メインメニューを開く

ドルヒユDruhyu)は、インド神話の登場人物。月種族の王ヤヤーティシャルミシュターの子で、アヌプルの兄。ヤドゥトゥルヴァスと異母兄弟。ボージャ族の祖とされる。父ヤヤーティが呪われて年老いたとき、息子たちに千年の間自分の代わりに呪いを受けてくれるよう頼んだ。しかしドルヒユは老人はも車もも女も楽しむことができないうえに、言葉を話すこともままならないとして拒否した。そのためヤヤーティに呪われて、ドルヒユの一番の願望は決してかなわないし、子孫は王になれないうえ、や小船でしか行き来できないところに住むだろうとされた。こうしてドルヒユはボージャ族の祖となった。

関連項目編集