メインメニューを開く

ドリンクバー (drink bar) は、外食産業レストラン店内におけるセルフサービス方式のフリードリンクコーナーである。若者には、ドリバと略語で呼ばれることがある。

名前が定着しているために、このサービスそのものの名称ともなっている。

目次

ドリンクバーの特徴・利用方法編集

 
ファミリーレストラン(CASA

店舗に備え付けのドリンクバーコーナーまで自ら出向き、好きなドリンクを選択し必要に応じて砂糖クリームなどを加え、席に戻って賞味する。基本的に1人1個のカップ・グラスで利用し、グループでの回し飲みは禁止されている。規定料金を払えばお替わりの制限は無く利用出来る。

ただ飲み物によっては熱いもの(ホット)、冷たいもの(コールド)があるため途中でコップを交換した方がより美味しく飲めるが、チェーンによって出来るところと出来ないところがある。なお複数の飲料を混ぜて飲む方法を表記しているレストランも有り、自分の嗜好に合わせて楽しむ利用者もいる。

朝食メニュー(一部チェーンではランチメニューデザートセットでも)の場合、ドリンクバーがセットに含まれていることが多い。

また漫画喫茶ではフリードリンク制の店舗もあるが、この場合は室料にドリンクバーの料金が含まれている事が多い。

始まり編集

1992年すかいらーくの子会社グリーンテーブルが「ガスト小平店」のプロトタイプ店舗を作り、低価格路線のメニュー、ドリンクバーの設置を行いオープンした所大ヒットとなり、バブル後の消費不況で低迷していたすかいらーくは翌年ガストへの大規模な転換を行った。ガストは当初は「ホットドリンクバー」として温かい飲料水しか提供せず、ホットドリンクバーを注文した客に対してはカップを1つだけ渡していたので、当時は1つのカップのみで様々な飲料水を飲まなければならなかった。また、現在のガストではドリンクバーはプレミアムカフェという名称に変更されている。

当時のマスメディアにも大きく取り上げられ、ドリンクバーの認知度は世間に広がり、競合他社まで多大なる影響を与えて広がりを見せた。

一説にはもともとのコンセプトではなく、あまりの多忙さにあるアルバイト社員がコーヒーのデキャンタポットを客席に置いて自由に飲ませたことから始まったとも言われる[1]居酒屋カラオケボックスでグループ客に飲料を提供する際に使われるピッチャー(水差し)もヒントになったと考えられる。

発展編集

低価格路線で人気を博したドリンクバーだが、現在は種類の拡充にとどまらず1杯ずつ抽出する専用エスプレッソコーヒーマシンや果汁100%ジュースの導入など、さらなる進化を続けている。

飲料の種類と傾向編集

店舗の規模やスペース、レストランチェーンが契約している飲料メーカー・酒造メーカーに左右されるが概ね以下のような飲み物が主流。

コーヒー編集

アイスコーヒーはあらかじめ飲料メーカーで抽出したコーヒー原液で提供するものと、コーヒーマシンで抽出したホットコーヒーをグラスに入れた氷で冷やすものがある。

お茶編集

コーヒーマシンの給湯機能を使い、茶葉はティーバッグで提供することが多い。冷茶の場合は後述する清涼飲料水サーバーやジュースクーラーで提供する。ロイヤルホールディングス系列(ロイヤルホストシズラーなど)のパラダイストロピカルティー(アイスティー)、バーミヤンのアジアンティー(烏龍茶・ジャワティー・ジャスミン茶など)など各社のこだわりが反映されやすい。

清涼飲料水編集

ラインアップは契約する飲料メーカーに左右されることが多い。健康志向を謳い、野菜ジュースや青汁を扱う店もある。

その他の飲料編集

コーヒー、茶類以外にも以下のようなものが提供される。

レストランチェーンによってはフローズンと呼ばれるシャーベット状のソフトドリンクやソフトクリームといったデザートがドリンクバーでも提供される。

一部の焼肉店チェーンではビール日本酒などアルコール類もドリンクバーに加わる場合がある。たとえば、現在は全店ガストに転換されたすかいらーく系列のビルディにおいては「フルーティーバー」としてワインなどアルコール飲料も含めた飲料水の飲み放題を提供していた。

スープバー編集

ドリンクバーに先んじて広まっていたのが、通常メインディッシュが来るまでの間に提供されるスープが飲み放題となるスープバーだった。主にステーキレストランで広まったが、通常のファミリーレストランでもランチタイムや休日など時間を限って実施することもある。

スープバーのあるファミリーレストランの例編集

ドリンクバーを導入しないレストラン編集

現在大手・中堅のレストランチェーン店ではドリンクバー導入率も高いが、「フルサービスレストラン」として差別化のためにあえて導入していないレストランチェーンもある。

また、ドリンクバーだけで延々と客が店に長居することで客席の回転率が悪化する(その店舗の席単価や利益率が下がる)弊害も見られるため、90分や2時間など時間制限を設けたり、駅前繁華街観光地など特定の条件の店舗に限ってドリンクバーを実施しない例もある。また、一部店舗で導入をしているロイヤルホストはドリンクバーを減らす方針を採っている。

非導入例編集

レストラン以外のドリンクバー編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 爆笑問題のそれっていつから?ヒストリー”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年2月2日閲覧。

関連項目編集