ドロテア・マリア・フォン・アンハルト

ドロテア・マリア・フォン・アンハルト(Dorothea Maria von Anhalt, 1574年7月2日 - 1617年7月18日)は、ザクセン=ヴァイマル公ヨハン2世 (enの妃。

ドロテア・マリア・フォン・アンハルト
Dorothea Maria von Anhalt
DorotheaMariavonSachsen-Weimar.jpg

称号 ザクセン=ヴァイマル公妃
出生 (1574-07-02) 1574年7月2日
デッサウ
死去 (1617-07-18) 1617年7月18日(43歳没)
配偶者 ザクセン=ヴァイマル公ヨハン2世
子女 本文参照
家名 アスカーニエン家
父親 アンハルト侯ヨアヒム・エルンスト
母親 エレオノーレ・フォン・ヴュルテンベルク
テンプレートを表示

アンハルト侯ヨアヒム・エルンストと2度目の妃エレオノーレ・フォン・ヴュルテンベルクの第3子としてデッサウで生まれた。

1593年1月、アルテンブルクでヨハン2世と結婚し、12人の子をもうけた。

1617年、ドロテア・マリアは乗馬中の事故で重傷を負い、そのまま死亡した。