座標: 北緯31度30分23.03秒 東経34度38分43.44秒 / 北緯31.5063972度 東経34.6454000度 / 31.5063972; 34.6454000 ドロット(Dorot、ヘブライ語: דּוֹרוֹת‎ =「世代」の意)は、イスラエル南部のキブツスデロットの近傍の国道344号線沿いにあり、行政区画の上ではシャアール・ハネゲフ地域評議会英語版に属する。2018年時点の人口は、822人。

ドロット

דּוֹרוֹת
חדר האוכל בקיבוץ.jpg
ドロットの位置(イスラエル内)
ドロット
ドロット
北緯31度30分23.03秒 東経34度38分43.44秒 / 北緯31.5063972度 東経34.6454000度 / 31.5063972; 34.6454000
イスラエルの旗 イスラエル
地域評議会 シャアール・ハネゲフ
地区 南部地区
設立年 1941年
人口
822人

集落の場所は、ガザ地区との国境からおよそ10マイル (16km)、スデロットからおよそ4.5マイル (7.2km)、アシュケロンからおよそ18マイル (29km) 離れている[1]

歴史編集

ドロットは、1941年ハヌカーの時期に、ドイツから逃れてきたユダヤ人難民英語版たちによって設立され、彼らは穀物や果樹、野菜類を栽培した。このキブツでは、特に土壌流出が深刻な問題であった[2]。名称は、その前年に自動車事故で亡くなった、ホズ (Hoz) 家の3人、label=ドブ (Dov)、リフカ (Rivka)、ティルツァ (Tirtza) に因んで、頭文字をつなげたものだった。やがて遅れて、イスラエル生まれのユダヤ人サブラ英語版)や、チェコスロバキアラトビアからの移民がやってきた。1947年の時点では、人口は300人だった[2]

1946年夏、ドロットは隣村のルハマとともに、イギリス陸軍に占領された。違法に所持された武器の探索をおこなったイギリス軍は、村に相当の物的損害を与えた[2]

1948年以降、ドロットは開墾地を広げ、それは1948年アラブ・イスラエル戦争英語版の最中に住民が追われて無人化していたパレスチナ人アラブ人)の村フジ英語版の領域に及んだ.[3]

20世紀末のキブツ制度の変革の中で、ドロットでも資産の私有化などが導入されており、もはや本来の狭い意味におけるキブツではないが、コミュニティの運営に関する合議の慣習など、かつてのキブツの制度が多く残されている集落である[1]

農業編集

このキブツにおける農業には点滴灌漑が大幅に導入されており、営農されている農地は 3,700エーカー(1,480ha)以上に及ぶ[1]。主な産物には、ニンニクコムギニンジンなどがある[1]

著名な住民編集

歴史的写真編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Barken, Jeffrey (2011年11月14日). “Where rockets miss, a kibbutz prospers”. 2019年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c Jewish National Fund (1949). Jewish Villages in Israel. Jerusalem: Hamadpis Liphshitz Press. pp. 32–33 
  3. ^ Khalidi, Walid (1992). All That Remains: The Palestinian Villages Occupied and Depopulated by Israel in 1948. Washington D.C.: Institute for Palestine Studies. p. 103. ISBN 0-88728-224-5 

外部リンク編集