ドリームプラネット・インターナショナル・スクール

DREAM PLANET INTERNATIONAL SCHOOLドリームプラネット・インターナショナル・スクールは、マキノ正幸沖縄県宜野湾市大山に開校したインターナショナル・スクール

ドリームプラネット・インターナショナル・スクール=沖縄アクターズスクール

概要編集

沖縄アクターズスクールから派生したインターナショナル・スクールだが、沖縄アクターズスクールが芸能人の育成を目的としているのに対し、ドリームプラネット・インターナショナルスクールでは「芸能以外の世界に通用するグローバルな人材の才能を最大限伸ばす」ことを目的としている。

沿革編集

1990年代後半、マキノ正幸が、「従来の教育にとらわれない方法で子供たちの才能を育てる」ことを旗印に、インターナショナルスクール開設の構想を発表した。

当時26歳で松下政経塾の塾生だった白井智子を校長とし、恩納村ムーンビーチのホテル内に1999年4月24日開校。1999年8月、「株式会社ドリームプラネット・インターナショナル・スクール」設立。

2001年白井智子は校長を退任し、村井優紀が校長に就任。

2006年沖縄アクターズスクールと統合し、村井優紀が脚本を書いたミュージカル公演「S.T.A.R.」や、テレビ番組「ACTORS BACKSTAGE」の制作も行う。

関連書籍編集

  • 河野浩一「夢の学校にいらっしゃい!―ドリームプラネットインターナショナルスクールの挑戦」(1999年中経出版
  • 白井智子「明日をつかむがっこう―27歳、女性校長の挑戦」(2000年ホーム社
  • 村井優紀「ドリームプラネットの奇跡と革命」(2002年致知出版社

関連項目編集