ドリーム・ガール/ママにはないしょの夏休み

ドリーム・ガール/ママにはないしょの夏休み』(原題:Don't Tell Mom the Babysitter's Dead)は、1991年制作のアメリカ合衆国コメディ映画スティーヴン・ヘレク監督。公開当時は批評面も興行面も振るわなかったが、現在までカルト映画として人気を集めている。日本では劇場未公開。

ドリーム・ガール/ママにはないしょの夏休み
Don't Tell Mom the Babysitter's Dead
監督 スティーヴン・ヘレク
脚本 タラ・アイソン
ニール・ランドー
製作 ロバート・F・ニューマイヤー
ブライアン・ライリー
ジェフリー・シルヴァー
ジュリア・フィリップス
製作総指揮 マイケル・S・フィリップス
出演者 クリスティナ・アップルゲイト
ジョアンナ・キャシディ
ジョン・ゲッツ
ジョシュ・チャールズ
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ティム・サーステッド
編集 ラリー・ボック
製作会社 HBO
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年6月7日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $25,196,249[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

男女合わせて5人の子供を持つシングルマザーのクランデル夫人は恋人と旅行に行くため、1人の老女をベビーシッターとして雇う。だが、それからまもなくして、そのベビーシッターが突然死してしまう。5人兄弟姉妹の長女で17歳のスー・エレンは、彼女の死体の処置に困り、トランクに詰めて地元の葬儀場に降ろした。

スー・エレンは4人の世話に悩み、母親が帰ってくるまで自分たちの力で夏休みを過ごすことを決意、年齢を偽ってアパレル会社に就職。すると、ひょんなことから一躍トップデザイナーへと出世してしまう。

キャスト編集

リメイク編集

2020年、ツリーハウス・ピクチャーズが本作をリメイクすることを発表した。

現代を舞台に、黒人ファミリーを主人公に描く。チャック・ヘイワードが脚本を執筆し、ビリー・ウッドラフが監督を務める。ツリーハウスのジャスティン・ナッピとジュリエット・バーマン、オレン・シーガルがプロデュースする[2][3]

脚注編集

外部リンク編集