ドロテア・ヴィルヘルミーネ・フォン・ザクセン=ツァイツ

ドロテア・ヴィルヘルミーネ・フォン・ザクセン=ツァイツ(ドイツ語:Dorothea Wilhelmine von Sachsen-Zeitz, 1691年3月20日 - 1743年3月17日)は、後のヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム8世の妃。

ドロテア・ヴィルヘルミーネ・フォン・ザクセン=ツァイツ
Dorothea Wilhelmine von Sachsen-Zeitz
Dorothea Vilhelmina, 1691-1743, prinsessa av Sachsen-Zeitz lantgrevinna av Hessen-Kassel - Nationalmuseum - 15511.tif

出生 (1691-03-20) 1691年3月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ザクセン=ツァイツ公領、バート・エルスター
死去 (1743-03-17) 1743年3月17日(51歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ヘッセン=カッセル方伯領カッセル
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ヘッセン=カッセル方伯領カッセル、マルティン教会
配偶者 後のヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム8世
子女 カール
フリードリヒ2世
マリア・アマリア
家名 ヴェッティン家アルブレヒト系
父親 ザクセン=ツァイツ公モーリッツ・ヴィルヘルム
母親 マリア・アマーリア・フォン・ブランデンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

ドロテア・ヴィルヘルミーネはザクセン=ツァイツ公モーリッツ・ヴィルヘルムブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘マリア・アマーリアの間の娘である。1710年までにドロテア・ヴィルヘルミーネの兄弟姉妹はすべて亡くなっており、1718年に父モーリッツ・ヴィルヘルムが死去した後は、ドロテア・ヴィルヘルミーネがザクセン=ツァイツ公家の唯一の成員となった。

1717年9月27日ツァイツにおいて後にヘッセン=カッセル方伯となるヴィルヘルム8世と結婚した。グレートブリテン王妃キャロラインはオルレアン公妃エリザベート・シャルロットに、ドロテア・ヴィルヘルミーネのことを「醜く頭が変だった」と伝えている。

ドロテア・ヴィルヘルミーネは精神的な病を患い、1725年以降は公の場に姿を見せなくなった。宮廷において新たに愛妾バルバラ・クリスティーネ・フォン・ベルンホルトがヴィルヘルム8世に同伴するようになり、バルバラ・クリスティーネはドロテア・ヴィルヘルミーネがまだ生存中にエッシャウのベルンホルト女伯とされた。

子女編集

  • カール(1718年 - 1719年)
  • フリードリヒ2世(1720年 - 1785年) - ヘッセン=カッセル方伯(1760年 - 1785年)
  • マリア・アマリア(1721年 - 1744年)

参考文献編集

外部リンク編集