

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k Baseball Reference (Minors)
  2. ^ 2009 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト 英語 2015年3月17日閲覧
  3. ^ a b 2010 BRISBANE BANDITS HISTORICAL ROSTER ABL公式サイト 英語
  4. ^ Drew Naylor Stats Brisbane Bandits 英語 2015年3月17日
  5. ^ 【中日】四国IL香川の154キロ右腕・ネイラー獲得を検討 スポーチ報知 (2015年7月8日) 2015年7月19日閲覧
  6. ^ 2014 BRISBANE BANDITS HISTORICAL ROSTER ABL公式サイト 英語 2015年3月15日閲覧
  7. ^ 香川OG新外国人選手入団のお知らせ 四国アイランドリーグplus公式サイト (2015年3月2日) 2015年3月17日閲覧
  8. ^ 香川OG、BC石川に快勝 - 四国新聞2015年3月16日
  9. ^ 香川OGネイラー選手 中日ドラゴンズ移籍のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年7月13日)
  10. ^ 香川が前期優勝、4期ぶり10度目 - 四国新聞2015年5月26日
  11. ^ 【四国IL】香川オリーブガイナーズ「四国アイランドリーグplus」2015年前期シーズンを独走で制す! - 独立リーグドットコム(2015年5月26日)
  12. ^ 北米遠征選抜チーム「四国アイランドリーグplus ALLSTARS」メンバー発表! 四国アイランドリーグplus公式サイト (2015年5月29日) 2015年7月19日閲覧
  13. ^ 北米遠征 読売新聞MVP賞受賞選手の発表 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年7月10日)
  14. ^ 中日、四国ILpのネイラーをテスト - デイリースポーツ2015年7月7日
  15. ^ 【中日】四国IL香川のネイラーが“入団テスト”「吉報待ってます」 - スポーツ報知2015年7月8日
  16. ^ 新外国人選手入団発表 中日ドラゴンズ公式サイト (2015年7月13日) 2015年7月13日閲覧
  17. ^ 「中日新外国人発表 ペレス、ネイラー意欲」日刊スポーツ 2015年7月13日配信
  18. ^ 中日ネイラー来日初登板「緊張」も6回2失点の力投 - 日刊スポーツ.com2015年8月1日
  19. ^ 中日ネイラー来日初勝利&1号ソロ - デイリースポーツ2015年8月8日(記事中球場名が「マツダ」とあるのは誤り)
  20. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  21. ^ “元中日ディンゴこと豪州代表ニルソン・コーチ、18年ぶり名古屋「星野さんのために」”. スポーツ報知. (2018年3月2日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180302-OHT1T50147.html 2018年3月3日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集