ボーイング747LCF ドリームリフター

ボーイング747-400を改造した大型特殊貨物機
ドリームリフターから転送)
ボーイング747 > ボーイング747LCF ドリームリフター

ボーイング747-400LCF
Boeing 747-400LCF

ドリームリフター

ドリームリフター

ボーイング747 ドリームリフター英語Boeing 747 Dreamlifter)は、ボーイング747-400を大きく改造・改修した、大型の特殊貨物機である。「ドリームリフター」は「夢を運ぶ」が語源の愛称であり[1]、正式名称は「ボーイング747-400LCF」。末尾にある「LCF」は、「Large Cargo Freighter(ラージ・カーゴ・フレイター)」の略である[2]

なお、本項では以下、同機のことを「ドリームリフター」に統一して表記する。

概要編集

2006年9月9日に初飛行を果たしたドリームリフターは、ボーイング787の部品を世界各地の製造場所からボーイング社の最終組立工場があるシアトルに輸送するために、中古のボーイング747-400を改修・改造したワイドボディ貨物機である。

機首より後ろの胴体部分が大きく膨らんだ奇妙な形態をしていることが同機の何よりの特徴であるが、これによって747-400Fの3倍ほどの量の貨物を輸送できるようになった。

当初中古機からの改造は、台湾のエバーグリーンアビエイションテクノロジーズ社 (EGAT) によって台湾桃園国際空港の整備場で行われ、2006年に初号機が就航したのに続き、2007年に2号機、2008年に3号機が初飛行を果たした。なお、当初は3機のみの改造予定であったが、2010年に4号機が初飛行し、現在も4機体制を継続中である。これら4機はいずれもボーイングが所有している。

同機の運航は、2010年7月まではエバーグリーン航空により行われていたが、同年8月からはアトラス航空に受託契約が変更された。この変更に合わせ、機首付近の窓に若干のマイナーチェンジが実施された。

なお、コックピットを除いて機内は与圧されていない。

イタリアグロッターリエカンザス州ウィチタサウスカロライナ州ノースチャールストンなど、世界各地の工場で製造された787の主翼や胴体、エンジンなどの大型部品を、分解しないまま機内に搭載し、最終組立工場であるワシントン州エバレット工場へ輸送する[3]。787を1機製造するためだけに、ドリームリフターによる12回もの飛行が必要とされる。

ちなみに、ドリームリフターが使用するシアトルの空港は、ペイン・フィールド空港である。

機体について編集

特殊な機体編集

以下の表は、ドリームリフターと747-400との基礎データを比較したものである。

ドリームリフター 747-400
パイロットの人数 2人
胴体長 71.68 m 70.6 m
翼の幅 64.4 m
機体全高 21.54 m 19.4 m
胴体幅 8.38 m 6.50 m
重量 180,530 kg 179,015 kg
最大離陸重量 364,235 kg 396,890 kg
巡航速度 時速878 km 時速910 km
航続距離 7,800 km 13,450 km
使用エンジン プラット・アンド・ホイットニー PW4000

胴体が72 m近くまで延長され、これほどの大幅な延長は、当時747ファミリーでは初めてであった。現在では747-8が就航したため、胴体はさらに長い76 mに達した。

機体内部空間確保のために胴体幅・高さともに拡大され、通常の747-400Fの3倍ほどになる、1,840 m³もの貨物搭載部容積を誇る。機首・主翼・尾部などは747-400から大きな変化はないが、機首より後ろの胴体だけがむくれ上がっている。機体の左右を安定させるために垂直尾翼も大きくなり、機体全高は2 mほど高まった。

貨物口編集

ドリームリフターでは貨物口は機体後方部にあり、尾部の左舷側にヒンジがある。この貨物口の開閉は、専用の特殊車両で尾部を支えながら、胴体を輪切り状にして折り曲げる形で行われる[4]。機内に貨物を積み込むために使われる、いわゆるリフトが一体化された特殊車両も用意される。

ウィングレット編集

ドリームリフターにも、当初はウィングレットが装着された。しかし、試験飛行中に起きた振動(フラッター)の影響で、急遽撤去されることが決まり、747-400ファミリーの中では日本国内線専用仕様である747-400D[注釈 1] に次いで、ウィングレットを装備していない機体となった。

機材リスト編集

運航機 改造後の初飛行 製造番号 型式 エンジン 機体記号 登録年月日 旧機体記号 旧所有者
1号機 2006年9月9日 25879/904 -4J6 プラット・アンド・ホイットニー PW4056 N747BC 2001年8月22日 B-2464 中国国際航空
2号機 2007年2月16日 24310/778 -409 N780BA 2004年12月17日 B-18272 チャイナエアライン
3号機 2008年6月 24309/766 -409 N249BA 2005年5月17日 B-18271
4号機 2010年1月15日 27042/932 -4H6 N718BA 2007年9月1日 9M-MPA マレーシア航空

