ドロップ英語: drop)は菓子のひとつで、ハードキャンディの一種。

ドロップス

概要編集

砂糖80%と水飴20%を140–150°Cで煮詰め、クエン酸着色料香料を加えて生地を作る。生地を冷却し、まだ柔らかいうちに金属製の型(モールド)で整形して(もしくは打ち抜いて)作る。オランダの菓子ドロップが語源とされている。

ドロップス」とも呼ばれる。

水飴によって砂糖の再結晶化が防がれてできた透明な外観が特徴。

製法編集

製法は、砂糖を少量の水で溶かし、さらに水飴を加えて煮つめる。この煮つめた飴に、酒石酸、クエン酸などを加えて混合、冷却し、一定の型に入れて成形する。水あめを加えるのは、砂糖の結晶ができるのを防ぐためである。[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ ドロップ - コトバンク

関連事項編集