ドレスデン市電NGT 8 DD形電車

NGT 8 DDは、ドイツの都市・ドレスデン路面電車であるドレスデン市電で使用されている電車バリアフリーに適した超低床電車(部分超低床電車)で、大量輸送を念頭に置いた設計となっている[1][2]

ドレスデン市電NGT 8 DD形電車
NGT8DD heck.jpg
NGT 8 DD(2006年撮影)
基本情報
運用者 ドレスデン交通企業体ドイツ語版
製造所 ボンバルディア・トランスポーテーション
製造年 2001年 - 2002年
製造数 23両(2701 - 2723)
投入先 ドレスデン市電
主要諸元
編成 7車体連接車、片運転台
軌間 1,450 mm
最高速度 70.0 km/h
車両定員 236人(着席112人)
(乗客密度4人/m2
車両重量 41.8 t
全長 41,020 mm
全幅 2,300 mm
全高 3,475 mm
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 95 kw
出力 570 kw
制御方式 VVVFインバータ制御
備考 主要数値は[1][2][3][4]に基づく。
テンプレートを表示

概要・運行編集

ドレスデン市電の利用客増加に対応するため、1996年から営業運転を開始したNGT 6 DDを基に設計が行われた、車内の大部分(80 %)が低床構造となっている片運転台の超低床電車(部分超低床電車)。5車体連接車であるNGT 6 DDに中間車体を追加した7車体連接車で、そのうち車体が短い中間車体には主電動機が搭載された動力台車が設置されている。全長は41 m以上で、定員数はNGT6DDの184人から約1.28倍増加した236人となっている[1][2][5]

2001年から2002年まで製造が行われ、2020年現在全23両(2701 - 2723)が使用されている。2020年代以降は16年間の延命も兼ね、各種安全対策の向上や車体修繕などの近代化工事が行われる予定である[1][2][3][6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d Barrierefreie Straßenbahnen”. Dresdner Verkehrsbetriebe AG. 2020年7月16日閲覧。
  2. ^ a b c d Ryszard Piech (2009年2月17日). “Tramwaje niskopodłogowe w Dreźnie”. Infotram. 2020年7月16日閲覧。
  3. ^ a b Georg Kochan (2019-2). “Dresdner Straßenbahnen, die Geschichte schrieben”. bewget! (Dresdner Verkehrsbetriebe AG): 36. https://slub.qucosa.de/api/qucosa%3A35219/attachment/ATT-0/ 2020年7月16日閲覧。. 
  4. ^ 国際協力機構; 東京都交通局; アルメック VPI (2017-11). 添付資料 2 都市鉄道のシステム (Report). 鉄道整備と都市・地域開発を連携させる開発のあり方に関する調査最終報告書. pp. 27. http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12305538_02.pdf 2020年7月16日閲覧。. 
  5. ^ 鹿島雅美「ドイツの路面電車全都市を巡る 2」『鉄道ファン』第46巻第1号、交友社、2006年1月1日、 160-163頁。
  6. ^ Landeshauptstadt Dresden; Dresdner Verkehrsbetriebe AG (2018-7-27). Green City Plan der Landeshauptstadt Dresden im Rahmen des Sofortprogramms Saubere Luft 2017-2020 (Report). pp. 95. https://www.bmvi.de/SharedDocs/DE/Anlage/K/Masterplaene-Green-City/dresden.pdf?__blob=publicationFile 2020年7月16日閲覧。.