日本におけるドリームリフター編集

日本には現在、常滑中部国際空港(以下セントレア)にのみ、ドリームリフターが飛来している[4][5]。これは、愛知県(特に飛島村弥富市)には787の機体の部品などを製造している工場が多いためである[3]。初めてセントレアに飛来したのは2007年1月10日のことで、その際は2日後の1月12日16時30分に、シアトルに向けてセントレアを飛び立った。

セントレアのFLIGHT OF DREAMSにはドリームリフターのフライトシミュレータが設置されており一般客も操縦体験が可能[6]

事故編集

2013年11月20日21時30分頃、アトラス航空によって運航されていたドリームリフター(N780BA)は、ニューヨーク州ジョン・F・ケネディ国際空港を離陸しカンザス州ウィチタマッコーネル空軍基地英語版へ向けて飛行していた[7]。しかし、パイロットは誤ってマッコーネル空軍基地から9マイル手前のコロネル・ジェームス・ジャバーラ空港英語版へ着陸した[7][8][9]。この空港の滑走路長は僅か6,100フィート (1,900 m)で、貨物機が使用するにはあと910 m必要なはずであったが[10]、機体は正常に着陸した[11]。パイロットは当初、ビーチ・ファクトリー空港英語版へ誤着陸したと管制官に報告していたが、座標の確認を行いコロネル・ジェームス・ジャバーラ空港へ誤着陸したことに気付いた。ドリームリフターは、マッコーネル空軍基地に着陸後、付近のスピリット・エアロシステム英語版からボーイング787の胴体等をワシントン州エバレットへ輸送する予定だった[12][13]。同機は翌日、無事離陸しマッコーネル空軍基地へ着陸した[14][15]。この事故に対して、国家運輸安全委員会が調査を行った。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 狭い日本の空港事情と、短距離の路線では燃費低減の効果が少ない為、製造段階で撤去されている。

出典編集

  1. ^ ドリームリフター(747LCF) - 飛行機撮影テクニック | セントレア” (日本語). www.centrair.jp. 2019年10月3日閲覧。
  2. ^ Inside the 747-400 Large Cargo Freighter (LCF)” (英語). New Atlas (2006年9月16日). 2019年10月3日閲覧。
  3. ^ a b 異形の飛行機「ドリームリフター」 世界に4機のボーイング747、載せるのは「飛行機」” (日本語). 乗りものニュース. 2019年10月3日閲覧。
  4. ^ a b ずんぐり胴体のドリームリフター、国内は中部だけに飛来:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年10月3日閲覧。
  5. ^ (ja) 『世界で4機だけ、太い胴体 B747LCFドリームリフター』 朝日新聞社https://www.youtube.com/watch?v=mtD6wtxptys2019年10月3日閲覧 
  6. ^ “巨大機ボーイング747「ドリームリフター」 普通の「ジャンボ」や787と操縦どう違う?”. 乗りものニュース. (2020年2月16日). https://trafficnews.jp/post/93802 
  7. ^ a b 小さな空港に巨大貨物機が誤着陸、米カンザス州” (日本語). www.afpbb.com. 2019年10月3日閲覧。
  8. ^ 編集部 (2013年11月21日). “誤着陸の「ドリームリフター」、短い滑走路で離陸を行うことに” (日本語). TRAICY(トライシー). 2019年10月3日閲覧。
  9. ^ 大型貨物機、誤って小さい空港に着陸 その後無事離陸” (日本語). CNN.co.jp. 2019年10月3日閲覧。
  10. ^ 米大型貨物機が目的地間違え着陸、小さな空港は一時騒然」『Reuters』、2013年11月22日。2019年10月3日閲覧。
  11. ^ ドリームリフター、予定通りの空港に到着 短い滑走路も余裕で離陸 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年10月3日閲覧。
  12. ^ Kansas: Plane left stranded after landing 'by mistake'”. BBC News Online (2013年11月21日). 2013年5月21日閲覧。
  13. ^ Audio of Dreamlifter crew in contact with McConnell AFB”. The Wichita Eagle. 2013年5月21日閲覧。
  14. ^ NTSB Identification: DCA14IA016”. National Transportation Safety Board. 2016年3月22日閲覧。
  15. ^ LeBeau, Phil (2013年11月21日). “'Wrong airport' Dreamlifter successfully takes off”. 2016年3月22日閲覧。